成果報告書詳細
管理番号20150000000844
タイトル平成23年度ー平成27年度成果報告書 先導的産業技術創出事業 11B16002d 革新的ナノ接合を活用した水中接着性ポリフェノール重合体の創製 平成27年度最終
公開日2016/4/22
報告書年度2011 - 2015
委託先名国立大学法人九州工業大学
プロジェクト番号P00041
部署名イノベーション推進部
和文要約歯科用接着剤としての実用化を見据え,昨年度までの研究で,メルト温度の制御やエタノール溶解性の付与など操作性の向上を達成する事ができた。しかしながら,審美性の更なる向上やvitro試験において新たに水の層が界面に発生する事による界面剥離などの問題や課題が見つかった。本年度では,前者の問題は没食子酸とグリコール酸を低温で重合する事で白色接着性樹脂を得る事で解決できた。後者の課題にはバイオ接着剤に親水性のドメインの導入を試みている。バイオ接着剤と天然の多糖類を化学結合させる事が確認されたので,この課題解決に向けて更に研究を続けてゆく。
英文要約Until the last year, we achieved to control melting temperature of bio-adhesive and to give their solubility into ethanol for practical use as dental adhesive, however, we found two problems, such as their better sensuousness and interfacial failure when the bio-adhesives were used in vivo due to coming out a little bit of water from inside of dental bone. In this term, we achieved to obtain white adhesive resins by copolymerizing Gallic acid and Lactic acid under low temperature. Latter problems are now examining to combine various kinds of polysaccharide to adhesives.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る