成果報告書詳細
管理番号20160000000085
タイトル*平成26年度中間年報 国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業/実証要件適合性等調査/タイ国廃棄物処理の高度化に向けた調査
公開日2016/4/15
報告書年度2014 - 2014
委託先名株式会社エックス都市研究所 北九州市
プロジェクト番号P93050
部署名国際部
和文要約本調査は、タイ国において廃棄物処理の高度化を推進するための基礎情報を整理するとともに、その高度化を実際に進めて行くためのインスティチューショナルな側面について関係機関との協議を通じて、関係者の目的達成のための基本理解を促進させ、具体的なアクションに繋げられるロードマップを描くことを目的として実施した。
調査内容は以下の4項目である。1)タイ国廃棄物処理の高度化に関する政策等の情報収集、関係機関との協議、2)日本の廃棄物行政(中央省庁、地方自治体)の経験・ノウハウ、廃棄物処理に関する知見の共有、3)タイ国政府機関、廃棄物処理事業者等の本邦招聘、4)タイ国の廃棄物処理に係るロードマップ策定及び対象技術・システムに係る分析
1)については、タイ国の廃棄物管理を巡る組織・制度面、及び処理処分の実態、処理事業の活動の現況、関係機関における本課題に関する政策や認識の把握を通じて廃棄物処理の高度化の課題を特定し、DIWが選定した総合的な廃棄物リサイクル団地の候補地19県の基礎的な情報を収集した。
2)については、7月初旬にタイ国現地において、国の関係機関、産業廃棄物処理業団体の関係者を招集し、「タイ国産業廃棄物管理マスタープラン(廃棄物処理の高度化に向けた日本のインプリケーションを含む)」のタイトルで1日のミニセミナーを開催した。
3)については、タイ国工業省工業局(DIW)、タイ国工業団地公社(IEAT)の他、タイ国工業連盟所属企業の参加のもと、10月下旬に東京都、埼玉県、北九州市のエコタウンを中心に各種廃棄物処理施設の見学を行うとともに、エコタウン整備事例の情報共有・意見交換を行った。
4)については、6ヶ所の総合廃棄物処理センター(IWMC)のコンセプト・プランを作成し、その実現のためのアクションプログラム案を作成・提案することを当初予定していたが、工業省工業局(DIW)と協議した結果、6ヶ所を選定する上での根拠となるデータ整理、拡大推計、将来予測、また、廃棄物種類ごとの適切な産業廃棄物処理・リサイクルの課題の特定と処理・リサイクルの方向(方針)を示すとともに、今後の総合廃棄物処理センター(IWMC)を整備する上で建設すべき、又は提案されるべき産業廃棄物の処理・リサイクル施設を示したものを「リファレンス・プラン」として作成した。
この「リファレンス・プラン」を作成するプロセスは、文字通りのDIWとNEDO及び調査チームの共同作業として進められた。この成果は、NEDOから工業省工業局に9月30日に提出され、内部での検討を踏まえ、正式に工業省工業局が作成した「リファレンス・プラン」として承認され、それを政府(内閣)に提出し、2015年12月に政府文書として公式に承認されることとなった。
英文要約 This research had been implemented with purposes of promoting fundamental understandings for objective achievement and drafting a roadmap for action plans for waste management, through organizing information for promoting enhancement of waste processing and discussions on institutional aspects among the parties concern.
The research contained 1) collection of data & information for enhancement of waste processing in Thailand and discussion, 2) sharing Japanese (both central government & local administrative office) experience, know-how and knowledge on waste processing, 3) conducting technical tour to Japan for both Thai government officers and waste processors and 4) drafting a roadmap for waste processing and evaluation for applicable technologies and systems.
As for the 1) above, the Japanese research implementation body had clarified issues in enhancement of waste processing through assessment of organizational structure, waste management system, current situation in waste processing, policies & understandings on the waste management, and collect base data for nineteen provinces, selected by DIW as candidate sites for development of integrated waste management centers.
As for the 2) above, the Japanese research implementation body invited parties from both government authorities & waste processors and organized an one day seminar titled “the Seminar on the Master Plan for Industrial Waste Management in Thailand (2015-2019) (including Japanese implication for enhancement of waste processing in Thailand).
As for the 3) above, the Japanese research implementation body had conducted technical tour visited Tokyo, Saitama and city of Kitakyushu, Japan on the month of October, 2015. Representatives from Department of Industrial Works, Industrial Estates Authority of Thailand and members from Federal of Thai Industry had participated in the tour.
As for the 4) above, the Japanese research implementation body had a plan to draft conceptional plan and action plan for development of six integrated waste management centers in Thailand initially, however after having discussions with Department of Industrial Works, the Japanese research implementation body changed its scope of work to draft a “reference plan”, in which the Japanese research implementation body suggested , direction of waste processing & recycling in Thailand, and facilities (for waste processing, recycling) recommended to be included into the integrated waste management centers to be developed in Thailand, through organizing information, estimation on actual values, future prospection and clarification of issues on proper waste processing by waste types.
Both Department of Industrial Works and the Japanese research implementation body had jointly drafted the reference plan. The reference plan was submitted from New Energy and Industrial Technology Development Organization (NEDO) to the Department of Industrial Works on September 30th for their internal evaluation, then was approved as an official document drafted by the Department of Industrial Works. The Reference plan was submitted to the Cabinet by the Minister of Industry on December, 2015 for further consideration on Integrated Waste Management Center development.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る