成果報告書詳細
管理番号20160000000131
タイトル平成26年度ー平成27年度成果報告書 国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業/実証要件適合性等調査 ハイブリッド蓄電池を用いた系統安定化実証事業(アイルランド)に関する予備調査
公開日2016/4/15
報告書年度2014 - 2015
委託先名三菱商事株式会社 富士電機株式会社 日本ガイシ株式会社 株式会社GSユアサ 株式会社野村総合研究所
プロジェクト番号P93050
部署名スマートコミュニティ部
和文要約アイルランドでは、2020年までに電力消費量の40%を再生可能エネルギー由来にするという国家目標を背景に、風力発電の導入が進められている。しかし、風力発電の拡大とともに、電力系統の不安定性が課題として顕在化しつつあり、同国では、アンシラリーサービス市場等、電力システム改革が進められている。また、風力発電の解列・抑制量の規模も問題となってきており、2013年ですでに風力の発電量の実に3%以上が解列・抑制の対象となっている。
そこで今回、NAS電池とリチウムイオン電池(LIB)とを組み合わせたハイブリッド蓄電池システムにより、解列・抑制された風力発電を活用しながら、アンシラリーサービス市場を通して電力系統の安定性維持に貢献することを目的とした実証事業を提案する。NAS電池はエネルギー貯蔵に優れた蓄電池で、風力発電の余剰電力を充電することが得意である一方で、LIBは放電出力が大きく、即応性が求められるアンシラリーサービスに適しているという点で、このハイブリッド蓄電池はアイルランドが抱える課題の包括的な解決に寄与するものと想定される。加えて本実証は、日本の蓄電池技術のプレゼンスを高め、海外展開が促進されるという点でも意義が大きい。
本調査はこの実証事業をより効果的・戦略的に展開することを目的として実施したものである。
報告書の構成は、次のとおりである。
まず第I部で、本実証事業の概要を述べる。実証事業の背景と狙いを述べた上で、実証システムの概要や実証の方法について述べる。
第II部では、今回調査した、実証を取り巻く事業環境について記載する。実証を行うアイルランドのエネルギー事情を整理した上で、ハイブリッド蓄電池システムの競争力の分析等を行い、同国における蓄電池の普及ポテンシャルについて検討した。
最後に第III部では、実証事業の具体的な計画を示す。第II部で整理した事業環境を踏まえた本実証の意義を明確にした上で、実証項目や体制、スケジュール等を整理する。また、実証事業後のビジネスモデルや事業展開シナリオについても述べる。最後に、実証開始までに検討すべき今後の課題について整理する。
英文要約Hybrid-Battery System in Republic of Ireland (FY2014-FY2015) Final Report
In Ireland, the volume of wind power has been increasing rapidly during the last few years due to the national target of 40% renewable electricity generation by 2020. In order to achieve the target while maintaining the stability of the electrical grid, Ireland is now redesigning its electric power system, including the ancillary service market (which in Ireland is called “system service market”). The volume of dispatch-down of wind is also a challenge for the Irish power system, as the percentage of the power from wind dispatched down is already over 3% in 2013.
We propose a demonstration project which contributes to the stability of the grid by providing system services and charging the power from wind which is dispatched down otherwise. The technology used is the hybrid battery system, which is composed of lithium-ion battery (LIB) and NAS battery. LIB has a high power density and is suited to provide system services as they require flexibility of power, whereas NAS battery has a high energy density and is suitable for charging dispatch-down of wind. Therefore, the capability of the hybrid battery system matches with the challenges of the Irish grid mentioned above. This demonstration project also contributes to the improvement of the presence of the Japanese battery technology and penetration of the technology all over the world.
The objective of this preliminary study is to conduct the demonstration project more efficiently and strategically.
This report consists of three parts. In Part I, the overview of the demonstration project is described. We show the background and objective of the project, the demonstration system and methodology.
In Part II, we describe the business environment surrounding this demonstration project. We first summarize the energy sector in Ireland. Then we estimate the potential market size of batteries based on the analysis of the competitiveness of batteries.
In Part III, we show the plan of the demonstration project. We clarify the significance of this demonstration project based on Part II, and show the demonstration items, scheme and schedule. Also, we explain the business model and business development plan after the demonstration project. Lastly, we present the topics to be covered before the beginning of the demonstration.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る