成果報告書詳細
管理番号20160000000212
タイトル平成27年度調査報告書 ナノ炭素材料応用製品の最新動向と将来の市場予測に関する検討(平成27年度)
公開日2016/4/15
報告書年度2015 - 2015
委託先名みずほ情報総研株式会社
プロジェクト番号P10024
部署名電子・材料・ナノテクノロジー部
和文要約国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構では平成26年度から「低炭素社会を実現するナノ炭素材料実用化プロジェクト」を実施し、革新的材料開発等で実用化推進を行うとともに、基盤技術としてナノ炭素材料の持つ特性を最大限に引き出すための分散体評価技術開発、安全性評価を容易にするための排出・暴露評価技術開発を行っている。また、ナノ炭素材料の実用化によって、省エネルギー化を図り、競争力を確保し、我が国産業全体の活性化に寄与することを目指す。具体的には、

1. ナノ炭素材料の実用化技術開発
2. ナノ炭素材料の応用基盤技術開発
(I) 「ナノ炭素材料及びその応用製品の排出・暴露評価技術の確立」
(II) 「ナノ炭素材料の分散体評価技術の開発」
(III)「ナノ炭素材料の革新的応用材料開発」
(IV) 「ナノ炭素材料の革新的薄膜形成技術開発」

を研究開発項目として実施している。
本調査においては、平成26年度調査に引き続き、ナノ炭素材料応用技術におけるベンチマークの実施、世界的な技術動向の調査解析、市場分析を行い、プロジェクトの効率的かつ円滑な遂行、および計画の見直しに有効に活用することを目的とした。
以下に、具体的な実施内容を記す。

1)国内外のナノ炭素応用製品開発に関する最新動向調査
文献調査等により、CFRP複合材料、塗料、リチウムイオンバッテリー、有機複合材料等のナノ炭素応用製品の研究開発や実用化の動向についての最新動向を収集した。収集した結果を整理することにより、それぞれの研究テーマの開発ステージや技術優位性、実用化への課題等を整理した。更に、研究開発の課題解決や応用製品への技術の適用などの目標、及び目標達成に向けた今後の研究開発の進捗を予測した。

2)ナノ炭素材料の応用製品市場の現状調査、及び将来予測
文献調査等により、ナノ炭素材料応用製品市場の現状、及び将来市場予測に資する基礎データを収集し、ナノ炭素材料の応用製品の現状と将来市場の把握を行った。また、調査項目1より収集したナノ炭素材料の応用製品開発動向からナノ炭素材料の利用先や応用製品開発におけるナノ炭素材料の位置づけ(製品のどの部分への利用が期待されているか、どのような効果を期待されているか、など)を分析し、将来必要とされるナノ炭素材料の特性とそれを達成するために必要な開発技術を整理した。

3)ナノ炭素材料の安全性評価に関する研究開発の現状調査
文献調査等によりナノ炭素材料の安全性評価に関する各国の政策や研究開発の取り組みを調査し、安全性評価に関する課題と課題解決達成状況を明らかにした。また、各研究機関での重点的な取り組み、研究開発のリソース投入状況(資金、人、設備等)、研究開発体制、政策との整合性、外部機関との連携状況等から世界における有力な研究機関の優位点を分析した。

4)ナノ炭素材料の技術ロードマップ、解説書の作成
上記1)?3)の結果を踏まえて、ナノ炭素材料の応用製品の技術ロードマップを作成した。また、ナノ炭素材料(CNT、グラフェン、フラーレン)が応用製品に用いられるために必要となる開発項目、及び応用製品のロードマップで掲げた特性・性能等を実現するためのナノ炭素材料の技術課題の解決時期等を整理する。更に、調査結果を踏まえ、広く内外に発信する目的で、ナノ炭素材料の技術的特徴、技術動向、応用先等、ナノ炭素材料に係る情報を分かりやすく解説する「ナノ炭素材料解説書」を作成した。
英文要約In order to create the implementation strategy for nano-carbon materials (carbon nanotube, grapheme, fullerenes) in New Energy and Industrial Technology Development Organization(NEDO), we have overlooked technocal trends in the implementations of nano-carbon materials and forecasted market prospects in the applications of the nano-carbon materials through following surveys.

1) Trends in development research in applications of nano-carbon materials
We have investigated the latest trends in the applied researches of nano-carbon materials for 13 applications (fuels cell, secondary battery, capacitor, solar cell, photovoltaic cell, logic/memory, heat dissipation material, flat panel display, sensor, heat exchanger, structural material, cable, health and medical applications), and forecasted technological evolutions in the implementation of nano-carobons for each application.

2) Market trends and prospects in applications onion-carbon materials
We have forecasted future markets in nano-carbons materials and their applications referring preceding market surveys. Moreover, key technology for implementation of nano-carbon materials in each application has been analyzed by using the results from survey 1).

3) Research trends in EHS (Environment, Health and Safety)
We have investigated policy and R&D trends in EHS and summarized the issues in assessment for impact of nano-carbon materials on EHS and their management. We also analyzed capabilities of domestic and foreign research institutions to solve the EHS issues.

4) Formulation of roadmap for implementation of nano-carbon materials
Roadmap for implementation of nano-carbon materials has been created by using the results obtained from above surveys. Moreover, we have produced handbook for nano-carbon to disseminate information related to the nano-carbon material.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る