成果報告書詳細
管理番号20130000000656
タイトル平成24年度成果報告書 太陽エネルギー技術研究開発/太陽光発電システム次世代高性能技術の開発/太陽光発電技術開発動向等の調査
公開日2016/5/20
報告書年度2012 - 2012
委託先名株式会社資源総合システム
プロジェクト番号P07015
部署名新エネルギー部
和文要約(1) 海外諸国の研究開発プログラムに関する動向調査: アメリカ合衆国、欧州連合(EU)、ドイツ、フランス、イタリア、スイス、ノルウェー、オーストラリア等の先進国に加え、中国、台湾、韓国、インド等の新興国における太陽光発電の研究開発動向を調査し、各種太陽電池の研究開発戦略や開発動向をまとめた。アメリカ合衆国では、2011年2月から開始された太陽光発電に関する大型研究開発プログラム「SunShot計画」に基づき、2020年までにシステムコストを75%引き下げることを狙った研究開発プロジェクトが進んでいる。2012年はインキュベータプログラムや日射量予測など複数のプロジェクトが公募を開始した。一方で2011年から2012年にかけて太陽電池モジュールの価格が急落し、それに起因して太陽光発電に関連した企業が相次いで破綻した。これらの破綻企業には、エネルギー省(DOE)が融資保証や研究助成などを通じて支援してきた企業も含まれていることから、目標や枠組の見直しが迫られている。欧州連合(EU)では、7次枠組みプログラム(FP7)(2007?2013年)の下で、太陽光発電に関する研究開発プロジェクトに対して既に1億9500万ユーロ超(公募決定分)が投資された。さらに、2014年以降は、枠組みプログラムの後継プログラムとして「Horizon 2020」が開始される予定であり、次期プログラムの議論が始まりつつある。欧州委員会(EC)が策定した欧州ソーラー産業イニシアチブ(SEII)の実施計画(2010?2012年)では、コスト削減および大規模普及を目指し、新製品技術及び系統と建物への太陽光発電のインテグレーションに関する研究開発及び実証に関して、今後も継続的に大規模投資を行うと公表している。また、欧州委員会(EC)により組織された欧州太陽光発電技術プラットフォームは、2011年9月に戦略的研究計画(SRA)第2版の概要を報告しており、現在SRAの実行計画第2版の発表を控えている。 (2) 海外における最先端の太陽光発電技術研究開発及びシステム技術開発動向調査: 世界の太陽光発電研究開発及び技術開発・実証の取り組みについて、最新の動向を調査した。 (3) 新興国における技術開発動向: 新興国における技術開発動向を探るために、台湾、韓国、インドの3ヶ国における開発状況のヒアリング調査を実施した。それらの調査結果を纏めた。 (4) 技術開発動向に関するまとめ: 太陽電池の変換効率に関する調査を実施したほか、世界の太陽光発電に関する技術開発への取り組みをまとめた。
英文要約Title: Research and Development of High Performance Photovoltaic Generation System for the Future, Survey on Photovoltaic Power Generation Technology Trend (FY2010-FY2014) FY 2012 Annual Report

(1) Trends of R&D programs by country: This survey covers the status of PV R&D activities in developed countries including the USA, the European Union (EU), Germany, France, Italy, Switzerland, Norway and Australia as well as emerging countries such as China, Taiwan, South Korea and India, and summarizes R&D strategies and trends of various PV technologies. In the USA, R&D projects aiming to reduce the cost of PV systems by 75% by 2020 have been advanced, based on the SunShot Initiative, a large-scale R&D program on PV power generation which was initiated in February 2011 by the U.S. Department of Energy (DOE). In 2012, DOE started accepting applications for a multiple number of projects including the incubator program and projects on forecasting the amount of insolation. Meanwhile, prices of PV modules dropped sharply between 2011 and 2012, which caused a series of insolvencies by the U.S. companies involved in the PV industry. These failed companies include those who had been supported by DOE in the form of loan guarantee or financial support for R&D projects. Accordingly, R&D goals and framework are forced to be reviewed. In the European Union (EU), over 195 million Euros (for selected projects) have already been invested in R&D projects on PV power generation under the 7th Framework Programme for Research, FP7 (2007 - 2013). Furthermore, from 2014 onwards, “Horizon 2020” program is scheduled to start as a successor to the Framework Programme. Discussions on the next program are about to begin. The Implementation Plan 2010 - 2012 of the Solar Europe Industry Initiative (SEII) formulated by the European Commission (EC) announced that a large sum of investment continues to be made in R&D, D on new production technology and in integration of PV into the grid as well as into the built environment; aiming at achieving cost reduction and enabling large-scale deployment. (2) Latest R&D trends on PV power generation and system technology overseas: Latest trends of R&D, D on PV power generation technology were surveyed based on the papers reported in the major international PV conferences held recently. (3) R&D trends in emerging countries: In order to identify R&D trends in emerging countries, R&D status in Taiwan, South Korea and India was surveyed through interviews in each country and the results of the survey were summarized in this chapter. (4) Summary of R&D trends: Conversion efficiency of PV cells and modules was surveyed. Also, R&D activities on PV power generation around the world were studied and summarized in this chapter.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る