成果報告書詳細
管理番号20150000000848
タイトル平成26年度成果報告書 「平成26年度 新規希少金属プロジェクトのための事前検討/白金族金属ナノコロイド触媒の特性向上の検討」
公開日2016/5/24
報告書年度2014 - 2014
委託先名日本板硝子株式会社
プロジェクト番号P08023
部署名電子・材料・ナノテクノロジー部
和文要約件名:平成26年度成果報告書 「平成26年度 新規希少金属プロジェクトのための事前検討/白金族金属ナノコロイド触媒の特性向上の検討」
                            
白金族金属については、水素エネルギー利用(燃料電池車等)の本格普及により、供給リスクが懸念される。白金・パラジウムの使用量低減、有効利用の技術開発が必要である。 我々は、これまでPt、Pdのナノコロイド触媒を開発し、商業化を行ってきた。 このナノコロイド技術の特徴を生かし、白金族金属の使用量削減、有効利用技術を水素エネルギー関連分野、電子電気機器分野に応用することにより、CO2削減、省エネ社会の実現に貢献することを目的とした。本検討の目標値として以下を設定した。(1)水素ステーション向け触媒の特性向上(初期活性:市販品の3倍、耐久性:200時間)。(2)めっき用触媒の特性向上(初期活性:市販品3倍、密着性:5N/10mm、微細パターン:L/S 10μm)。 本検討の結果は以下の通りである。(1)水素ステーション用水素生成触媒については、初期活性の目標を達成し、対市販品3.2倍を得た。耐久性については水素生成反応400時間後でも初期活性値を維持することを確認した。(2)めっき用触媒については、無電解めっき反応について検討し、市販品の3倍以上の活性を得た。基板とめっき層の密着性については、剥離強度5N/10mm(規格:JIS C5016)を確認した。電界銅めっき層のパターン精度については、L/S=5/5μmを実証した。以上の通り、本検討で設定した目標値を満足するナノコロイド触媒を開発することに成功した。
英文要約Title: Feasibility Study for a new Rare Metal Research Project/ Feasibility Study on platinum-group metal catalysts with enhanced catalytic properties (FY2014) Final Report

Supply risks of platinum-group metals are serious concern when a hydrogen society is realized where Fuel-cell vehicles (FCV), hydrogen stations and other applications consume massive amount of platinum-group metals. In order to reduce these risks, developing catalysts with higher activities and achieving more efficient and effective use of them are necessary. We, Nippon Sheet Glass Co. Ltd.,(NSG) have developed various nano-colloid catalysts consisting of platinum-group metals including platinum and palladium, and have commercialized such products in several industries. It is strongly expected that our nano-colloid technology can contribute to develop catalysts applied to hydrogen energy related applications and electronics areas. This project aims at contributing to realize an energy saving and low carbon emission society by taking advantage of our nano-colloid catalysts with higher catalytic activities, resulting in using less amount of metals. Objectives of this project are to develop new catalysts for: (1) hydrogen station (initial activity: three times higher than that of the conventional catalysts, long-term stability: for 200 hours); and (2) plating (initial activity: three times higher than that of the conventional catalysts, adhesive strength: 5 N/10mm, and fine pattern: L/S 10μm). The results of this project are: (1) for hydrogen station, we have achieved the three-time higher initial catalytic activity than that of the commercially available one as well as the long-term stability for 400 hours keeping the initial activity without any deterioration; and (2) for plating, we have also realized the three-time higher initial catalytic activity than the commercially available one, adhesive strength of 5 N/10mm and fine patterning capability of L/S 5μm). We have successfully developed new nano-colloid type platinum-group metal catalysts with enhanced catalytic properties.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る