成果報告書詳細
管理番号20160000000135
タイトル平成27年度成果報告書 「国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業 実証要件適合性等調査 地産地消(自立型エネルギータウン)を目指す、豪州エコリプリー(Ecco Ripley)での街づくり実証に向けた検討」
公開日2016/5/28
報告書年度2015 - 2015
委託先名積水ハウス株式会社 Sekisui House Australia Pty Limited
プロジェクト番号P93050
部署名省エネルギー部
和文要約積水ハウス株式会社(以下、積水ハウス)とその100%子会社であるSEKISUI HOUSE AUSTRALIA PTY LIMITED (以下、SHA)は、SHAが2013年から推進しているグリーンフィールドからのコミュニティ開発プロジェクト(ECCO Ripley)において、我が国の優れたエネルギーインフラ機器と実践的な地域エネルギー管理システム(CEMS)並びに独自の運営システムを構築し、地産地消・自立型エネルギーシステムを、実際の街では世界で初めて実現する。このプロジェクトをNEDO実証事業として推進し、将来の機器/システムコスト低減によって事業性・普及性を持つことを実証する。
提案する地産地消型エネルギーシステムは、電気料金が高い一方、固定価格買取単価(FIT)の低い国で行うほど、地産のエネルギー源を地域で消費するインセンティブが働く。豪州は、主要国のなかで最近の電気料金上昇率が最も高く、かつFIT価格は突出して低い。豪州は、本事業を進める環境が最も整っている。なお、日本でもFITが低下傾向にあり、FIT売電から地産地消へモデル転換する必要がある。いまの豪州は、日本の未来の姿を映しだしている。
地産地消を進めるには、地域に大量の再生可能エネルギー電源を設置すればいいが、一旦外部売電すれば系統電力と区別がつかなくなる。そこで、地域を自営線でつなぎマイクログリッドとして運用すれば地産地消を物理的に実現できる。しかし、マイクログリッドは新しく街をつくる場合にのみ可能な手段であり、普及性の観点では既設送配電網を用いた枠組みが必要である。また、地産地消を達成しつつ需要家のエネルギー費削減を進めるために、再エネ余剰電力を吸収する蓄電池、コジェネの排熱総合利用、それらを統合運用するための実用的で拡張性の高いCEMSが必要である。更に、自由化市場環境下で、実用的な電力融通スキームを構築する必要がある。
本実証では、実際の街であるECCO Ripleyで上記を実現する。既設の配電網を活用しつつ、戸建てエリアとタウンセンター(TC)に設置する太陽光発電の電力を出来る限りエリア内で消費し、エネルギー自立を高めるべく、拡張性の高いCEMSを用いた需給制御と、TCエリアへの電力一括受電を実現、またエリア間の電力融通を行う。本実証により、世界で初めて、大規模レベルでのエネルギーマネジメントを実現し、運用ノウハウを獲得する。また、CEMSからクラウドを通じて、戸建の蓄電池に充放電を指示するエネルギーマネジメントを実現する。
本実証により、電力料金支払額を最大50%削減し、大幅な省エネルギー・CO2削減を達成する。実証期間中の年平均省エネ効果は34 TJ/年(一次エネルギー換算で36%削減)、平均CO2排出削減効果は2,582 t-CO2/年(40%削減)を想定している。
今後の日本のインフラ輸出は、運営スキルとハードを組み合わせた輸出が競合対策上優位である。その意味では、事業運営主体の確立が重要である。本事業では、SHAと豪州の大手電力会社Origin Energyが共同で事業運営母体(Energy Management Entity)を設立し、積水ハウスを含めた両社の知見・ノウハウを用いながら推進する。
英文要約Sekisui House, Ltd. (Sekisui House) and its 100%-owned subsidiary, SEKISUI HOUSE AUSTRALIA PTY LIMITED (SHA) plan the world’s first self-reliant energy system to develop Japan’s advanced energy infrastructure, practical community energy management system (CEMS) and a unique operation system to implement in ECCO Ripley community development project. We propose the project as a NEDO demonstration project, and demonstrate the business potential and dissemination possibility.
The proposed system is attractive in a country/region with higher electric prices and lower Feed-In-Tariff prices. Being the country with highest rate of increase in electricity prices but extremely low FTT rates among advanced countries, Australia is an ideal place to promote this project.
To proceed with self-reliance, we have to install a large amount of renewable energy sources in the local area. If we install private transmission lines within a specific area to operate it as a micro-grid, local production for local consumption can be physically realized. However, it can be used only for building a new community, therefore it is important to create a framework using existing network for better application. Also, in order to achieve local production for local consumption, batteries to absorb surplus renewable electricity, comprehensive use of generation/exhaust gas in cogeneration and practical and scalable CEMS to operate these functions in an integrated manner are necessary. Furthermore, it is indispensable to develop a practical regulation of electricity transfer between multiple areas in anticipation of the deregulation of retail electricity market.
The above functions will be realized in this project in a real community. While utilizing existing network, electric power from PV systems will be consumed within the area as much as possible. At the same time, in order to enhance the energy independence of the community, supply-demand control using highly scalable CEMS, reception of high-voltage bulk power in the TC area and electricity transfer from residential area to TC area will be implemented.
With these approaches, electricity bills will be reduced by up to 50%. Significant energy savings and CO2 reduction will be achieved. Annual energy/alternative energy savings effect during the demonstration period is expected to be 34TJ/year and average CO2 emissions reduction effect to be 2,582 t-CO2/year.
For local energy production and consumption system, not only hardware but software (operation know-how) is also important. In this project, SHA and a major Australian electric utility (Origin Energy) have agreed to discuss for jointly establishing the Energy Management Entity (EME) to utilize knowledge and knowhow of both companies. EME will be responsible for the project operation, commercial dissemination of the system after the demonstration.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る