成果報告書詳細
管理番号20160000000186
タイトル*平成27年度中間年報 国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業 米国におけるデータセンターに関するHVDC(高電圧直流)給電システム等実証事業
公開日2016/5/28
報告書年度2015 - 2015
委託先名株式会社NTTファシリティーズ
プロジェクト番号P93050
部署名省エネルギー部
和文要約 近年、インターネット用途等の拡大に伴い、通信インフラを流れるトラフィック量は急増しており、今後もこの傾向が続くと想定されている。一方、データセンターにおいては設備増設等に伴い、消費電力は増加傾向にあることから、データセンター事業者の課題として、運用コストを下げるための省エネ化や再生可能エネルギーの活用は急務である。また、事業運営における情報システムの重要性も高まっており、システム停止による事業的なインパクトを考慮して高い信頼性が求められている。本事業はICT分野で最大の市場を有する米国において、大容量(500kW級)のHVDC給電システムの実証を行い、その省エネ性能を示す。また、本事業では、日本が優位性をもつHVDC給電技術の普及拡大を目的とする。技術の優位性をアピールするとともに、ICT業界を米国でのHVDC市場の形成に巻き込むために、実証サイトをショールームとして最大限活用していく。実証サイトはテキサス大学のTexas Advanced Computing Center(TACC)に位置し、大容量(500kW級)のHVDC給電システム、太陽光発電システム、蓄電池等を組み合わせた給電システムを構築する。交流給電システムに対する省エネ性能の評価及び太陽光発電システムの発電電力の時間変動に合わせてHVDC電源装置の運転台数制御を活用することによる省エネ効果を実証する。
 今年度は、システム構築詳細計画及び設計を工事請負会社(EEC社)、各メーカーと連携して実施し、各装置間の接続、装置構成、容量等の物品仕様や、機器配置を決定し、設計にあたった。設計図面は事前照会や打ち合わせを経て、平成28年2月下旬にテキサス大学からの承認を得ることができた。物品の調達については、システム構築計画に基づき実施した。調達物品により保険や輸送方法も異なる中、システム構築に支障が出ないよう計画的に取り組んだ。今年度内に物品搬入が完了した主なものは、HVDC対応サーバー、太陽光パネル、リチウムイオン電池、HVDC対応空調である。HVDC対応サーバーについては、平成27年11月15日?20日に開催されたスーパーコンピューティングの国際会議 SC15の展示に間に合わせるため、NTTファシリティーズUSA社およびテキサス大学との連携により、物品調達の短納期を実現した。11月にはテキサス大学をはじめとした関係会社との合同ミーティングも開催した。定期的な打ち合わせ時期や定期報告方法などプロジェクト運営にあたってのルールを設定・周知することで、早期課題解決と円滑な進捗管理につなげている。
 米国のHVDC展開計画については、販売戦略およびエンジニアリング強化の両面で検討を進めており、現在、HVDC展開におけるパートナー企業の選定と協力体制を検討中である。宣伝活動としてはSC15にて、HVDC給電システムのコンセプトを表すシステム配置図と本実証事業の概要をTACCのブースに展示し、来場者に紹介した。その他活動では、米国内の大手ICT装置ベンダに対して、本事業の認知度向上および実証概要説明を行うとともに、HVDC対応化製品普及に向けた意見交換を実施した。日本国内での活動としては、本実証における概要等のプレス発表、研究発表、講演等を通して、HVDC普及のための積極的な宣伝活動を行った。
英文要約 Data traffic amount in ICT infrastructure has been increasing due to the Internet usage growth, and this trend is expected to continue in the future.On the other hand, data center power usage tends to increase due to the expansion of data center facilities. Thus, it is urgent for data center operators to reduce operation cost by energy saving and use of renewable energy. Additionally, the information system in business operation are becoming much more important, and high reliability is required when concerning the impact of system failures.This project demonstrates the energy saving performance of large capacity (500-kW class) HVDC power supply system, which will be conducted in the U.S., where the largest market gathers in ICT field.This project also aims to widely promote the HVDC power feeding technology which Japan has advantages on. The demonstration site will be utilized as a showroom to appeal the merit of the technology and to engage ICT industry in creating HVDC market in the U.S.. The demonstration site is located at Texas Advanced Computing Center (TACC) at the University of Texas at Austin. Power supply system composed of large capacity (500-kW class) HVDC power supply system, solar power generation system, and storage battery will be constructed in the site.Verification items in this project include energy saving performance compared to traditional AC power supply system, and energy saving effect when applying adaptive power supply management, which is a management scheme to control the number of HVDC power supply units operating in accordance with the time variation of the solar power generation.

 In fiscal year 2015, system construction detailed planning and design were conducted in cooperation with the contractor company (Electronic Environments Corporation; EEC) and equipment manufacturers. Equipment specifications (including configuration, capacity, and connection interface) and layout were determined, and design was conducted accordingly.Through pre-inquiries and meetings, design drawings were finally approved by the University of Texas at Austin in late February in 2016.Equipment procurement has been carried out based on the system construction plan. Considering various insurance and transportation policies, the procurement was planned and conducted without affecting the system construction.Main articles carried in fiscal year 2015 are HVDC server, solar panels, lithium-ion battery, and HVDC CRAC units.By working with NTT FACILITIES USA and the University of Texas at Austin, quick delivery of HVDC server was achieved to meet exhibition of The International Conference for High Performance Computing, Networking, Storage and Analysis (SC15), held in November 15-20, 2015.Joint meeting with project stakeholders including the University of Texas at Austin was held in November, 2015. Project management rules such as regular meeting schedule and periodic reporting method were defined and informed among members, leading to early settlements and prompt management.

 To promote HVDC business development in the U.S., sales strategy and engineering enhancement are under consideration.Other promotion activities include approaches to leading ICT equipment vendors in the U.S., such as improving recognition of the project, providing project overview, and exchanging views on promoting HVDC-related products. Regarding domestic activities, active campaigns for HVDC promotion have been conducted; such as press release on project overview, research presentations, seminars, etc.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る