成果報告書詳細
管理番号20160000000189
タイトル*平成27年度中間年報 国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業 携帯電話基地局エネルギーマネジメントシステム実証事業(インド)
公開日2016/5/26
報告書年度2015 - 2015
委託先名日本電気株式会社 株式会社ピクセラ
プロジェクト番号P93050
部署名省エネルギー部
和文要約 本実証は、インドの携帯電話基地局において、蓄電池、EMS(エネルギーマネジメントシステム)、PV(太陽光発電装置)、光触媒塗装を導入することにより、停電時に使用されるディーゼル発電機の燃料消費を抑え、経済性とCO2排出量削減の効果について実証を行う。
 27年度は、EMS実証サイト20局のシステムを構築し、緊急アラームが発生時の対応のため、保守サポート体制を構築した。実証実験データ収集を開始しており、本システムによりディーゼル発電機の稼働時間が削減できることを確認した。また、更なる削減効果を達成するために予測最適化制御機能を検討した。来年度は予測最適化制御機能を追加し、更なる削減効果があることを実証する。
 光触媒塗装は、未塗装サイトと塗装済サイトの比較を行い、省エネ効果を確認した。一年目に塗装したサイトと未塗装サイトとでエアコン消費電力の差は見られるが、来年度は、二年目として既に塗装済の未塗装サイトのデータと比較して省エネ効果を総合的に評価する。
英文要約(1)Research and development content for total period
 The purpose of the demonstration is to evaluate reduction of fuel consumption of diesel generators in order to achieve economic efficiency improvement and reduction of carbon dioxide emission by introducing Lithium-ion battery, EMS (Energy Management System), PV (Solar panels) and Photocatalytic Coating to telecom tower sites in India.

(2)Results of this fiscal year

 We installed our demonstration systems at 20 sites. We made up the maintenance support team to deal with the urgent alarm. We started to collect site operation data and confirmed with the data that the system reduced DG running time. We analyzed the prediction optimizer function to achieve further effect of diesel fuel reduction. Next fiscal year, we will add this function to the system and will verify further fuel reduction.


The improvement of energy saving was observed in the painted sites comparing non-painted sites. Next fiscal year,we will conclude the energy saving effect after next data collection by comparing the same site first year non-painted and second year painted.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る