成果報告書詳細
管理番号20160000000316
タイトル*平成27年度中間年報 エネルギー・環境新技術先導プログラム 革新的な省エネルギー型データベース問合せコンパイラの研究開発
公開日2016/5/17
報告書年度2015 - 2015
委託先名国立大学法人東京大学 株式会社日立製作所
プロジェクト番号P14004
部署名イノベーション推進部
和文要約「エネルギー・環境新技術先導プログラム/革新的な省エネルギー型データベース問合せコンパイラの研究開発」

(1)省エネルギー型データベース問合せコンパイラの基本方式の設計と潜在的有効性の確認(担当:国立大学法人東京大学)
基本的なデータベース演算を対象として、省エネルギー型データベース問合せコンパイラの基本方式の設計に着手し、まずは選択演算を対象とした基本コスト計算式を策定した。また、来年度に標準的なデータベースベンチマークを用いた予備実験を実施するために、磁気ディスクストレージをターゲットとした実験環境を構築するための設計を開始するとともに、必要な機材の調達の準備を進めた。

(2)実用システムを想定した省エネルギー型データベース問合せコンパイラのための性能・消費電力測定基本方式の設計(担当:株式会社日立製作所)
省エネルギー型データベース問合せコンパイラに於いて消費電力等を考慮した問合せ実行計画を生成することを目的としたIT機器のサブシステムレベルならびに筐体レベルの性能・消費電力測定基本方式の設計に着手し、まずはデータベースソフトウェアがIT機器から性能や消費電力等の情報を取得することを可能とするための制御機構の構成を明確にした。

(3)研究開発プロジェクトの統括と総合的推進(担当:国立大学法人東京大学)
研究開発プロジェクト全体の連携を密とし円滑に運営していくため、東京大学・日立製作所の合同のキックオフミーティング(合同のステアリングミーティングを兼ねる)を開催したほか、同様に両機関で合同の技術検討打合せ等を開催した。

(4)研究開発推進委員会の開催(担当:国立大学法人東京大学)
研究進捗内容の確認および国家プロジェクト化に向けた検討を行うために、研究開発推進委員会を開催するための準備を進めた。データベース分野、ストレージ分野等の有識者を対象に、外部委員の選定を進めているところである。
英文要約Reported below are the progress status as of the end of March 2016.

The research group at The University of Tokyo has started to design a basic scheme of an energy-saving database query compiler for fundamental operations. The group has also started to build an experimental environment with magnetic disk storage in order to conduct preliminary experiments with standard database benchmarks in the next fiscal year.

In parallel, the research group at Hitachi, Ltd. has started to design a basic scheme to measure performance and power consumption of IT apparatus in order that an energy-saving database query compiler could generate query execution plans with consideration of power consumption.

Advanced Research Program for Energy and Environmental Technologies/ Research and Development of An Innovative Energy-saving-oriented Database Query Compiler

To accelerate research activities, both the research groups held a joint kick-off meeting (also as a steering meeting) and joint technical meetings.
The research groups have also started to organize a committee for the promotion of research and development.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る