成果報告書詳細
管理番号20150000000719
タイトル平成25年度-平成27年度成果報告書 水素利用技術研究開発事業 CO2フリー水素及び国際機関等に係る政策・市場・研究開発動向に関する調査研究 有機ハイドライドを用いたロシアからのCO2フリー水素導入に関する調査研究
公開日2016/6/22
報告書年度2013 - 2015
委託先名千代田化工建設株式会社
プロジェクト番号P13002
部署名新エネルギー部
和文要約件名 平成25年度-27年度成果報告書 水素利用技術研究開発事業 CO2フリー水素及び国際機関等に係る政策・市場・研究開発動向に関する調査研究「有機ハイドライドを用いたロシアからのCO2フリー水素導入に関する調査研究」
1.ロシアのうち、地理的に日本に近いシベリアにて再生可能エネルギーを1次エネルギーとして水電解で水素を製造し、千代田化工建設が開発した有機ハイドライド技術を用いて日本へ輸送するケースについて、調査研究を行った。調査の手法は、文献、インターネット等のオープンリソース、および現地訪問を含むヒアリング等によった。2.ロシアの一般情勢については、エネルギー事情の概要、エネルギー政策、環境政策等について調査した。ロシアはエネルギー輸出大国である。関係省庁としては天然資源環境省、エネルギー省、極東開発省などがある。3.電力業界は再編が行われ、発送電の分離、分社化などが行われた。水力発電についてはルスギドロ社が最大手である。4.広大な国土を背景に再生可能エネルギー賦存量も多い。特に水力発電は膨大な包蔵量を持つ。5.沿海地方には主要な港湾は約10箇所ある。主要な取扱貨物は港湾により異なり、有機ハイドライドを取り扱うには、石油類を扱える港湾が望ましい。6.水電解槽は、主な形式であるアルカリ型・固体高分子型について技術分析を行い、大規模プロジェクトや風力とのコンビネーションの事例を調査した。7.これらの調査を受け、極東地区が有望なサイトとして抽出された。8.極東地区での水素製造について経済性検討を行った。公的補助が必要ではあるが、経済産業省が作成した水素ロードマップに記載された30円/m3程度の価格を実現できる可能性がある。今後の詳細な調査が必要である。9.水素を日本に輸入して利用するケースとして地域PPSでの水素利用について調査を行った。10.今後の課題として、経済性検討の精度を上げることなどがある。千代田化工建設にて、引き続き検討を継続する。
英文要約Title : Research and development on hydrogen utilization technology. Research on CO2 free hydrogen and on policy, market, R&D at international organization etc. Research on CO2 free hydrogen import from Russia using organic chemical hydride. (FY2013-FY2015) Final Report
1. Chiyoda Corporation carried out a research on hydrogen import from Russia while producing hydrogen by renewable energy as primary energy via electrolyser in Siberia which is close to Japan in terms of geography. The method of the research was both of open resources including documents & internet and meeting. 2. As Russian general information, outline of energy situation, energy policy and environmental policy were investigated. Russia is a big energy exporter. The related ministries are Ministry of Natural Resources and Environment, Ministry of Energy, Ministry of Far East Development. 3. Electric power industry was restructured, including separation of generation and transmission, spinning off of the companies. Rushydro is the biggest hydro power generator. 4. Potential renewable energy is vast due to large territory. Especially potential hydropower generation is vast. 5. There are about 10 major ports in far east maritime region in Russia. Major cargo items are different from port to port. The ports which can treat oil is desirable for organic chemical hydride. 6. As for electrolysers, alkali type and PEM type, large scale projects and combination with wind farm were investigated. 7. After the investigation as item 1-6, potential sites in far east region was considered as the potential site. 8. Feasibility on the potential sites case was calculated. Although public fund should be needed, 30 yen per m3, which is targeted in METI’s hydrogen roadmap can be achieved. Further detail investigation shall be needed. 9. As a case to import and use hydrogen in Japan, regional PPS was studies. 10. Further tasks are identified such as increasing the accuracy of the feasibility study. Chiyoda Corporation will keep on studying them.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る