成果報告書詳細
管理番号20150000000797
タイトル平成26年度-平成27年度調査報告書 国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業実証前調査 「高温排出水を用いた省エネ・低環境負荷型造水実証事業(カタール)」
公開日2016/6/24
報告書年度2014 - 2015
委託先名三菱重工業株式会社 三菱商事株式会社
プロジェクト番号P93050
部署名環境部
和文要約 カタールでは急速な経済発展に伴い、人口増加に併せて水需要が増加している。水需要に対して、従来は蒸発法による海水淡水化プラントが主流であったが、非効率なエネルギー消費が問題となっており、省エネルギー型の海水淡水化手法が求められている。これに対応するのがRO膜法である。加えて、海洋環境保全のため、海洋工事や放流水に対する各種規制強化が進んでおり、それに対応したRO膜法による海水淡水化方法が望まれている。
 当グループでは、前述の要件を満たす技術・システムとして、RO膜法による海水淡水化方法「高温排出水を用いた省エネ・低環境負荷型造水システム」を開発し、経済産業省支援のもと同国の要請をうけて、実用化を推進してきた。同国側より商用化に向けて大規模な実証試験の必要性が示されており、当グループは本実証事業へ応募・採択され、本実証前調査を実施した。
 本実証前調査では、第1章にて、カタール国の水需要と海水淡水化プラントの課題、これまでのカタールにおける活動実績を整理するとともに、当グループの提案する本実証技術・システム、加えて無薬注前処理、高温対応RO膜、既存取水排水設備の活用について説明し、利点を明らかにした。第2章では、本実証事業の位置づけ・必要性を説明し、本技術が日本政府のインフラ・システム輸出推進施策に合致するとともに、日本のエネルギーセキュリティの確保につながることを明らかにした。第3章では、同国との連携状況及び実証事業の実施体制・内容・設備・試験計画を説明するとともに、本実証事業における省エネ・CO2削減効果を評価した。第4章では、普及可能性について言及し、市場規模、コスト採算性、省エネ・CO2削減効果を示すとともに、実証事業後の普及に向けたビジネスモデル・体制を提案した。
 上記の実証前調査を通じ以下の結論を得た。
・本技術・システムが国際的な技術競争力を有し、実証後に省エネルギー型の技術・システムとしての普及が促進され、これを通じ我が国のエネルギーセキュリティの確保に資するものであることを示した。
・実証事業の実施計画を具体的かつ実現可能なものとした。
・実証前調査実施以前より相手国と本件推進のための協力関係を構築済みであり、本実証におけるカウンターパートは、同国で唯一、水マネジメントを担うKAHRAMAAとした。
・普及展開においては単なる機器売りでなく、 SPC組成による売水事業の展開等、インフラ・システム輸出型のビジネスモデルを構築した。また、当該モデルのコスト水準や採算性が妥当であり、競争力を有するものであることを明らかにした。
・普及展開を図る市場が十分な規模を有していることを明らかにし、蒸発法に対して省エネ効果、CO2削減効果があることを示した。
英文要約 National water demand in Qatar has increased year by year due to population growth and rapid economic development. Thermal desalination systems have been widely used for water production in Qatar, however, these systems have less flexibility in seasonal fluctuation of water demand and electricity demand, which leads to inefficient energy utilization. In addition, some regulations concerning marine works and effluent quality have been tightened to minimize environmental impact on marine ecosystem. These backgrounds suggest that Qatar has expected ‘more energy saving’ and ‘more environmentally friendly’ desalination technologies.
 To meet these business needs and expectations, our group has proposed ‘energy saving and environmentally friendly desalination system using high temperature discharged water’, which has been developed at the request of Qatari government and with the support of the Ministry of Economy, Trade and Industry, Japan. However, Qatari government pointed out that technical and economical evaluations of the proposed desalination system should be performed through demonstrational operation. Thus, our group has conducted feasibility study on the proposed system prior to the commencement of a demonstration project.
 The feasibility study report consists of following 4 chapters;
 Chapter 1 outlined water demand perspectives in Qatar, seawater desalination challenges in Qatar, and our group’s past efforts in Qatar. Chapter 1 also described the proposed system, including advanced pretreatment processes, unique RO elements with high-temperature resistance, and simple seawater intake from existing discharge canal.
 Chapter 2 explained objectives and needs of the demonstration project. Chapter 2 also clarified that this project would match Japanese governmental directions of infrastructure system export promotion and contribute to ensuring Japanese energy security.
 Chapter 3 stated a collaboration scheme between Qatar and Japan, and detailed organizations, execution programs, process configurations, and operational philosophy of the demonstration project. Chapter 3 also evaluated the amount of reduction in energy consumption and CO2 emission.
 Chapter 4 described technical applicability and commercial profitability of the proposed system allowing for relative market potential, cost effectiveness, and energy saving effect. Chapter 4 also proposed a blue print of the business model to enter future seawater desalination market in Qatar.
The feasibility study report concluded that;
- the proposed system would have global and technical competitiveness, and would be a model case of ‘energy saving and environmentally friendly’ desalination system, and thereby would benefit Japanese national energy security.
- the proposed system would be technically and economically available.
- the cooperative relationship between our group and a local partner (KAHRAMAA) has built.
- the business model, aiming at long-term operation services and infrastructure system export promotion, would be cost-effective and competitive.
- the proposed system, which requires lower energy consumption than conventional thermal desalination systems, would be applicable to future seawater desalination market in Qatar.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る