成果報告書詳細
管理番号20160000000069
タイトル平成27年度調査報告書 国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業 実証要件適合性等調査 省エネルギー型水再生利用システムの実証要件適合性等に関する調査
公開日2016/6/8
報告書年度2015 - 2015
委託先名三菱電機株式会社 株式会社ニュージェック
プロジェクト番号P93050
部署名環境部
和文要約 本業務は「水需給逼迫等の理由により再生水ニーズが高い地域に向けた『省エネルギー型水再生利用システム』の普及促進を図るため、NEDO国際エネルギー実証事業のスキーム案を構築し、その実証要件適合性を評価する」ことを目的として調査を行った。
 調査対象国をASEAN主要6か国とし、最初に基本情報調査と再生水ニーズ調査を通して提案システムの現地適用性可能性評価を行った結果、シンガポールにおいて工業団地向けに提案する省エネルギー型MBRで再利用した場合に回収年は3年以下であると試算され、提案システムの現地適用可能性は十分高いと考えられた。
 次に、提案システムをシンガポール国内の工業団地での実証事業実施を想定して実証要件適合性
を評価した結果、以下のことが分かった。

(1)現地における技術競争力
MBRの最大の課題であるエネルギー消費量削減に着目した研究開発はシンガポール国内でも多数実施されているが、今回提案する「省エネルギー型MBR」は高ろ過速度(高フラックス)を維持することにより必要な膜モジュール数を低減するという抜本的な対策技術であり、省エネルギー性の向上のほか、膜交換コストの削減・装置フットプリントの削減等の効果も有する。現地における技術競争力は十分高いと考えられた。

(2)現地における政策的な支援の見通し
IRIS(Incentive for Research & Innovation Scheme)やIDS(Innovation Development Scheme)
といった研究開発に係る補助金制度のほか、革新的な水処理技術の実証・適用を支援するTechPioneer(Technology Pioneer)や自社内での水需要量削減対策・節水対策を支援するためのWEF(Water Efficiency Fund)等の制度があり、これらの補助金活用が期待できる。

(3)普及推進が可能なパートナーとの連携可能性
シンガポール内外の工業団地で再生水処理・供給サービス事業を展開している会社が提案技術に強い関心を示しており、普及促進に好適なパートナーと考えられた。設備供給のみのビジネスに限定されないようにするためには、この会社と連携しSPCを設立する等の事業スキーム構築が必要であるが、スキーム構築にはしばらく時間を要すると推測された。一方、提案システムの技術競争力は十分高いと示唆されたため、まずは設備販売事業から開始することも選択肢として妥当であると考えられた。
英文要約The purpose of this investigation is to plan the model-scheme of International Project for Increasing the Efficient Use of Energy, evaluating whether it satisfies the requirements for the model project, in order to promote “Energy-saving Water Reclamation System” for the area where recycled water is strongly demanded to meet water shortage problem.

Through the research on fundamental information and water reclamation demand in 6 major countries of ASEAN, it was found that the applicability of proposing system is high, being also supported by the estimated payback period shorter than 3 years.

In the next step, the conformity to the requirements for the model project was assessed, assuming that it would be conducted in an industrial park in Singapore. Results were as follows;

(1) Technical competitiveness in the region
Though a lot of R&Ds focusing on energy-consumption reduction as one of the biggest issue on MBR are running in Singapore, the proposing “Energy-saving MBR” has a great technical competitiveness in the region because it is the drastic countermeasure technology to reduce the number of membrane modules by preserving high-flux filtration, which also contributing to the reduction of membrane renewal cost and plant footprint.

(2) Outlook for political support in the region
It is expected to utilize subsidy system in Singapore including IRIS (Innovation Development Scheme) to support R&D, TechPioneer (Technology Pioneer) to promote verification and application of novel water treatment technology and WEF (Water Efficiency Fund) to encourage taking countermeasures to reduce water demand and consumption.

(3) Possibility to collaborate with a promising partner
A company operating the business of water reclamation and recycled water service in Singaporean industrial parks is expected as a promising partner to expand the proposing system because they are strongly interested in the technology. Though we understand that the business scheme through a closer collaboration to establish SPC should be built in order not to shut our business just into the supply of the proposing system equipment, it would take some time to build a scheme of this kind. Meanwhile based on the suggestive fact that the proposing system has a great technical competitiveness, it would be an appropriate option to start the equipment supply business as the first step.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る