成果報告書詳細
管理番号20160000000072
タイトル平成26年度-平成27年度成果報告書 国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業 実証要件適合性等調査 バイオマスガス化有効利用システムに関する調査(タイ)
公開日2016/6/8
報告書年度2014 - 2015
委託先名鹿島建設株式会社
プロジェクト番号P93050
部署名新エネルギー部
和文要約要約(和文)
Title: バイオマスガス化有効利用システムに関する調査(タイ)

タイでは、パームオイル工場、キャッサバデンプン工場などの生産施設の廃水についてはメタン発酵処理が行われ、バイオガスの有効利用が行われている。ただし、一次加工段階で発生する固形廃棄物は、メタン発酵処理の対象となっていない。固形物を廃水と同時に高速処理可能な高温固定床式メタン発酵技術を適用し、これらを対象に加えることでバイオガス回収量を劇的に増大させられる可能性があり、タイ国の省エネルギー政策推進に効果的である。また、タイ政府方針で利用促進されているネピアグラスについてもバイオガス化利活用を検討することとし、(1)生産施設の既存メタン発酵施設の改善可能性調査、(2)新規バイオガス事業の検討、(3)事業化スキームの可能性調査とビジネスモデル検討、について調査研究を実施した。
まず、タイ国政府、既存事業者、既存プラントメーカー、エネルギー関連企業者などへのヒアリングを含めた情報収集により、実施設調査対象工場を選定し、実証場所候補の洗い出しを行った。タイ国内のキャッサバデンプン工場51ヶ所、パームオイル工場49ヶ所について、資料調査、レターまたは電話によるアンケート調査を行った結果、パームオイル工場7工場、キャッサバデンプン工場26工場が高温固定床式メタン発酵技術への関心を示す回答が得られた。これら33工場はタイ国内における将来的な事業展開先としても考えられ、タイ国内における本事業の市場が十分あることが確認された。(1)施設規模、(2)立地条件、(3)固定床式嫌気ディッチFAD (Fixed-bed Anaerobic Ditch)技術への関心度、から合計7工場を選定し踏査を行い、4候補にまで絞り込んだ。この4候補については実証試験実施時の費用負担分担について説明を行った。
更に、実施設調査から典型的な工場内の物質収支を確認し、未利用固形バイオマスが存在することを把握した。工程廃水を含むこれらのバイオマスについてメタン発酵特性試験を実施し、それぞれの材料から回収しうるバイオガス量を把握した。ある仮定のもとに試算すれば、キャッサバデンプン工場、パームオイル工場共に、工程廃水、工場から排出される未利用固形バイオマス、ネピアグラスを混合してメタン発酵処理することにより、最大で既存設備の1.2-2.6倍のバイオガスが回収可能であることが推定された。ただし、同時にEFBなどの難処理固形バイオマスについては粉砕方法の検討が課題であることも分かった。
ビジネスモデルの検討では、得られるバイオガスの余剰分を売買に活用できることになるが、活用方法として売電事業、売ガス事業の両面から評価を行った。売電事業ではタイにおいてもマレーシア、フィリピンなど同様FIT (固定買取価格)が制定されており、買取期間が20年であれば事業性が見込める結果となった。売ガス事業に関しても事業性の評価を行った。
英文要約要約(英文)
Title: A basic study on Gasification and Effective Utilization System of Biomass

In Thailand, wastewater discharged from most of palm oil factories and cassava starch factories has often been treated under anaerobic environment and a biogas is collected and utilized for various uses. However, solid waste generated in the first processing stage is now excluded from anaerobic treatment. Therefore if solid waste additionally treated by using thermophilic fixed-bed anaerobic technology, it could be increased the biogas yield drastically compared with original process of factory in Thailand and be effective for Thailand energy policy promotion. Also, napier grass which has promoted to use on the policy of Thailand, will be examined to use for biogas production. We studied issues as below; [1] possibility which will be improved existing methane fermentation facilities, [2] new biogas business and [3] possibility which will be commercialized using biogas and business model.
Utilizing the information provided by Thai government, we selected several private companies as the site candidates of the project. After studying fifty-one (51) cassava starch factories and forty-nine (49) palm oil factories by basic information and questionnaire survey through telephone calls and letters, we got replies from twenty-six (26) cassava starch factories and seven (7) palm oil factories, expressing their interests in our biogas technology. Since we consider those thirty-three (33) factories as our future potential customers, we believe the biogas market of the Thailand will be attractive.
Through more elaborate studies, we chose four (4) factories as final candidates for the project demonstration site(s).
The important criteria for selecting site candidates are as follows; [1] size of factory capacity, [2] conditions of factory location, [3] interests in our FAD technology by the factory management staff.
Also, by executing the characteristic tests of biomass from those site candidates, we found the existence of wastewater and non-used solid waste. Considering the results of biogas yield of those original materials, we can assume that biogas yield in terms of volume under our technology is from 1.2 to 2.6 times greater than those yields under existing technologies, thanks to using wastewater, solid waste and napier grass.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る