成果報告書詳細
管理番号20160000000090
タイトル平成26年度-平成27年度成果報告書 国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業/実証要件適合性等調査/分散型冷熱等エネルギー需給ネットワークシステム実証事業に関する実証要件適合性等調査
公開日2016/6/15
報告書年度2014 - 2015
委託先名THEパワーグリッドソリューション株式会社
プロジェクト番号P93050
部署名省エネルギー部
和文要約昨今のフィリピン共和国での電力事業は2001年6月に成立した電力産業改革法に基づき実施されているが、現在は財閥系グループによる発電会社、配電会社、小売会社の規制なき寡占といえる状態にある。
 同国の電源構成で主たるIPPsによる電力供給契約の多くが満了する2020年以降この契約は見直され、新たな競争環境に備えるべくDSM活動を含めたスタディが始まっている。
 一方で比国人口は2030年には1億4千万人に及ぶと予測され、出稼ぎ労働者による消費活動も顕著である。またこれらの人口を受け容れるべく国内産業を広める必要があり、都市開発に関するデベロッパーの動きは旺盛である。
 このような背景の下、本調査では社会インフラに既存電力システムを取込むのと同時に、需要家側でのエネルギー供給ネットワークを考慮することで、エネルギー需給のあり方のパラダイムシフトに耐えうるシステム開発を目指すこととし、その実証可能性の調査を行った。
 対象の制御システムは、エネルギー需要に対して供給先を系統電力、オンサイト発電、DRによる電力、他地点からの冷水を含む融通、などからニーズにあわせて選択し、供給側への依存を供給側の事情を踏まえて制御、隣接地区や小規模建物においても同様に自律分散制御を行い、都市が成長した場合でも過剰な設備投資を排し安定かつ低廉にエネルギー供給し続けることを試みるものである。
 事業パートナー候補として都市開発に実績のある政府系開発機関を据え、規制緩和への期待、カントリーリスクや政治リスクの軽減を図ることとした。
 実証サイト候補として既存都市や新規開発都市などを検討したが、既存地区でエネルギー供給に関する制度設計を見直すことや設備容量減によるメリットが限定的であることから、同機関の進める新規開発都市に照準を当てることとした。費用対効果についても設備重複を回避できるため経済合理性も得やすい。
 東南アジア諸国での需要家における省エネルギー対策は設備機器の更新で終了することが多く、最適運用することで初めて省エネルギーの真価を発揮する意義に対する理解が薄い。よってエネルギー需給設備の計画及び設計、設備導入及び建設工事への参画、更に効率的な運用を、一体で行うことが重要であり、この全てを事業として行うことが本邦技術の輸出が可能であると考えている。
 また継続したビジネスへの関わりを担保させるために、自ら事業体になるべく取組体制に関して協議を行い、来春までに大方針を確定させる予定である。先述のパートナー候補からも比国規制機関に対する規制緩和や特別措置法の活用や政治リスクの吸収を言明しており、本基礎調査に伴いこれらの体制を構築できたことで、新しいエネルギー供給のかたちを具現化できる可能性が高まった。
 本技術の展開時には今回の調査が活かされ、高効率機器や新たなエネルギー管理の全体システムを複合した導入が進む。本調査結果により、具体的な事業参画実現性が高まった。
英文要約The Philippine power industry follows the Electric Power Industry Restructuring Act of June 2001. Presently, there is an oligopoly of conglomerates as they own power generation, transmission and distribution companies.
The 20-25 year term power supply contracts of IPPs will expire starting 2020 and will be reviewed. Studies on load factor improvement including DSM have begun ahead of this new competitive environment.
Population is forecasted to increase to 140 million by 2030 with strong consumption driven by remittances from Overseas Filipino Workers. Domestic industry need to expand, as well as urban development by developers.
Against this background, in consideration of demand side requirements for energy supply, the main study aims to develop a system while the paradigm shifts on the ideal way to supply energy across an area-wide network. Basic research was done on the feasibility of demonstrating such system.
An area-wide autonomous decentralized control system will source the energy from the grid, DER, or interchange from nearby area depending on the demand side needs to provide low energy cost and avoid excess capital investment.
We have proposed a government development agency developing former military bases as a candidate business partner for country risk reduction and regulatory assistance.
Both existing and new development cities were considered as demonstration site candidates. Due to limitations in the redesign of energy supply infrastructure in existing city, we focus on the new city development promoted by the government development agency.
Conditions for the demonstration project implementation were cleared in the case of a new development city. It was more economical as facility/equipment overlap can be avoided.
In ASEAN countries, energy saving is achieved not only by installation of high efficiency equipment but also by optimizing operations. It is important to participate comprehensively from planning, design, EPC, to O&M with the possibility of exporting Japanese technologies.
By next spring, the business scheme for our participation in a private utility to supply energy and district cooling to the new development city will be finalized to ultimately ensure our continued involvement.
For the private utility establishment, we have referred to the candidate business partner the issues on regulatory support, special acts, and country risk absorption. With this structure in place, there is high possibility for the realization of this new business.
We will utilize this study to expand the introduction of combined system of high efficiency equipment and new energy management. The results of this study will tremendously help in the business implementation.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る