成果報告書詳細
管理番号20150000000748
タイトル平成26年度ー平成27年度成果報告書 「国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業/実証要件適合性等調査/タンザニア連合共和国におけるアスファルト舗装廃材活用による省エネ/省資源システム導入および普及の実現可能性に関する調査 」
公開日2016/7/28
報告書年度2014 - 2015
委託先名株式会社NIPPO パシフィックコンサルタンツ株式会社
プロジェクト番号P93050
部署名省エネルギー部
和文要約アスファルト舗装廃材を再生骨材として再資源化し再生アスファルト合材を製造するシステムは、省エネ/省資源化に寄与するシステムであり、我が国はこの分野において最も長い歴史と豊富な技術を有する国のひとつである。本調査では、アスファルト舗装リサイクルシステムのタンザニアにおける導入実現性の実証のため、これに必要な情報の収集・分析を行い、廃材回収ソースとアスファルト合材の潜在的な需要量を確認した。また、省エネ・CO2削減の効果を検討し事業の有効性を検証するとともに、事業の投資回収年と損益分岐点を整理し、投資計画のベースを作成した。調査内容は以下のとおりである。(1)対象地域の基礎情報の収集と現地ニーズの収集タンザニアの人口・地形・気候等の一般情報を収集し、プラント運営に必要なエネルギー事情の把握、関連する機関と予算、関連法などを調査し、本調査の基礎的事項を整理した。当該システムへの現地ニーズを把握するため、現地関係者へのヒアリングを実施した。ヒアリングにおいて、安価なアスファルト合材の調達実現、アスファルトの輸入量縮減による外貨の流出抑制への期待、廃棄物の適正処理の実現、再生骨材の利用による採石場の自然環境の保全など、本事業へのニーズを確認した。(2)対象技術・システムに係る分析本事業の対象技術(アスファルト舗装リサイクルシステム)を実施するのに必要な廃材量が見込まれること、また製造した再生アスファルト合材の需要が十分存在することが試算を基に確認できた。実証事業で導入する再生アスファルトプラントについては年間製造量、時間当たりの製造能力を検討し、45,000トン/年の製造量で90トン/時の製造能力のプラント規模を決定した。また、再生アスファルトプラントの概略設計を行い、あわせてシステム運用に必要な設備機器類を検討し、概算の費用を算定した。現地の舗装をコアサンプリングし、性状試験を実施した。試験の結果、既存のアスファルトが再生アスファルトとしてリサイクル可能な性状であることを確認した。実証事業における省エネ・CO2削減効果を試算し、実証事業の目標を定めた。また、アスファルト舗装リサイクルシステムの普及時の効果も試算し長期の目標を定めた。さらに、投資計画のベースとするため、事業の実現性に関し財務シミュレーションを実施した。(3)過去の実証事業の成功要因からの検証我が国のアスファルト舗装リサイクルシステムの技術競争力を確認した。リサイクルが法的に定められていることなどを背景に、欧米諸国に対し我が国のアスファルト舗装廃材の再生率が高く、再生技術や廃材回収のためのシステムが技術競争力において優位であると結論した。また、現地パートナー企業を調査し本事業への参加意欲を確認した。さらに、O & M (operation and maintenance)を含む長期的な関与の見通しを想定することができ、次段階のF/Sへ進むための知見を得た。
英文要約Asphalt recycling is the system which contributes to energy and resource saving through production of recycled hot mix asphalt from reclaimed pavement waste. Japan is one of the most advanced countries in which the extensive technologies have been accumulated with wealth of experiences since asphalt recycling was developed in the world.In order to investigate the applicability of asphalt recycling in Tanzania, the source of pavement waste and the potential demands of hot mix asphalt were examined and confirmed. Along with this, the effectiveness of the project were verified by evaluation of energy saving and CO2 reduction effects. Eventually the fundamental conditions of investment plan were set as well as payback period and break-even point.Each research item was executed as follows;(1) Collection of General Information and Needs of Asphalt Recycling in Tanzania The basic factors were sorted by gathering general information such as population, geography, and climate, surveying the circumstances of energy supply necessary for plant operation and identifying relevant authorities, national budget and laws. Through the discussions with the relevant parties, the local needs of asphalt recycling were confirmed, that is, reasonable procurement of hot mix asphalt, prevention of outflow of foreign currency by reduction of bitumen import, proper waste treatment and environmental protection around quarries by utilizing recycled aggregates.(2) Analysis of Applicability of Asphalt Recycling Technology and System As a result of investigation, it was confirmed that there would be sufficient volume of pavement waste and demands of recycled hot mix asphalt. The plant capacity and annual production of hot mix asphalt under the demonstration project were set to 90 tons/hour and 45,000 tons/year respectively. The study also included the design of the plant, the mobilization plan of ancillary facilities and equipment, and the total cost estimate necessary for the plant operation. Along with this, property tests were executed to the specimens taken from existing pavement and confirmed that the pavement in Tanzania is recyclable.Regarding the effect of energy saving and CO2 reduction, the targets to be achieved during and after the project were set. Furthermore, the project was discussed from financial side in order to clarify the fundamental conditions of investment plan.(3) Verification based on the Success Factors of Past Demonstration Projects The study concluded that the Japanese asphalt recycling system is advantageous in its technology with higher utilization level of pavement waste and systemization of waste collection with the legal obligations.It was also confirmed that the candidate of local partner has a keen interest in participating in the project. As local involvement in asphalt recycling including O&M over a long period was also likely to be achieved, the study has become ready to proceed to F/S stage.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る