成果報告書詳細
管理番号20160000000204
タイトル*平成27年度中間年報 「地球温暖化対策技術普及等推進事業/動力プラント(ボイラー、タービン設備)への運用最適化技術の適用」
公開日2016/7/27
報告書年度2015 - 2015
委託先名アズビル株式会社
プロジェクト番号P11013
部署名省エネルギー部
和文要約省エネ技術「動力・熱源設備運用最適化技術」を、インドネシアの石油会社の動力設備に適用し、温暖化ガス(CO2)に関するMRV手法を実証する。本実証事業により、「動力・熱源設備運用最適化技術」を導入し、かつ達成される削減量を計測・報告・検証するための方法論を特定し、その方法論に基づいたPDDの作成、1年間の実証運転を実施、第三者による検証を行う。また、運用最適化技術の普及策の検討を実施する。具体的には、他製油所、インドネシア省エネ診断企業に対し、本技術、JCMの説明をし、普及に関するディスカッションを実施する。

平成27年度の実証事業の成果と達成状況
本プロジェクト実施する上での前提であるインドネシア政府とのMOU締結に時間がかかり、本報告時点では締結に至っていない状況である。
平成27年度は、機器の発注を伴わない業務に絞られ次の2点を主に実施した。
1  ID(Implementation Document)の改訂。
IDは2014年度にドラフトが作成された。IDは、2つの主要部分、主にリーガル面の記述が主体となる本文と、主に技術面の記述が主体となるAppendixから成る。今年度にPertaminaとミーティングを催し、それらについてPertaminaと議論し、合意した。MOUの改訂結果の反映およびPertaminaのリーガルのコメントを反映するように改訂した。
2  JCM Proposed Methodologyの確認
2014年度に作成したWord形形式とExcel形式JCM MRV方法論について、Pertaminaから受領した運転データの分析結果を使用して確認、引き続き最新運転データを受領し、確認作業を継続する。今後、実証にあたっては、本方法論に基づき、PDD(Project Design Document)を作成することになる。
英文要約Utility Facility Operation Optimization Technology is Japanese leading-edge technology. The optimization technology determines the optimum load allocation for utility equipment such as boilers, steam turbines in order to minimize CO2 emissions. Without any change of utility facility hardware, this technology will realize a great amount of CO2 reduction. This technology can be applied to the existing utility system of factories of various industries and is high return-on-investment (ROI) technology, since it works on simple computer systems. It has a great amount of CO2 reduction potential for various industries in Indonesia, such as refineries, chemical plants and so on.

In this project, we mainly executed the following two items during one year from April 2015 till March 2016.
The conclusion of MOU between NEDO and the Indonesian government takes time, which is the premise for putting this project into effect. MOU will be expected to make agreement in very near future.
In the above circumstance, the activities in the fiscal year 2015, it was limited to the activities which don't involve order of the equipment and the mainly following two items has been executed in fiscal year 2015;
(1) Revision of the ID (Implementation Document).
The ID was prepared in the previous fiscal year 2014. ID consists of two parts, the main body (mainly legal matter) and appendix (mainly technical matter). We had the meeting and discussed them with Pertamina. The revisions relating to the MOU changes and review results of Pertamina legal department person were done.
(2) Confirmation of MRV methodology
The Word form and the Excel form of the JCM Proposed Methodology which were prepared in the previous fiscal year 2014 are under the confirmation by using the analysis results of the operation data which were received from Pertamina
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る