成果報告書詳細
管理番号20160000000284
タイトル*平成27年度中間年報 戦略的省エネルギー技術革新プログラム/省エネルギー技術開発事業の重要技術に係る周辺技術・関連課題の検討/脱水汚泥の減容化処理プロセスにおける省エネルギー化技術シーズの事業性調査
公開日2016/7/27
報告書年度2015 - 2015
委託先名日本環境設計株式会社
プロジェクト番号
部署名省エネルギー部
和文要約本研究開発は、委託先の保有する脱水汚泥の減容化プロセスにおける省エネルギー化技術シーズの事業性を調査すべく、当該技術を活用できるターゲット市場の調査、省エネルギー効果量及び採算性の試算、事業化を想定した場合の必要リソースと望ましいビジネスモデルを明らかにすることを目的としているものである。
本中間報告は、調査内容1.「ターゲット市場調査」における成果を取りまとめたものである。中間報告では、既存市場を調査優先順位の高い市場と捉えて、固形燃料化施設を既に導入している施設をリストアップした。文献調査によって、各施設が抱えている課題について仮説構築してヒアリングに向けて準備を整えた。
英文要約This research program is aiming mainly to clarify business feasibility about energy conservation technology in volume reduction of sludge cake, possessed by the program applicant. This research consists of three main research activities, defining a target market for the JEPLAN’s technology, simulating the application of JEPLAN’s technology, and clarifying feasible business model by this technology.
This interim report summarizes the output in the 1st activity, defining a target market. As we put the existing plants of sludge cake fuel technology in high priority, we listed up such the existing plants' names and locations in Japan. By desk research, we prepared for interviewing Municipal government and existing waste treatment plants, assuming their problems or trouble.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る