成果報告書詳細
管理番号20160000000341
タイトル*平成27年度中間年報 戦略的省エネルギー技術革新プログラム/省エネルギー技術開発事業の重要技術に係る周辺技術・関連課題の検討/積層型PVCゲルアクチュエータの実用化に資する調査研究
公開日2016/7/28
報告書年度2015 - 2015
委託先名国立大学法人信州大学
プロジェクト番号P12004
部署名省エネルギー部
和文要約本調査は、優れた省エネ性能を有するPVCゲルソフトアクチュエータの実用化可能性を探索するものである。
平成27年度は、積層型PVCゲルアクチュエータの変位、速度、発生力を評価するため、測定装置の設計と製作を行った。
また、特許調査として、PVCゲルアクチュエータが分類される『人工筋肉・ソフトアクチュエータ』に関連する特許について検索を実施した。今後、関係のない特許を取り除いた上で、ソフトアクチュエータの製造方法やソフトアクチュエータの用途など分別を行い、知的財産戦略の方向性を決める。
さらに、市場調査として、文献調査を中心として自動車用アクチュエータ、メカトロニクスパーツの2つの分野において、企業や市場規模などを把握した。現在、それらの企業が販売するアクチュエータの性能の調査を進めており、PVCゲルアクチュエータにより置き換えられるかの判断を行う。
英文要約Strategic Innovation Program for Energy Conservation Technologies / Research for the Important
technologies of Energy Efficiency Projects / Research for the practical application of multilayered PVC gel actuators

This research is to investigate the possibility of a practical use of a PVC gel soft actuator which has a high energy efficiency.
In the last year, we have designed and fabricated the measurement device for investigating the relation between displacement, velocity and generation force of the multilayered PVC gel actuators.
Besides, we have surveyed the patents that related to the sort of artificial muscles and soft actuators in which the PVC gel actuator is classified. And we will do further work to delete the irrelevant patents and to clas-sify the remained patents into fabrications and applications to determine the strategy of the intellectual property of PVC gel actuators.
Furthermore, for the market research, we have mainly investigated the market size and companies of the actuators for automobiles and mechatronics by a literature survey. And the following work is to analysis the proper-ties of the commercialized actuators to find out the possibility of substitution of the traditional actuators using PVC gel actuators.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る