成果報告書詳細
管理番号20160000000358
タイトル*平成26年度中間年報 国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業/実証要件適合性等調査/タンザニア連合共和国におけるアスファルト舗装廃材活用による省エネ/省資源システム導入および普及の実現可能性に関する調査
公開日2016/7/28
報告書年度2014 - 2014
委託先名株式会社NIPPO パシフィックコンサルタンツ株式会社
プロジェクト番号P93050
部署名省エネルギー部
和文要約開発項目 「国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業/実証要件適合性等調査/タンザニア連合共和国におけるアスファルト舗装廃材活用による省エネ/省資源システム導入および普及の実現可能性に関する調査」

1. 研究開発の内容及び成果等
(1)事業背景
タンザニアの公共事業セクターにおいては、現在、2000 年に公共事業省( Ministry ofWorks)下に設立された道路公社(TANROADS: The Tanzania National Roads Agency)により主要幹線道路整備が進められており、公社は12,786km の幹線道路、21,105km の地域道路を管理している。幹線道路のうち5,130km、地域道路のうち840km が舗装されている。このように、経済発展に伴い幹線道路網の整備(舗装)が求められている一方、既存の舗装道路では老朽化が進んでいる区間が多くあり、舗装の更新も求められている。タンザニアは、原油などのエネルギーの多くが輸入に委ねてられており、アスファルトの調達コストが高いことやエネルギーの効率化・省エネ化の観点から、アスファルト舗装の再利用の促進が喫緊の課題となっている。しかし、日本ではアスファルト舗装廃材の再生利用率は99.9%であるが、タンザニアでは廃材の回収、再利用スキームが確立されていないことから、ほとんど再利用されていない。アスファルト舗装リサイクル技術は、欧米先進諸国でも日本と同様に本格導入されているがタンザニアをはじめとした東アフリカでは実績がな
い。こうした状況を改善しアスファルトの再利用を進めるためには、タンザニアにあった最適なシステム構築、アスファルト性状(既存舗装性状)、現地条件に適した検討の他、リサイクルを促進するための仕組みづくりが課題である。
そのために、実証前調査を含む技術システム実証事業の実施に向けた検討にあたり、各種の要件適合性につき事前調査が不可欠である。本提案に基づき現地における適合性を調査・分析し、課題を特定のうえ、リサイクルシステム導入によりアスファルト廃材利用によるエネルギー対策への寄与などの解決策の検討、普及に係る競合状況や現地政府、運営カウンターパートの選定や事業実施体制の構築体制を明らかにすることが非常に重要である。
(2)研究開発の内容
調査研究を実施するに当たり、地域の現況、ニーズ等の必要な情報を収集し整理する。その上で、当該システムにより製造出荷する再生アスファルト合材の年間目標数量として7万トンを目安に、これを可能とする廃材回収ソースと潜在需要の発生範囲を確認し、事業における有効性を検証し、省エネ、CO2 削減・経済効果について試算する。将来需要予測を行い、事業の投資回収年と損益分岐点を整理し、投資計画のベースを作る。対象となる技術システムの導入にあたっては、現地の気候や廃材の品質など、我が国との条件の違いについて十分に把握した上で、妥当なレベルのシステムを構築していく。また、アスファルト廃材を確実に回収して事業を成立させるため、現地舗装会社に対する廃材回収のインセンティブ付与方法の制度設計など、廃材回収公社の設置等のシステム構築を進めていく。
本調査の実施に際しては、実施体制の構築に向けて、体制イメージによる実施可能性の評価等について、利害関係者と協議しながら熟度を高めていく。

(3)調査成果
本調査の前提条件の確認のため、調査開始前に、タンザニア側カウンターパート企業及び関係省庁等との協議を踏まえ、実施サイトにおける現地調査を実施した。タンザニア公共事業省および大臣(Dr. John P. Magufuli)にそれぞれ事業要旨説明と協力要請を行い、良好な回答を得た。これを踏まえ、本調査では対象地域の基礎情報及び現地ニーズの収集を実施し、現地での実証実験の実現に向けた準備を進めた。
英文要約Title : International Project for Increasing the Efficient Use of Energy and System Demonstration, Feasibility Study of International Project for Increasing the Efficient Use of Energy and System Demonstration/ Study of Applicability of Prerequisite for Demonstration/ Feasibility Study of Development of Energy and Resource Saving System with Utilization of Asphalt Paving Waste Material in the United Republic of Tanzania (FY2014-FY2015) FY2014 Annual Report

This study will identified challenges for demonstration by collection and analysis of necessary information in order to prove feasibility of recycling system of asphalt paving material. It currently recognized fundamental conditions for confirmation of recovery source of asphalt paving waste and area of potential demand occurrence, verification of effectiveness for the project, evaluation of volume of energy saving and CO2 reduction and economic effects, estimation of future demand, simulation of payback period and break-even point of the project and drafting of an investment plan.

Before commencement of this study, the study team conducted an on-site survey for discussions with candidates of local counterparts and relevant authorities regarding road pavement projects in Tanzania and for inspection of the project area to establish the heating mixing system with high recycling efficiency of asphalt waste material by the optimal technology and to promote energy saving and recycling.

The following basic information of the project area and local needs was collected: (1) temperature, precipitation, sunshine duration, (2) electric power generation, electric rates, water and sewage and water rates, (3) frequency of electric failure and suspension of water supply, (4) possibility of gas utilization, and (5) road condition and rate of road pavement, etc.

In regards to relevant policies and authorities, the following information was collected: (1) form of local subsidiary, (2) approval and permits for constructors, and (3) investment incentive system.

The study team researched policies regarding technology and system of recycling asphalt paving material in Tanzania from documents and during the on-site survey. The business of TANROADS (The Tanzania National Roads Agency), potential buyers of system and other stakeholders when taking the technology and system development into consideration was overviewed.

The development potential of recycling system of asphalt paving material in Tanzania was considered from technical viewpoint. After comparison of the geographical condition such as precipitation and temperature and frequency of electric failure and suspension of water supply, the influence on the operation of an asphalt recycling plant according to the different conditions was examined.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る