成果報告書詳細
管理番号20160000000366
タイトル*平成27年度中間年報 地球温暖化対策技術普及等推進事業 石油精製プラントの運転制御最適化による省エネルギー
公開日2016/7/27
報告書年度2015 - 2015
委託先名横河電機株式会社
プロジェクト番号P11013
部署名省エネルギー部
和文要約件名:平成27年度中間年報 地球温暖化対策技術普及等推進事業 「石油精製プラントの運転制御最適化による省エネルギー」(H25ーH30)

石油精製プラントに於ける運転制御最適化による省エネルギー・CO2排出量削減を実証する。運転制御最適化には、既存の分散型制御システム(DCS)に追加導入するコンピュータ上で稼働する高度制御システム(APC)を使用する。日本で確立・運用されているAPCを対象国企業に導入するのと並行して運転員およびエンジニアの育成を行い、その有効性の確立と効果の維持を実証する。平成27年度は、提案していたJCM方法論が合同委員会で承認された。また、実証事業基本合意書(MOU)および実施協定書(ID)の締結に向けた活動を行い、最終の内容調整を進めている。
英文要約Title:JCM verification project by "Energy saving by optimum operation at oil refinery" (FY2013-FY2018) FY2015 Annual Report

This project is to verify energy saving/CO2 emission reduction by optimum operation at an oil refinery. For operation optimization, Advanced Process Control (APC) System running on computers will be newly introduced on to existing Distributed Control System (DCS). Beside the APC introduction, training of both operators and engineers will be conducted to prove effectiveness of energy saving/CO2 emission reduction and verify sustainability of the effectiveness. In FY2015, our proposed JCM Methodology was approved by Joint committee. Then we acted for signing of Memorandum Of Understanding (MOU) and Implementation Document (ID). We are proceeding with final adjustment for these documents.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る