成果報告書詳細
管理番号20160000000374
タイトル平成27年度成果報告書 「タイ国におけるスマートコミュニティ関連技術(熱電併給を含めたマイクログリッド等)に関する調査」に係る委託業務
公開日2016/7/13
報告書年度2015 - 2015
委託先名株式会社建設技術研究所
プロジェクト番号P93050
部署名スマートコミュニティ部
和文要約タイ国内の産業全体としては、エネルギー効率の改善を図ることが喫迫した課題となっている。
エネルギー利用の効率化や熱利用、熱電併給を含めたスマートコミュニティの展開に際して、我が国技術の適用可能性を模索するため、商業施設や事業所、或いは工業団地等において現状の課題を把握するための調査を行い、スマートコミュニティ関連技術・サービスの展開に資する行動計画の提案の検討に役立てることを目的とした調査を実施した。
以下の内容について、文献やインターネット等を用いた調査に加え、現地関係機関(地方行政府や現地電力公社、工業団地等の事業用地、日本関係企業等)へのヒアリング及びディスカッションを実施した。

(1)スマートコミュニティ関連技術移転に向けた政策・制度上の課題の整理
・タイ国の省エネルギーに関する政策が産業全体の電力利用に与えている効果について既存資料等により現状の確認を行った。
・エネルギー関連ビジネスに係る留意点としてエネルギー規制委員会(ERC:Energy Regulatory Commission)等の定める基本情報について整理を行った。
・タイのエネルギー政策における省エネルギーと代替エネルギー政策の推進状況について調査を実施した。

(2)既存プロジェクトによるケーススタディを実施するための現況整理
・産業全体を対象としたエネルギー関連部門の取組み状況について既往資料の収取を行い基礎調査として整理を行った。
・事業用地周辺のステークホルダーへの聞き取り調査について検討を行ったがSPP事業者との協議により情報漏えいに関する危惧が指摘された。代わりとして複数のSPP事業者へのヒアリング調査を実施した。
・現地調査による課題及び現地ニーズの整理を行った。

(3)調査結果のまとめ
・省エネルギーや熱電併用供給等を考慮したマイクログリッドによる事業用地へのスマートコミュニティの取組み方針の検討を行った。
・将来の実証及び事業化を想定した実施者の検討を行った。
英文要約Improvement of energy efficiency is a pressing issue across all industries in Thailand.
In pursuit of verifying applicability of Japanese technologies of smart community in view of improving efficiency of thermoelectric energy use, we conducted a survey to identify current issues of energy use in commercial premises, business establishments, and industrial estates etc. The results of this survey was intended to be used for examining action plans to be proposed for deploying smart community techniques and services. In addition to the bibliographic survey and internet research, we conducted interviews and discussions on the following survey items with relevant organizations in the area (such as local authorities, electricity authorities, business sites such as industrial estates, and Japanese companies concerned).

(1)Political and institutional issues concerning technical transfer related to smart community
・Present effects of energy saving policy in Thailand on the industry-wide energy use were identified through existing material.
・General rules and regulations by authorities such as Energy Regulatory Commission (ERC) etc. were identified as points of concern for business operation in the field of energy.
・Current situation on the progress of policies concerning energy saving and alternative energy in Thailand was studied.

(2)Current status for conducting case studies with existing projects
・Precedence material was collected and studied for identifying present situation concerning energy related measures adopted in the industry wide.
・Stakeholders around the business sites were originally to be surveyed, however, SPP operators raised concern about disclosure of information at the meeting. Instead, interview with SPP operators was conducted.
・Local issues and needs were identified through field investigation.

(3)Summarization of the results
・Prospective approaches for introducing smart community to business sites was examined, in a way that involves smart-grid solution which takes account of energy saving and thermoelectric cogeneration.
・Structural scheme of demonstration to verify future commercialization was examined.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る