成果報告書詳細
管理番号20160000000500
タイトル平成26年度ー平成27年度成果報告書 環境・医療分野の国際研究開発・実証プロジェクト ロボット分野の国際研究開発・実証事業 性能評価手法の開発(タスク開発)
公開日2016/7/13
報告書年度2014 - 2015
委託先名特定非営利活動法人国際レスキューシステム研究機構
プロジェクト番号P12001
部署名ロボット・AI部
和文要約件名:平成26年度ー平成27年度成果報告書 開発項目 環境・医療分野の国際研究開発・実証プロジェクト/ロボット分野の国際研究開発・実証事業/性能評価手法の開発(タスク開発)

本開発項目では,海外において我が国のロボット技術を核とするロボットシステムの開発, 実証と協力し,災害対応分野での我が国のロボットシステムの普及や国際的な地歩の確立等を目指す事に資する標準化活動とロボット競技会のタスク開発を行った.具体的には次の4つの項目を実施した.(チ)DARPA Robotics Challenge (DRC) タスクの開発,(リ)災害対応ロボットの性能評価とその国際標準化に関する検討,(ヌ)Japan Virtual Robotics Challenge (JVRC) タスクの開発,(ル)タスクモデルの開発
(チ)では,災害対応ロボットの産業界での潜在的ニーズとその実用化への課題を中心に調査を実施し米国側に説明し,DRC タスクへ日本側の意見を反映させるための活動を行った. 米国側への説明では,日米の災害対応ロボット開発における背景の違いも合わせて説明し, 本事業での日米協力の円滑化への素地構築にも協力した.
(リ)では,災害対応ロボットの標準性能試験法と評価フィールドの国際標準化に我が国 の意見が反映されるよう,バックデータの習得と共に国際的なロボット競技会等を通じて本 事業の取り組みを紹介した.これらの活動を通じて JVRC タスク R2 で用いられているタス ク「ジャングルジム」が,2016年ロボカップ世界大会で採用される見込みである.   NISTではロボカップ世界大会を標準性能試験法(STM)の開発の一環として位置付けており,「ジャングルジム」のロボカップ世界大会での採用は,日本と米国 の標準化活動における具体的連携事例と考えている.
(ヌ)では,NISTのSTM開発サイクルを参考にし,JVRCでタスク開発を進めた. JVRCでのタスクでは,現実の災害状況を反映したタスクを目標としていたが,関係者の ヒヤリング等から目標は概ね達成できたと考えている.JVRC タスク開発では,これまで経験 的に進められてきたタスク開発手順の形式知化を進め,様々なロボット競技会でのタスク開 発の効率化に寄与する結果を得た.DRCを見ると,ロボット競技会は新ロボット産業の育 成の場とも考えられ,ここで得られたタスク開発手順は,ロボット競技会を通じた新ロボッ ト産業に寄与すると考える.
(ル)では,シミュレータ開発団体と協力してタスクモデルの開発を行った.またタスク モデル開発の手順を明確化し,ロボットシミュレータの利用促進を支援した.これらの成果 により,これまでロボットシミュレータを利用したことの無い団体がロボットシミュレータ の利用を開始した.ロボットシミュレータの効果的利用により,ロボット開発の効率化が期 待され,タスクモデルの開発を通じたロボットシミュレータの普及推進は,我が国のロボッ ト産業育成の基盤構築に寄与したと考える.
英文要約Title: The Final Report of FY2014-2015 Project of “the Development of Performance Test Method(Task Development)” in “the International R&D and Demonstration Project in Environment and Medical Device Sector / the International R&D and Demonstration Project on Robotics Field / the R&D on Disaster Response Robot (USA)”

For the disaster response sector, the project developed the following four items in order to promote the robot technology of Japan and gain a firm footing in the international market. (A)Task development of a DARPA Robotics Challenge(DRC), (B)Consideration of performance tests of disaster response robots and their international standardization, (C)Task development of Japan Virtual Robotics Challenge(JVRC), (D)Development of task model.

For (A), the potential needs of the disaster response robots in industry sector were investigated and reported to the counterpart in USA, where the cultural differences between USA-Japan were also considered. These activities would contribute to establish the foundation in the response robot development between the countries.
For (B), through the related robot competitions and conferences, the Japanese standpoint for the standared performance test methods(STM) and test fields of the disaster response robots were introduced. As the results of such acitivities, the task “Jungle-Gym” in Task R2 of JVRC will be used RoboCup World Champition 2016. RoboCup is a part of standardization activities of STM development of NIST, so this could a concrete example of USA-Japan collaboration in the field of standardization of the response robots.
For (C), by following the STM development procedure in NIST, JVRC tasks were developed. The JVRC tasks were intended to replicate the essence of a real disaster situation and accodering to the inteviews of the responseres and perticipants, we concluded that the intention was satisfied. According to the task development, the development procedure was clarified as an explicit knowledge, which will contribute the promotion of new robot industry through the robot competitions.
For (D), the task models were developed in cooperation with the simulator development organization. In the task model development, the development procedure was summarized in order to promote the use of the simulator and some new organizations started to use the simulator in JVRC. The simulator is a good tool to accerelate the robot development, and the results here would be contribute for the use of the simulator.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る