成果報告書詳細
管理番号20160000000513
タイトル平成26年度ー平成27年度成果報告書 環境・医療分野の国際研究開発・実証プロジェクト ロボット分野の国際研究開発・実証事業 災害対応ロボット研究開発(アメリカ)に係る支援業務
公開日2016/7/13
報告書年度2014 - 2015
委託先名株式会社コングレ
プロジェクト番号P12001
部署名ロボット・AI部
和文要約 本事業では、平成27年6月に米国・ポモナ市で開催された「DARPA Robotics Challenge (DRC) Finals」に、NEDOの支援を受け出場した東京大学JSK、東京大学中村研究室、産業総合技術研究所の、ロボット開発に係る後方支援を実施した。支援にあたっては、DRCが定める競技規定及びタスク仕様の調査を行い、国内で実証実験を行うのに必要な機能や仕様を決定し、それに基づく会場選定、タスク施工及び会場運営を実施した。このことにより、出場チームのロボット開発において、チームの要望やニーズに適応した形でタスクの事前評価を行える環境を提供することが可能となった。さらにDRC開催の1ヶ月前から、大会により近い環境でチームが実証実験を行うべく、米国でも同様にタスク練習会場の選定、タスク施工及び会場運営を実施した。その際、米国に向けてロボット及び周辺機器の輸送手配、必要とされる通関手続き等への対応も行った。
 本事業の成果を、平成27年12月に開催された「2015国際ロボット展」にて発表するため、「災害対応ヒューマノイドロボットのトンネル災害における実演」として、NEDOブース内に実演フィールドを構築し、装飾施工及び運営を実施した。またこれら災害対応ヒューマノイドロボットの開発者インタビュー映像の企画・制作を行い、実演フィールド内で事業成果として発表した。
英文要約 In this project, we gave logistical support for robot development for the “DARPA Robotics Challenge (DRC) Finals 2015” held in Pomona, California in the United States in June 2015. The developers were the JSK Laboratory of the University of Tokyo, the Nakamura Group of the University of Tokyo, and the National Institute of Advanced Industrial Science and Technology, each of which received support from NEDO to participate. Our support involved research of the competition rules specified for the DRC and the specifications for tasks, determination of the features and specifications required for demonstration experiments in Japan, and corresponding venue selection, task execution, and venue operation. This made it possible to provide participating teams with a robot development environment in which tasks could be evaluated in advance in a manner adapted to the demands and needs of the teams. Furthermore, for team demonstration experiments one month before the DRC, closer to the DRC venue, we similarly selected a task practice venue in the United States, executed tasks, and operated the venue. We also made the arrangements for transport of robots and peripheral equipment to the United States and handled the necessary customs procedures.
 The results of the project were presented at the “International Robot Exhibition” in December 2015. For this purpose, we built, decorated, and operated a field in the NEDO booth for demonstration of Disaster-Response Humanoid Robot in tunnels. We also planned and produced video of interviews with the developers of the humanoid robots for Disaster-Response Humanoid Robot and presented it as project results in the demonstration field.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る