成果報告書詳細
管理番号20160000000534
タイトル平成26年度ー平成27年度成果報告書 NEDOプロジェクトを核とした人材育成、産学連携等の総合的展開 RTミドルウェアの実践的展開 食と生活分野を目指したRTミドルウェアの新展開
公開日2016/7/7
報告書年度2014 - 2015
委託先名学校法人玉川学園玉川大学
プロジェクト番号P06046
部署名ロボット・AI部
和文要約件名:平成 26 年度ー平成 27 年度成果報告書 「NEDOプロジェクトを核とした人材育成、産学連携等の総合的展開/RTミドルウェアの実践的展開/食と生活分野を目指したRTミドルウェアの新展開」

1.「ロボカップ@ホームにおけるRTミドルウェア潜在ユーザの開拓」
1.1 RTミドルウェア講習会の実施
ロボカップ@ホーム参加者および将来的な参加希望者に対して、RTミドルウェアの講習会を実施した。2014年8月から2016年2月にかけて、計9回の講習会を実施した。講習会では、市販のロボット(Turtlebot2)を使い、RTミドルウェアによるプログラムでロボカップ@ホームのタスクを行った。計9回の講習会では延べ人数で,一般参加者440名とスタッフ57名の計497名が参加し,その内訳は教員41名,学生127名,社会人等329名であった.
1.2 ロボカップ@ホーム参加に向けてのホームページ整備およびコンポーネント配布環境の整備
ホームページ等での広報、講習会前後のサポートの為、ホームページを整備した。ホームページでは我々が開発、収集したRTコンポーネントを紹介するとともに、希望者はダウンロードして使用することを可能とした。
http://www.tamagawa.ac.jp/teachers/okada/cn43/pg361.html
2.「ロボカップからRoboCupへ:世界に向けての発信」
2.1 RoboCup世界大会でのRTミドルウェアの啓蒙活動
RoboCupを通じたRTミドルウェアの海外への普及をめざし、RoboCup世界大会の場でRTミドルウェアの紹介を行った。平成26年7月のブラジル大会において、パンフレット等の資料の配布およびRTミドルウェアのデモンストレーションを行った。平成27年も同様に,7月の中国大会において,パンフレット等の資料の配布およびRTミドルウェアのデモンストレーションを行った。
2.2 RTミドルウェアの利用を想定した競技会の開催
前述した講習会で使った市販のロボット(Turtlebot2)を標準プラットフォームとして限定した競技会を提案した。標準プラットフォームを使った競技会ではRTミドルウェアのようなオープンソースのロボットミドルウェアの利用が促進されると考えられている。本取り組みにより,ロボカップジャパンオープンの正式競技として採用され,ロボカップジャパンオープン2015(福井),ロボカップジャパンオープン2016(愛知)の各大会において実施された.
3.「RTミドルウェアを活用した植物工場のインテリジェント化の検討」
温度、湿度、照度、炭酸ガスなどLAN上に分散して接続されている様々なセンサやコンピュータをRTミドルウェアを利用して統一的に制御することを想定し、植物工場において、センサの故障やセンサのリプレースなどに対応した柔軟なセンサネットワークの構築の可能性を検討した。カメラによる生育のモニタリングに注目し、植物工場内の各所に分散して設置したWebカメラからの画像をネットワーク経由で送り、ホストコンピュータで監視できるようなシステムを構築した。
英文要約Title: Personal training based on NEDO projects and development of industry-academia collaboration/Practical development of RT middleware/ New development of RT middleware aiming at the applicability to the daily life.(FY2014-FY2015) FY2014 Final Report

(1) A workshop of RT middleware was put into effect to RoboCup@home participant and a future participation applicant for the purpose of pioneering of the RT middleware lurk user in RoboCup@ home. 9 times of workshop was put into effect from August, 2014 to February, 2016, and there were 497 participants. The details of the participant were as follows. 41(Faculty members), 127(Students), 329(others).
(2) For public relations on the Web sites and support before and after a workshop for RoboCup@ home participant, a web site was maintained. We assumed that it was possible by a web site that we develop it and introduce a collected RT component as well as download an applicant and use.
http://www.tamagawa.ac.jp/teachers/okada/cn43/pg361.html
(3) RT middleware was introduced at a place by the RoboCup world congress aiming at the spread to foreign countries of RT middleware through RoboCup. Distribution of material and a demonstration of RT middleware were performed in a Brazilian meeting in July, 2014 and in a China meeting in July, 2015.
The competition to which a commercial robot was limited as a standard platform was proposed. It was decided to put it into effect as a formal league in RoboCup Japan Open Fukui(May, 2015) and RoboCup Japan Open Aichi(March, 2016). I'll plan for more spreads of RT middleware through such competition from now on.
(4) Of the plant factory for which RT middleware was utilized, it becomes more intelligent, it was considered. I paid attention to a monitoring of growing by a camera image, and it dispersed at each place in the plant factory, and a picture from an installed web camera was sent via a network and the system that you can watch by a host computer was built.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る