成果報告書詳細
管理番号20160000000535
タイトル平成26年度ー平成27年度成果報告書 NEDOプロジェクトを核とした人材育成、産学連携等の総合的展開 RTミドルウェアの実践的展開 RTMによる人材育成・産学提携の社会実装者を核とした総合的研究開発
公開日2016/7/13
報告書年度2014 - 2015
委託先名国立大学法人東京大学
プロジェクト番号P06046
部署名ロボット・AI部
和文要約件名:平成26年度ー27年度成果報告書 NEDOプロジェクトを核とした人材育成、産学連携等の総合的展開/RTミドルウェアの実践的展開/RTMによる人材育成・産学連携の社会実装者を核とした総合的研究開発

RTM技術発展のために東京大学を核とし関係ネットワークを構築し交流を図るとともに、ロボットコンポーネントの周辺研究に基づき実現した教材などにより人材を育成した。
i)周辺研究:産業用ロボットの社会導入のためのRTミドルウェア(以下RTM)を用いた産業用汎用制御コンポーネントの開発を行い、当該コンポーネントを用いたミドルウェア技術の学習教材を開発した。この成果は、RTミドルウエアコンテスト2014にて、優秀RT技術賞,ベストコンセプト賞を受賞した。また、平成24ー25年度に実施したNEDO特別講座(国富)において開発したRTM簡易体験USBを発展させた教育用教材作成も並行して進めた。
ii)人材育成:周辺研究で実現した学習教材に基づき、東京都立産業技術研究センターの協力を得てミドルウェア技術の講習会を企業技術者対象に行った。またUSB教材を用いた人材育成を外部連携メンバーによる6大学にて実施し、Japan Robot Week2014、国際ロボット展2015等において展示や発表を行うことで普及活動を行った。特に、NEDOシンポジウムや国際ロボット展2015では、多数の来訪者があった。
その一方でRTMの実装能力を有する人材の育成に関して、RTM講習会(於:大阪工業大学(9/19))をはじめとして、計8回の講習会、RTMコンテスト(主催:産総研、SICE RTシステムインテグレーション部会、ロボットビジネス推進協議会)を実施することで、RTMのユーザ間、RTM 普及促進に資する技術者、研究者等の教育活動等を実施した。また、より深くRTMを用いたシステム開発手法を学ぶ場として、平成26、27年度それぞれにおいて、RTMサマーキャンプを開催した。さらに、大学教育における人材育成の一環として、大学院の講義の中で,RTミドルウェアのコンポーネントベースのシステムを構築するための設計論と、その表現方法としてのSysMLについて、本プロジェクトで開発したテキストで講義を実施した。本講義を通じて得られた知見を元に、受講生が,2014年のRTミドルウェアコンテストにおいて受賞するなど人材育成の効果が見られた。
iii)人的交流:研究拠点を中心に、企業経営者、技術者、高等教育機関の教育者、ロボット研究者等の専門家・ユーザや潜在ユーザ、金融機関からなる産業用ロボット社会導入ネットワークを構築し、SIerの育成を含んだ産業用ロボットの中小規模工場への導入を相模原市で図った。また、RTM普及に不可欠なRTMプラットフォームの維持、国際交流活動、標準化活動、ロボペディアの更新、下記標準化活動を通じた周知活動等を実施することで人的ネットワークの輪を拡大し、より広い技術領域へRTMを普及させる活動を実施した。国際交流活動、標準化活動としては、RTCの仕様の国際標準化を実施している国際標準化コンソーシアム Object Management Group (OMG)に出席し、RTコンポーネントの拡張仕様であるFSM4RTC(Finite State Machine for Robotic Technology Component)の標準化活動、および統一コンポーネントモデルUCM(Unified Component Model)標準化、ハードウェア抽象化のための標準HAL4RT(hardware Abstraction for Robotic Technologies)の動向把握などを実施した。
英文要約Title:NEDO special courses“(personal training based on NEDO projects and development of industry-academia collaboration”/ Practical development of RT middleware/ General research and development focused on social implementer of RTM on personal training and industry-academy collaboration (FY2014-FY2015)Final Report

The RTM (Robot Technology Middleware) related human network was constructed by the University of Tokyo to promote the utilization of the RTM. Also human resource development was attained by constructing the teaching materials based on the peripheral studies on RT components.
i)Peripheral Studies:Not only the RT components of industrial robot control were developed to introduce the industrial robot into variety of factories but also teaching materials was realized for learning the RTM based upon the RT component concept. The stated results were presented at the RT middleware contest 2014 and won a best RT technology as well as a best concept prize . The improved version of USB memory based teaching materials were also realized enabling to experience the RTM easily.
ii) Human Resource Development:Based on the stated teaching materials, the seminar on experiencing the RTM technology was conducted by having supports from the Tokyo Metropolitan Industrial Technology Research Institute(TIRI). Also the personal developments by the USB teaching material were took place at the six universities. Taking the opportunity of the Japan Robot Week2014 and the International Robot Expedition(i-REX), the RTM promotion activities were tried. As results, we had a lot of visitors in the Nedo Symposium of i-REX2015.
As for the development of human resource for RTM embedded system, such opportunities were planned and took place as eight seminars including the RTM seminar(@Osaka Institute of Technology), RTM contest(hosted by AIST, SICE System Integration(SI) Division, Robot Business Association). These seminars were effectively provided the educational opportunities for the RTM users, RTM utilizing engineers and researchers. In addition to these seminars, the RTM summer camp was organized to learn deeply about the RTM system R&D methods in 2014 and 2015 respectively. Furthermore, as for the human resource development in the University educational course, the design method of constructing a component based system and its expression tool of SysML were taught depending upon the textbook developed by the project. Based upon the learned knowledge, some students succeeded to win the prize of RTM contest in 2014.
iii)Personnel Exchanges:A network of introducing the industrial robots into the factories were realized controlled by the research center of this project consisting of manager of companies, engineers, lecturers of the university, robot researchers, users and potential users of robots, and bankers. The network promotes the introduction of industrial robots into the small and medium sized factories as well as human resource development of SIers in Sagamihara-area. Also the network was strengthened through the following activities such as the maintenance activity of RTM platform, international activities to realize standard through personal interaction, update of “Robopedia.”
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る