成果報告書詳細
管理番号20160000000604
タイトル平成26年度ー平成27年度成果報告書 エネルギー・環境新技術先導プログラム データセンタの省電力化を実現する大容量・高速光アーカイブシステムの研究開発
公開日2016/7/7
報告書年度2014 - 2015
委託先名三菱化学株式会社 大日本印刷株式会社
プロジェクト番号P14004
部署名イノベーション推進部
和文要約件名:平成26年度ー平成27年度成果報告書 エネルギー・環境新技術先導プログラム/データセンタの省電力化を実現する大容量・高速光アーカイブシステムの研究開発

大容量フォトポリマー媒体の開発(担当:三菱化学株式会社):
高速・高多重記録時に生じるメディアの感度低下を低減する検討を行った。標準組成では1ページ記録時に対する、150ページ記録時の感度低下率は42%だったが、フォトポリマーの反応制御剤種や添加量、樹脂マトリクスの最適化を行った改良組成では感度低下率を28%にまで抑制することができた。また、記録密度を向上するために新規高屈折率モノマーの委託合成を実施した。その新規モノマーを標準的な組成でメディア化して記録特性を評価したところ、現行メディアに比べてM/#が約1.4倍向上することが確認された。
東京理科大学にドライブ調整及び記録再生検証の使用目的で、50 mm □クーポン透過型メディア196枚・反射型26枚、130 mm φディスク24枚を提出した。更に、メディアの欠陥を低減するために媒体作製プロセスの改善検討を行い、記録層への気泡混入を防止することで大幅な欠陥低減に成功した。そのディスクを用いて東京理科大学にてディスク全面記録再生の実験を実施し記録ビット数で2TB/disc、ユーザー容量でおよそ1TB/discの記録密度が実証出来た。

位相・振幅多値記録の評価技術の開発(担当:大日本印刷株式会社):
位相計測用の位相アレイ、信号光のDC成分低減のためのランダム位相マスク、位置検出用の回折光学素子、位相多値記録検証用の位相板をナノインプリントリソグラフィーにより評価サンプルを作製した。そのサンプルの形状深さ(位相量)を測定し目的の値にコントロールすることが出来ることを確認した。
それらサンプルとスカラー回折理論による数値シミュレーションにて、位相・振幅多値記録の基本特性を評価し有用性を明らかにした。
英文要約Title:Advanced research program for energy and environmental technologies/Research and development of large capacity and high transfer rate optical archive system for reduction of power consumption in data center (FY2014-FY2015) Final Report

Development of high capacity photopolymer media
(Mitsubishi Chemical Corporation)
Desensitization, caused by the high-speed multiplexing light exposure, evaluated from the sensitivities at a single page and 150 pages multiplexing has been improved from 42 % to 28 % by the optimization of the chain transfer agents and resin matrix.
And we have synthesized a novel high refractive index monomer showing the M/# of 1.4 times higher compared with our standard monomer.
Moreover, remarkably less defect media were produced, and then used to realize the recording capacity of 1TB/disc through the whole area record/playback test.
The following media were provided to Tokyo University of Science in this contract period; 196 pieces of 50 mm square-shaped for transmission type, 26 pieces for reflection type, and 24 pieces of 130 mm disc-shaped.

Development of evaluation technology of phase and amplitude multi-level recording and reproduction
(Dai Nippon Printing Co., Ltd.)
Random phase mask for DC component reduction of the signal light, the diffractive optical element for position detection, and the phase plate of the phase multi-level verification were made by nanoimprint lithography. The precision accuracy of the sample depth was obtained by this lithography method.
The basic characteristics of multi-level detection in our optical system were studied by using these samples and numerical simulator based on the scalar diffraction theory.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る