成果報告書詳細
管理番号20160000000639
タイトル平成27年度成果報告書 クリーンコール技術海外普及展開等事業 石炭高効率利用システム案件等形成調査事業 タイにおける低品位炭焚きIGCCプロジェクト 案件形成調査
公開日2016/7/22
報告書年度2015 - 2015
委託先名三菱日立パワーシステムズ株式会社 三菱重工業株式会社
プロジェクト番号P15004
部署名環境部
和文要約クリーンコール技術海外普及展開等事業
石炭高効率利用システム案件等形成調査事業
「タイにおける低品位炭焚きIGCCプロジェクト案件形成調査」

要 約
 石炭は化石燃料の中でもっとも埋蔵量が多く、世界中に分散しているため、安定した供給が望めるエネルギーである一方、発熱量当たりの二酸化炭素(CO2)排出量が多いことから、その利用に際しては、高効率化によるCO2排出量低減が重要な課題となっている。
タイ国では、特にエネルギーセキュリティの観点から、同国政府が取り纏める最新の電源開発計画(Power Development Plan2015)において、過度な天然ガス依存の抑制 / 石炭焚き増加の方針を打ち出している。
このような状況下、タイ王国発電公社EGAT (Electricity Generating Authority of Thailand)は、同社の褐炭焚き基幹発電所であるMae Moh発電所の老朽既設亜臨界圧ユニット#8ー#9の設備更新を計画している。同発電所に隣接するMae Moh炭鉱で算出される褐炭は、高水分・高スラッギング性といった特徴を有しており、従来型微粉炭火力発電プラントに比較して、IGCCのメリットを発揮しやすい条件である。
本調査では、同設備更新に三菱日立パワーシステムズ(株)および三菱重工業(株)の空気吹き石炭ガス化複合発電(Integrated Gasification Combined Cycle:以下IGCC)技術の適用性を、従来型微粉炭火力(USC)と比較して行うことを目的とした。このため、EGATより提供されたMae Moh褐炭を使用したガス化試験および特性評価を実施し、同結果を概念設計ー事業性評価に反映した。
本調査の結果、以下に示す通り、Mae Moh褐炭を適用したIGCCプロジェクト実現のための有益な知見を得ることができた。
(1) Mae Moh褐炭を用いた石炭ガス化試験を成功裡に完了した。またガス精製システムの最適化検討をおこない、ガス化およびガス精製での技術上のリスクが克服できることを確認した。更に、結果を実機設計に反映することが可能となった。
(2) 経済性評価の結果、IGCCは既存技術(USC)と同等以上の優位性が得られることを確認した。更に、CO2・冷却水・灰等の環境要因に対して、IGCCが大きく改善に寄与することを確認した。
(3) これらにより、タイEGAT Mae Moh #8ー#9号リプレース案件向けに、IGCCの適用が十分に可能であるとの見通しを得た。
英文要約NEDO Project Formation Research on High-efficiency CCT
Project Formation Research for Low Grade Coal using IGCC in Thailand

Summary
 Coal is an important energy resource with large reserves and stable prices. However, due to the large CO2 emission rate per heating value from coal, the reduction of CO2 emissions by application of a highly efficient technology, that is, clean coal technology becomes an important issue in order to continue use of coal.
In Thailand, from the viewpoint of energy security in order to mitigate too much dependence on natural gas resources, the latest Power Development Plan 2015 issued by the Ministry of Energy had directed increase of coal fired power plant.
Based on this background, EGAT (Electricity Generating Authority of Thailand) has a plan to replace the older sub-critical coal firing #8 - #9 units in their Mae Moh power station, which utilizes the Mae Moh Lignite mined nearby.
Because of the features such as high moisture and slagging tendency which Mae Moh Lignite equips, it is much advantageous for Integrated Gasification Combined Cycle (IGCC) to enjoy its merit compared with conventional coal firing plants.
In this research, Mitsubishi Hitachi Power Systems, Ltd. together with Mitsubishi Heavy Industries, Ltd. had conducted a feasibility study to develop replacement project at Mae Moh power station applying Air-blown IGCC technology, including a gasification verification test of Mae Moh Lignite provided by EGAT and its reflection to the conceptual design.
The results of this research were summarized as follows, and the useful knowledge for the realization of Air-blown IGCC at Mae Moh power station were obtained.
(1) A gasification verification test had been finished successfully. An optimization study of gas clean-up system had been conducted and the mitigation of technical risk using Mae Moh Lignite had been achieved. These knowledge shall be reflected to Air-blown IGCC design.
(2) It was confirmed that the Air-blown IGCC achieved better economy compared with the conventional USC. Moreover, the better environmental performance such as CO2 emission, cooling water consumption and coal ash / slag disposal had been improved.
(3) Based on the results shown above, IGCC can be said to have enough capability for the replacement project of Mae Moh #8ー#9 units.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る