成果報告書詳細
管理番号20150000000262
タイトル平成26年度成果報告書 地球温暖化対策技術普及等推進事業 JCMプロジェクト実現可能性調査 メキシコ合衆国における食品飲料工場への高効率ガス機器の導入プロジェクトの案件調査
公開日2016/8/5
報告書年度2014 - 2014
委託先名株式会社レノバ
プロジェクト番号P11013
部署名省エネルギー部
和文要約本プロジェクトは、メキシコの食品飲料会社にコージェネレションコージェネレションシステムや高効率ボイラーを導入することにより、工場内の電力、熱供給といったユーティリティの大幅なエネルギー効率化を図るものである。
メキシコでは電気料金が高いため、電力を大量に消費する産業部門においては省エネルギーが従前からの課題であった。また、近年急速に開発が進む天然ガスパイプラインの拡大により、より安価なガスを利用したコージェネレーションを導入するための市場環境が整いつつある。
採用する技術は、世界最高クラスの発電効率を有するガスエンジンコージェネレーション、および先進国で既に高い省エネ効果が実証されている小型貫流ボイラーである。これらの導入により、食品飲料工場で電力と熱の大幅削減を行い、同時にGHG削減を実現する。
本調査では、本技術に高い関心を示しているメキシコ大手ビール会社(Cuauhtemoc Moctezuma Brewery、以下Cuauhtemoc社)の保有工場を対象に、ガスエンジンコージェネレーションシステムや高効率ボイラーを導入する際の技術検討、採算性検討、事業計画の立案を行った。また、横展開候補として、その他の大手食品飲料会社からのニーズ聴取、現地調査、現状分析等を行った。
提案においては、ガスエンジンやボイラーでの発電量、生成熱を余すことなく有効に活用できるよう、スペックや運転条件の設定を行った。また、これらガス機器を含め工場全体でのエネルギー収支を最適化させるべく、周辺システムの提案も合わせて行った。提案事業の初期投資額はおよそ10.5百万USD(約12.5億円)、年間コスト削減額は4.1百万USD(約4.9億円)、投資回収年数は約2.5年と見積もられた。Cuauhtemoc社としては、本提案は実現可能なものであるとの反応であり、今後事業実施に向けて具体的に動いていく方針である。
また、本調査ではコージェネレーションの導入、小型貫流ボイラーの導入に関するMRV方法論案を作成し、第三者機関による審査を受けた。本方法論案を用いて、本技術の導入によるメキシコにおけるGHG削減ポテンシャルを推計した。
今後は、1号案件の事業化を確実に行うとともに、メキシコ国内での事業展開に向けた活動を行う。エネルギー消費分析・機器導入・メンテナンスを一気通貫で行うパッケージ提案、および事業主体が持つガスバリューチェーンを活かした事業拡大戦略により、他社との競合優位性を確保する。
英文要約Energy-saving has always been an issue for the energy-intensive industry sector of Mexico due to the country’s high electricity rates. Recently observed rapid developments and expansions of natural gas pipelines is establishing a market environment for cogeneration system implementations using less expensive gas.

The project aims to achieve a substantial improvement in energy efficiencies of utilities such as electricity and heat supplies at Mexico’s food and beverage factories. By implementing project technologies including a gas engine cogeneration system that utilizes world’s top class power generation efficiency and a small once-through boiler with its high energy-saving effect that has already been verified in developed countries, electricity and heat consumptions as well as GHG emissions of the food and beverage factories will be drastically reduced.

Factories owned by Mexico’s major beer company (Cuauhtemoc Moctezuma Brewery; hereinafter referred to as “Cuauhtemoc”) were chosen for the project study. Technologies and profitability were discussed and a project plan was proposed of the gas engine cogeneration system and high efficiency boiler implementations. In addtion, interviews, on-site studies, analysis of the current status, etc. were conducted with other major food and beverage companies that may become the candidate sites for the future horizontal deployment of the project. Additionally, MRV methodologies for implementations of a cogeneration system and a small once-through boiler were developed and was reviewed by the third-party. These were used to estimate potential GHG emissions reductions in Mexico achievable by implementing the project technologies.

In the proposal, specifications and operating conditions of the equipment were set to fully utilize the electricity and heat generated by the gas engine and the boiler as well as to additionally provide proposal for peripheral systems to optimize energy balances of the whole factory. The initial investment of the proposed project was estimated to be about USD10.5 million, with an annual cost reduction of USD4.1million and a payback period of about 2.5 years. Cuauhtemoc indicated the proposal feasible and is expected to proceed toward project implementation.

Going forward, the first proposed project will be implemented and activities will be conducted for further project roll-outs. Differentiations against competitors will be made by providing a one-package proposal that includes services from energy consumption analysis, equipment implementations to maintenance, and by having a project expansion strategy that utilizes gas value chain held by the project owner.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る