成果報告書詳細
管理番号20160000000033
タイトル平成27年度成果報告書 学校のZEB化を促進する技術開発に関する検討
公開日2016/8/5
報告書年度2015 - 2015
委託先名株式会社三菱総合研究所
プロジェクト番号P12004
部署名省エネルギー部
和文要約件名:平成27年度成果報告書 学校のZEB化を促進する技術開発に関する検討

要約
本調査研究では、学校の現状及び将来動向について調査し、学校のZEB化に必要な事項とその課題を整理するとともに、その課題を解決するために、NEDOで実施予定である「テーマ設定型プロジェクト」において取り組むべき技術開発テーマや開発体制の在り方について検討することを目的としたものである。
上記の内容に関する調査研究のため、各種文献調査や学校に関わる各ステークホルダーへのヒアリングなどを実施するとともに、有識者による検討委員会を組織し、調査内容や結果の妥当性について議論を行うことで、最終的な課題の案を設定した。

各章の要旨を以下に示す。


<第1章 調査研究の概要>
本調査研究の背景・目的、内容、検討体制を整理した。本調査は、学校のZEB化に向けて、我が国として今後取り組むべき技術開発課題を抽出し、その課題を解決するための方針やNEDOが果たすべき役割について検討するものであり、「学校のZEB化を促進する技術開発に関する検討委員会」の専門的立場からの助言を踏まえながら実施した。

<第2章 学校の現状に関する文献調査>
学校施設のストック・フロー及びエネルギー消費特性に関する定量的データについて、既存調査や政府統計等の文献に基づき収集した。結果は、技術開発課題の抽出に向けたヒントを得られるようグラフ、表等で分かりやすく整理の上、検討委員会にて提示した。

<第3章 学校の将来動向に関する調査結果>
学校に係る将来動向として、避難所としての役割、学校の統廃合・他用途との複合化、環境教育の場としての役割等に着目して調査し、これらの動向を踏まえ、学校のZEB化を検討する際に留意すべき事項について整理した。

<第4章 先進事例の紹介(エコスクールパイロット・モデル事業とスーパーエコスクール実証事業)>
学校のZEB化に向けた取組みの先進事例として、文部科学省が実施したエコスクールパイロット・モデル事業及びスーパーエコスクール実証事業の成果について整理した。

<第5章 学校のZEB化に向けた技術開発課題に関するヒアリング調査結果>
学校特有の課題やそれを踏まえた研究開発課題の方向性、開発にあたっての体制・シナリオについて、学校の設計・運用に関わる各ステークホルダー(国、自治体、設計事務所、ゼネコン、コンサルティング、メーカー)へのヒアリング調査を通じて整理を行った。

<第6章 技術開発シナリオに関する調査結果>
5章に示したヒアリングの結果や検討委員会での助言等を踏まえ、NEDOで実施予定である「テーマ設定型プロジェクト」において目指すべき技術開発の方向性や広く汎用的に活用されることを想定した共通要件の整理方針などについて検討を行った。
英文要約Title : Technological Development for Promoting the ZEB Renovation of Schools FY2015 Annual Report

Abstract
This research is aimed to identify important approaches and issues in order to convert school into Zero Energy Building (ZEB) through analysis of current state and future directions of energy demands in schools. In addition, the research has also a purpose to establish which themes and systems for development of energy conservation technology should be applied to in “Project with an Established Theme” conducted by NEDO.

As methodologies for the investigation, literature review, reference database, and consultations with stakeholders were implemented. Also, an experts committee was organized to be held discussions.

The key points of each chapter are as follows;


Chapter 1 explains the background, purpose, context, and framework of the research. The research would indicate technological issues to be addressed in an effort to promote ZEB for national schools. In addition, what role NEDO should play to develop the solutions was discussed. Expert advice was given by “the Committee for Technological Development for Promoting the ZEB Renovation of Schools”.


Chapter 2 presents quantitative data of the energy stock-and-flow structure and the energy consumption in current school facilities gathered from existing literature and official government statistics. These data illustrated comprehensive in figure were submitted to the Committee.


Chapter 3 focuses on the expected role of school in near future, e.g. used as refuge by disasters, community use of school as a result of school district consolidation, in which an environmental education is given, etc. Through the trend analysis, the range of consideration which must be taken into account was identified when considering the installation of the ZEB renovation.


Chapter 4 presents an achievement delivered by the advanced model projects for the ZEB renovation “the Pilot Model Project for Eco-School” and “the Demonstration Project for Super Eco-School” by Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology.


Chapter 5 presents the result of interviews with key stakeholders (e.g. government agencies, municipalities, architectural firms, general contractors, consultants, and manufactures) on the school specific issues, system and scenarios for technological development to achieve ZEB.


Considering the result of stakeholder consultations in chapter 5 and the expert advice from the Committee, a versatile framework for technology development and future directions of development of energy conservation technology in “Project with an Established Theme” conducted by NEDO were evaluated.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る