成果報告書詳細
管理番号20160000000102
タイトル平成18年度成果報告書 「インドネシアにおける褐炭液化技術普及のための課題に関する調査」
公開日2016/8/23
報告書年度2006 - 2006
委託先名株式会社神戸製鋼所 千代田ユーテック株式会社
プロジェクト番号
部署名環境部
和文要約インドネシアで褐炭液化技術を普及する上での技術的課題および、褐炭ガス化を核とする化学コンプレックスの可能性について検討した。調査結果の概要を以下に記す。
(1)褐炭液化技術普及のための技術的課題に関する検討
インドネシアで褐炭液化技術を普及する上での技術的課題について、褐炭液化、および瀝青炭液化両パイロットプラントの建設、操業より得られた知見を元にして、褐炭液化商業プラントを設計する上で配慮すべき点を取りまとめた。
(2)褐炭ガス化技術を核とする化学コンプレックスのプロセス構成に関する検討
付加価値が高く、褐炭ガス化による合成ガスを合理的に利用することのできるプロセスを選定し、いくつかの化学コンプレックスのケースを設定のうえ、それぞれの経済性を調査し、経済性にインパクトを与える要素について検討を行った。
英文要約The various technical subjects for commercializing the brown coal liquefaction in Indonesia and. the conceptual schemes of chemical complex which are mainly consist of brown coal liquefaction process and coal gasification process were investigated.
The outline of those investigation results is the following.
1 Examination about the technical subject for brown coal liquefaction
commercialization The various items which should be considered in order to design the brown coal liquefaction commercial plant were adjusted based on the knowledge obtained from construction and operation of brown coal liquefaction and bituminous-coal liquefaction both the pilot plants.
2 Examination about the process composition of the chemical complex which uses coal gasification technology as a core.
The process which has high added value and can use synthetic gas obtained by coal gasification rationally was selected, and some kinds of cases of chemical complex were set up. The economical efficiency of each case was investigated and factor which gives impact to economical efficiency was examined.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る