成果報告書詳細
管理番号20160000000349
タイトル平成27年度成果報告書 国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業 普及促進事業/実証要件適合性調査/セミセルフリジェネバーナの加熱炉導入に関する実施可能性調査(マレーシア)
公開日2016/8/5
報告書年度2015 - 2015
委託先名中外炉工業株式会社
プロジェクト番号P93050
部署名省エネルギー部
和文要約件名:平成27年度成果報告書 国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業 普及促進事業/実証要件適合性調査/セミセルフリジェネバーナの加熱炉導入に関する実施可能性調査(マレーシア)

本調査は、今後大幅な経済成長が予想され、インフラ整備・旺盛な個人消費などを背景に粗鋼生産量の進展が期待されるマレーシア鉄鋼業に対して、NEDOプロジェクトとして1990年代に開発された省エネ技術であるリジェネバーナ普及促進を図るため、同技術の導入を見据えたモデル事業実施に向けて把握すべき基礎情報の収集を目的としている。特にマレーシアなどASEAN諸国において多く見られる小型加熱炉においてコンパクトなセミセルフリジェネバーナの導入可能性につき調査を行った。そのため各種文献調査によるマレーシア基本情報入手の他、マレーシア官公庁、業界団体、鉄鋼メーカとの面談を実施。また現地鉄鋼メーカのSouthern SteelBerhad社及びAnn Joo Steel Berhad社の2社において既設設備調査を行い、弊社未開拓の分野である小型加熱炉における省エネ効果や最適なシステムを検討した。天然ガス価格の度々の値上げや、政府として使用エネルギーを化石燃料から再生可能エネルギーにシフトする方針がある中、リジェネバーナがマレーシアで拡販できる素地は充分整っているといえる。この既設設備調査を踏まえ、今後マレーシアなどASEAN諸国における拡販への課題を抽出し、その解決方法を検討した。
英文要約Title : International Energy Consumption Efficiency Demonstration Project of Technology and System Promotion Project of Diffusion / Investigation of Demonstration Requirement Compatibility (Malaysia)(FY2015)

The aim of this study was collecting basic information which should be grasped for enforcement of model business of introduction of the technology which is glaring at introduction of the technology of regenerative burner which is energy saving technology developed in 1990 as NEDO project for the purpose of its diffusion to iron and steel industry in Malaysia where a large economic growth is expected in future and progress of the crude steel amount of production is expected backed by infrastructure building and large individual consumption. We investigated the possibility of introduction of compact semi-self-regenerative burner into small heating furnaces which are seen a lot in ASEAN members, especially in Malaysia. In addition to the acquisition of Malaysian basic information from various documents investigations, we had some interviews with Malaysian government offices, industry organization and iron and steel maker. Besides, at Southern Steel Berhad and Ann Joo Steel Berhad, we investigated the existing facilities and made a study on effect of energy saving and most suitable system for compact hating furnace which is uncultivated field to us. Even with frequent price increase of natural gas and use energy shift from fossil fuel to renewable energy as government policy, it may be said that the groundwork that the regenerative burner is expanded sales in Malaysia is regulated well enough. Based on this investigation of the existing facility, we clarified the problem to expand the sale of regenerative burner in ASEAN group like Malaysia and examined the solution of the problem.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る