成果報告書詳細
管理番号20160000000354
タイトル平成27年度成果報告書 国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業/実証要件適合性等調査/電気炉製鋼設備への環境対応型高効率アーク炉の適用に関する調査事業(欧州地域および周辺諸国)
公開日2016/8/5
報告書年度2015 - 2015
委託先名スチールプランテック株式会社
プロジェクト番号P93050
部署名省エネルギー部
和文要約EU鉄鋼業の粗鋼生産推移は、概ね1億7,000万トン/年のレベルで推移しており、現在は全世界で中国に次ぐ第二位に位置付けられる。粗鋼生産の内、電気炉での生産は約40%を占めている。一方EU周辺諸国であるトルコ鉄鋼業の粗鋼生産は、2014年現在、約3,500万トン/年で世界第8位、ヨーロッパ圏ではドイツについで第2位である。電炉鋼は約72%を占め、主要国の中では電炉鋼比率の高さが突出している。欧州連合(EU)は2011年1月に大型工場から排出される公害物質を規制する指令(Directive 2010/75/EU)を施行した。上記指令によりEU(EUへの加盟を目指しているトルコを含む)においては、鉄鋼業を始めとするエネルギー多消費産業において、環境・省エネ対策の推進が求められている。今回の「電気炉製鋼設備への環境対応型高効率アーク炉の適用に関する調査事業」は、NEDOより委託を受けたスチールプランテックが、欧州地域(含むトルコ)において、同モデル事業成立の可能性を調査したもので、我が国の実用化技術の適用により同地域での省エネルギー並びに温室効果ガス削減に貢献することを目指している。「環境対応型高効率アーク炉」とは、アーク炉溶解室内にて原料を溶解・昇温・精錬処理する際に発生する高温の排ガスを、炉本体と直結した原料予熱槽へ導入することによりスクラップを予熱して大幅な省エネルギーを図るとともに、追加エネルギー無しで排ガス中のダイオキシンなどの有害物質を抑制する画期的な環境対応型の省エネ技術である。平成27年度の本調査においては、欧州地域でも比較的電気代が高いスペイン、イタリア、トルコを重点的に本事業の適用技術である環境対応型高効率アーク炉の導入検討を行うとともに、NEDO事業の採用の可否についても調査を行った。調査は電気炉メーカ8社、およびトルコ鉄鋼輸出協会、トルコエネルギー・天然資源庁への訪問、ヒアリングを行った。いずれの電気炉メーカも、電力原単位の削減、環境規制への取り組みは急務な状態であり、「環境対応型高効率アーク炉」の導入に対しては非常に高い関心を持っている。中でも、トルコのA社は高い関心を示しており、既にレイアウト検討、初期投資額の見積作業等具体的な進展が見られたが、トルコ市況の悪化と財政上の問題から、現状は計画を一時停止せざるを得ない状況となっている。また、同じくトルコのC社も導入に対して具体的な検討を始めたが、こちらは独自資金にて計画を推し進めていくにあたり、NEDO事業の適用には消極的であった。また、その他の企業に関しても、NEDO事業の適用に関しては、財政的な問題、スケジュール感の問題等により、今回の調査では合致する企業を確定するには至らなかった。
英文要約Title:International Projects for the Efficient Use of Energy, Preliminary Study of the Model Project for Introduction of the Environmentally Conscious High-Efficiency Arc Furnace(EU and Surrounding Countries) FY2015 Final Report

Crude steel production of EU recovered to a level of 170 MTPY and is now positioned at the second place in the world following China. Approximately 40% of the crude steel of EU is produced through the EAF process. The crude steel production of Turkey as a surrounding country of EU is about 35MTPY and positioned at the 8th place in the world or the second place in the European region after Germany. 72% of the Turkish crude steel is produced through the EAF process and the rate is very high among the major steel production countries.EU put in force the Directive 2010/75/EU that regulates pollutant emissions from large scale factories in January, 2011. With the Directive, it is demanded to promote environmental and energy saving measures in energy-consuming industries such as steel industry in EU and surrounding countries like Turkey. This preliminary study was performed by JP Steel Plantech commissioned by NEDO, which investigated feasibility of the model project in the EU region(including Turkey) and is aimed for contributing energy saving and reduction of the green house gases(GHG) in the region by adopting an established technology of Japan. “Environmentally Conscious High-Efficiency Arc Furnace” is an epoch-making technology which can achieve significant energy saving and low emission of pollutants like dioxins by preheating raw material in a shaft directly connected to a melting chamber with high temperature gas generated in the melting chamber during the melting and refining process. In this survey conducted in the fiscal year 2015, a study to introduce Environmentally Conscious High-Efficiency Arc Furnace mainly to such countries as Spain, Italy and Turkey where electricity price is relatively high was performed, including possibility to apply a NEDO model project. The surveys were conducted by visiting to 8 EAF companies, CIB, Turkish Ministry of Energy and Natural Resources (MENR) for gathering various information. It is urgently required to reduce electricity consumption and to deal with environmental issues, and all of them are interested in introduction of Environmentally Conscious High-Efficiency Arc Furnace. Especially among the EAF companies, company A in Turkey has been showing significant interest and study of layout and preliminary estimation of the investment cost have already been worked out. Due to poor Turkish economical condition and financial problem, however, it had to suspend to develop the project. In addition, company C in Turkey has already started study to introduce “Environmentally Conscious High-Efficiency Arc Furnace”. In case of company C, however, it prefers developing the project with its own capital resource and is reluctant to utilize the NEDO model project scheme. As the other companies are in the similar situation due to problems in financial condition, project execution schedule, layout restrictions, etc., it was not possible to identify a suitable site candidate for the NEDO model project in this survey.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る