成果報告書詳細
管理番号20160000000356
タイトル平成26年度-平成27年度成果報告書 国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業 実証前調査「製鉄所向けエネルギーセンターの最適制御技術実証事業(インド)
公開日2016/8/10
報告書年度2016 - 2017
委託先名富士電機株式会社 パシフィックコンサルタンツ株式会社
プロジェクト番号P93050
部署名省エネルギー部
和文要約インド鉄鋼業は経済成長や人口増を背景に粗鋼生産量が増加し、2020年には世界第2位となる見込みである。鉄鋼業はエネルギー多消費型の産業の一つであるが、現状、インド鉄鋼業のエネルギー原単位は日本の1.24倍とされており、インド鉄鋼業の成長によりインドにおけるエネルギー消費量の増加に拍車をかけている。インド政府は世界的な環境規制を見据えて国内の省エネルギー規制を強化する方向にあるが、大規模な省エネルギーを実現するためには様々な省エネルギー技術の導入が必要な状況にある。鉄鋼業のエネルギー効率を改善するための手法の一つとして、エネルギーセンタの導入がある。日本の鉄鋼業ではすでにエネルギーセンタの導入率はほぼ100%となっており、一般的な仕組みとして普及しているが、インドでのエネルギーマネジメント手法として普及している状況にない。そこで、これらの手法をインドの鉄鋼業界に導入・普及させることによって、インドにおける大規模な省エネルギーを推進し、世界におけるエネルギー需給改善に貢献することを検討した。今回導入するエネルギーセンタという手法及び導入するエネルギーマネジメントシステム(EMS)は、エネルギー運用における全体最適を実現する、我が国の優れた技術である。具体的には、エネルギーセンタの基本機能である需給予測と最適化に重点を置き、複雑に絡み合う製鉄所内のエネルギー管理とエネルギーの運用効率を向上させて、トータルエネルギーコストを削減するために、「鉄鋼EMSパッケージ」を用いることとした。実証サイトとしては、一貫製鉄所であるSAIL社のISP Burnpur工場を選定した。本調査において、これらを適用した際の実証事業の効果を試算し、エネルギー消費量、温室効果ガス排出量、エネルギーコストがそれぞれ年間約11%削減できるという結果を得た。また、インドにおいて2030年までに計画されている製鉄所の増設及び新設計画、粗鋼生産計画に基づくと、この手法がインド国内において普及した場合にも十分な効果が期待されるところである。今後、当該手法を普及させていくにあたっては、エネルギーセンタ導入によるエネルギー削減効果を検証し、本手法の技術的優位性やコスト削減効果に対する認識を広めていく必要がある。世界的な省エネルギーや温室効果ガス排出削減に向けたモメンタムが継続する中で、本技術がインドにおいて普及し、省エネルギー効果を発揮するとともに、インド鉄鋼業の発展に寄与することを期待する
英文要約Title: International project for increasing the efficient use energy and system demonstration project Feasibility Study on Optimal control technology on energy center (EC) for steel plants in India (FY2014-FY2015) Final Report

Indian steel industry is expected to increase crude steel production against a background of economic and population growth and become the second largest in the world in 2020. Although the steel industry is one of the energy-intensive industries, currently, the specific energy consumption of the Indian steel industry is 1.24 times higher than in Japan and the growth of the Indian steel industry has spurred energy consumption increase in India. The Indian government is in the direction to strengthen the domestic energy-saving regulations in anticipation of global environmental regulations and is in the situation to require the introduction of a variety of energy-saving technologies in order to realize the large-scale energy-saving. The introduction of Energy Center is one of the methods to improve the energy efficiency in the steel industry. The introduction rate of the Energy Center in the steel industry of Japan has become almost 100% and widely used as a general method, but Energy Center hasn’t become a common method as an energy management technique in India. Therefore, it has been studied to contribute to the improvement of the energy supply-demand in the world, by promotion of the large-scale energy-saving in India with the introduction and dissemination of this method to the steel industry of India. The method of Energy Center and Energy management system (EMS) which will be introduced this time is Japanese superior technology for achievement of the total optimization in the energy operation. More specifically, a “Steel EMS Package” will be introduced in order to reduce the total energy cost by improvement of energy management and operational efficiency, which are complexly intertwined within a steelworks, focusing on supply-demand forecasting and optimization, which is a basic function of an Energy Center. ISP Burnpur plant of SAIL’s integrated steelworks is selected as the demonstration site. From this feasibility study, the result is obtained and the estimation of effects from the demonstration project by applying this method is calculated that energy consumption, greenhouse gas emissions and energy costs will be respectively reduced by about 11% per year. In addition, the sufficient effect can be expected in case that this method will become widely used in India, according to the plan of expansion and new construction of steel plants, and the crude steel production plan by 2030 in India. From now, it is necessary to verify the energy reduction effects by introduction of Energy Center and spread the awareness of the technical superiority and cost reduction effect, in order for the penetration of this method. As long as the momentum for the global energy-saving and reduction of greenhouse gas emissions will continue, it is expected that this technology will become widely used and produce the energy-saving effects, and contribute to the development of the Indian steel industry.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る