成果報告書詳細
管理番号20160000000497
タイトル平成26年度-平成27年度成果報告書 新エネルギーベンチャー技術革新事業 新エネルギーベンチャー技術革新事業(風力発電その他未利用エネルギー) 熱源利用冷暖房機の技術開発
公開日2016/8/5
報告書年度2014 - 2015
委託先名株式会社GF技研
プロジェクト番号P10020
部署名イノベーション推進部
和文要約現在市場で使用されている空調機(エアコン)は、一般的にフロン冷媒と圧縮機を使用して冷暖房するもので、多量の電力を消費する、地球温暖化を引き起こすフロン冷媒を使用している等の欠点がある。また、圧縮機を使用しない冷房機としては熱駆動の吸収式や吸着式があるが、真空チャンバーなどを使用した密閉式のもので筐体が大きく民生用のものはほとんど実用化されていない。これに対し、デシカントと水蒸発冷却を利用した開放型の熱駆動冷却装置が注目され多くの研究が行われているが、この方式も冷却が不十分で冷房機としては商品化されていない。このような背景のもと、我々は新しい冷房技術を発明し、これを組み込んだデシカント水蒸発換気冷房機を試作し評価を行った。その結果、空気線図上の所定の冷却工程を経て連続的に冷房運転ができることが確認できた。具体的には、冷房JIS条件において、冷房能力2.11kW(換気処理能力を含む)、吹出し温度降下9.4℃(導入外気の温度降下を含む)を達成した。熱効率については一般的な熱駆動冷房機と同等のレベルのCOP=0.44であった。この空調機の主要部品は、デシカント除湿器、新冷却器、湿度調節器であり、それぞれ独自の技術があるが、最も革新的な技術は新冷却器で構造、性能面において従来の間接水蒸発冷却器を大幅に凌ぐものである。この新熱駆動冷房機の開発によって、電気と熱が同時に発生する燃料電池や太陽光ハイブリッドエネルギーシステムを早期に市場に普及させることが期待でき、地球温暖化問題の解決に貢献できるものと期待している。
英文要約Title:New Energy Venture Business Technology Innovation Program / New Energy Venture Business Technology Innovation Program(Wind power generation and other untapped energies)/Development of the Heat Driven Cooling, Heating and Ventilation air conditioner (FY2014-FY2015) Final Report

Typical air conditioners cool the room air by making use of a compressor and Freon refrigerant. The disadvantages of these air conditioners are a large amount of electric power consumption and Freon refrigerant that is a negative impact on global warming. As the cooling method without using a compressor and Freon refrigerant, there are absorption or adsorption-type cooling machines. But these are not practically used for the market of consumer use because of high cost and big size. And the desiccant cooling device has been studied for many years but it is not yet completed for the market of air conditioners.Under such a background, we invented the new cooling technology and prototyped the new air conditioner and have conducted a performance test. As the results of the test evaluation, it was verified that the new air conditioner can cool the room as we expected. The cooling capacity 2.11kW was achieved and it was confirmed that the room air goes down by 9.4 ℃ when it is blown into the room again under JIS cooling conditions. Thermal efficiency was 0.44 which is equivalent to conventional thermal driven cooling machines.The main parts of this air conditioner are the desiccant dehumidifier, the new cooling heat exchanger and the humidifier. These parts are not conventional ones and these were originally designed and produced. Especially the cooling heat exchanger was designed by the new technology and is innovative in structure and performance.The technology of the new heat-driven air conditioner is expected that the hybrid energy system such as fuel cell and solar hybrid panel could be spread earlier in the market and contribute to the prevention to global warming.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る