成果報告書詳細
管理番号20160000000514
タイトル平成26年度-平成27年度成果報告書 環境・医療分野の国際研究開発・実証プロジェクト 準天頂衛星情報利用システム
公開日2016/8/31
報告書年度2014 - 2015
委託先名本田技研工業株式会社 株式会社ゼンリン 国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構
プロジェクト番号P14013
部署名ロボット・AI部
和文要約件名:平成26年度-平成27年度成果報告書 環境・医療分野の国際研究開発・実証プロジェクト/準天頂衛星情報利用システム

(1)ASEAN地域における基礎データ収集および補強信号の精度評価:QZSS補強効果の検証をバンコク郊外路、バンコク首都高速道路、バンコク市街路の3コースで行った。建物の影響の少ないバンコク郊外路で、GPS単独測位とL1-SAIF補強有り(後処理)との比較において、横方向誤差の1σ(68.27%)の誤差値で比較すると1.8mが0.4m、CMAS相当(cm級測位補強信号)方式(FIXかつ正解位置とするPOS-LVの標準偏差3cm以下の時)、及びMADOCA PPP AR方式(FIXかつLocal Correction後処理)は、0.1mを達成。リアルタイム測位では、GPS単独測位とL1-SAIF補強有りとの比較において、6.2mが3.9mと改善していることが確認できた。QZSSの補強信号の効果を確認でき、東南アジアにおいて日本と同様に利用可能であることを実証した。(2)QZSS利活用によるASEAN基盤地図整備の有効性評価:タイのバンコク市を対象とし、地図調整業務に対する有用性の検討・評価を実施した。2-1.「QZSSの高精度測位情報を含むデータを活用した、基盤地図補正」検討・評価では、衛星画像より図化した基盤地図を補正した結果、基盤地図の歪みが改善したところは全体の約56%であった。今回の検証は平地のバンコク市で行った為、衛星写真の補正前誤差が小さかったが、基盤地図の持つ歪みが大きい、標高差の激しい地域を対象にすることにより、更に歪みを改善することができる。また、補正処理過程にて発生したノイズを小さくすることで、本補正手法の有効性はより高まると考えられる。2-2.「高精度プローブデータを活用した、基盤地図更新」の検討・評価においては、新設道路と推定した箇所を現地調査した結果、75%以上が実際に新設道路であった。新設道路ではなかった箇所は、私有地もしくは駐車場であった。(3)QZSSの高精度ナビゲーションへの利活用と高精度プローブ情報収集の利用実証
3-1.QZSS高精度位置情報を活用したテレマティクスの市場性調査:QZSS利活用の可能性を下記領域について調査した。「自動車+物流(移動体)」領域:主にカーナビ・プローブ情報の収集活用、「情報提供サービス(LBS )」領域:主に普及したスマートフォン利用のLBS、対象国はインドネシア/シンガポール/マレーシア/ベトナム/タイの5ヵ国、上記領域において各種統計の利用や対象国の関連企業・組織へのインタビューを実施して、QZSS利活用範囲の基礎的事項となる現状の事業・産業規模を調査、考察した。2015年時点での市場規模は、5ヵ国合計で543億円、2020年には、2,011億円になると推定される。更にタイにおいてQZSSの高精度測位を利活用した経済的インパクトを推定した。高精度測位により解消、創出される金額総計は 2,310 億円と推計された。3-2.プローブデータにおけるQZSS高精度位置情報の利用評価:タイバンコク周辺で四輪車50台、二輪車47台を約2ヶ月間走行させ、QZSS受信機(L1-SAIF補強機能有)を用いてプローブデータの収集を行った。QZSSからの補正の有無ごとに精度比較・検証をおこなった結果、路線によっては補正ありの方が座標のばらつきが少ないことが確認できた。急減速解析は、より補正の効果が明確にでていることが確認された。交通流解析においても補正ありでは右折待ち渋滞など路線ごとの渋滞傾向の差を一部確認することができた。通行実績MAPは、実際の交通規制時や洪水時における四輪と二輪の差を確認できた。
英文要約Title:The International R&D and Demonstration Project in Environment and Medical Device Sector/QZSS information utilization system(FY2014-FY2015)Final Report

(1) Data Collection and Augmentation signal Experiment Results in ASEAN Region: This experiment was conducted in Bangkok, targeting 1) Suburban, 2) Highway, and 3) Downtown. As per the comparison of a) single GPS and b) L1-SAIF (post processing), 1sigma(68.27%) of the lateral error was improved from 1.8m to 0.4m in Bangkok suburban where the effects of building are minimal. Both A) CMAS (Centimeter-class Augmentation Service) and B) MADOCA-PPP AR (Post Processing + Local Correction) achieved lateral error of 0.1m when picking only fixed epochs. Even with real-time positioning, the accuracy improved from 6.2m (single GPS) to 3.9m (L1-SAIF). This study could confirm the validity of QZSS augmentation signals; thus QZSS can also be used in this region as Japan.(2) Effectiveness of Developing Digital Base Map of ASEAN by Utilizing QZSS: Studied whether QZSS is effective for mapping in Bangkok. Mainly two researches were conducted; 1) correction of digital base map by utilizing QZSS positioning information, and 2) update of digital base map by utilizing QZSS probe data. The results of 1) showed that approximately 56% of the errors on the digital base map, digitized from satellite imageries, were improved. Bangkok, a flatland, was selected for this research, but by choosing a mountainous area, where distortion of the digital base map is large, the results can be further improved. The results of 2) showed that above 75% of the roads identified were proved to be new roads, while the rests were either private roads or parking lots.(3) Verification of Utilizing QZSS Navigation and Collecting High-precision Probe Data: 1: Conducted market research on telematics industries by using QZSS for a)Vehicles + Logistics(Research on car navigation systems and probe data collection market), and b)LBS(Research on related smartphone-based LBS market). Interviewed relevant companies and organizations, and investigated the scale of the business to understand the scope of QZSS utilization in Indonesia, Singapore, Malaysia, Vietnam, and Thailand. The total market size of these five countries was 54.3 billion yen in 2015, which is estimated to reach 201.1 billion yen in 2020. Additionally, the economic impact of QZSS in Thailand was deeply studied and the total amount is expected to be 231 billion yen according to the improvements by utilizing QZSS. 2: Analyzed probe data by mounting QZSS receivers (L1-SAIF augmentation) on 50 cars and 47 motorcycles around Bangkok for two months for probe data collection. As a result, based on with or without QZSS augmentation, it was confirmed that variation of driving positions could be minimized by applying the augmentation. The effects were even greater for finding dangerous factors for sudden deceleration. Lane by lane traffic flow, such as congestions on right-turn lanes could be partially identified. The differences of roads actually traveled of cars and motorcycles, during roads blocked or floods, could also be identified.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る