成果報告書詳細
管理番号20160000000556
タイトル平成26年度-平成27年度成果報告書 我が国ロボットサービスにおけるイノベーション創出に関する調査
公開日2016/8/23
報告書年度2014 - 2015
委託先名学校法人常翔学園大阪工業大学
プロジェクト番号P09018
部署名ロボット・AI部
和文要約要約(和文)

日本が抱える高齢化社会問題等の社会的課題解決のために、サービスロボットの社会実装は、重要な施策である。重要な施策に関わらず、サービスロボットの普及が遅く、社会実装が至らない理由としては、1.ユーザーを巻き込んだ開発になっていない。2.ロボットを社会実装し、イノベーションを起こすためのプログラミングが無い。3.ロボットの社会実装の見える化が不十分であり、発信力が弱い。4.従来型のシステム思考的な取り組みでは、ロボット開発、普及に限界がある。5.イノベーション創出のための海外事例の調査が不十分である等が挙げられる。

そこで当該事業では、特に北米の大学等で先行しているデザイン思考に注目し、スタンフォード大学との共同でのワークショップ等の参加を通じて、その手法を調査し、いかにロボットの社会実装に結び付けるか考察を行った。

ロボットをロボットサービスとして、パッケージで輸出産業化するためには、北米のみならず欧州やアジアも含めたグローバルな視点での取り組みが必要となる。従って、欧州でのデザインの考え方やシンガポールでのロボット導入事例の調査も行い、各地域での特性や事情を整理すると同時に、グローバルな研究開発が今後推進できるようなロボットサービス分野でのグローバルネットワークの構築にも取り組んだ。

ユーザー視点に立ち、ユーザーを巻き込んだ開発を目指した、イノベーション創出プログラム構築の調査を行うために、具体的なロボット商材として、パーソナルモビリティやロボットシニアカートを選び、大阪工業大学の近隣にある、大阪で最大級の商店街「千林商店街」で、ユーザーを巻き込んだロボット実証も行った。

特にデザイン思考を導入する際に重要なポイントは、ワークショップによるロボットサービスのアイデア創出と、ロボットサービスの可視化によるユーザーの共感を得ることであり3Dプリンタ等を活用したラピッドプロトタイピング手法を用いたロボットサービスの可視化にも取り組んだ。

ユーザー視点で開発に取り組む際に、重要なのは、IoT(Internet of Things)等のロボット、及びロボット周辺技術動向との整合性を取る必要があるため、世界最大級の家電エレクトロニクスショーであるCES(Consumer Electronics Show)での最新技術情報の調査も行った。

一方で、大阪工業大学は2017年4月に大阪の中心地のひとつである梅田茶屋町に新キャンパスを建設中であり、新キャンパスに新学部であるロボティクス&デザイン工学部(仮称)を新設予定である。新学部の教育目標の一つが、技術やデザイン思考の素養を持つ、自らが率先してイノベーションを創出できるリーダー人材の育成である。従って、今回の調査事業の成果を新学部のカリキュラムに織り込むこととした。

新キャンパスでは新学部と連動して、社会人講座も実施する予定であり、特にロボットサービスによりイノベーションを創出するための社会人向けの教育機関である仮称「ロボットサービス・ビジネススクール」の実現を目指して、今回の調査事業の成果を活用して行く計画である。

当該事業の成果に基づく、啓蒙活動を行うために、2015年9月にはオーストリアアルスエレクトロニカでのプレゼンテーション、12月には梅田ナレッジキャピタルでの国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構と大阪工業大学の共催でのシンポジウムを開催し、対外発信も行った。
英文要約SUMMARY

In Japan aging society is coming and it becomes big problem. To solve social problem issue like aging society, implementation of Service Robot is one of effective and important measure. Regardless of important measure, spread of service robots was slow.

The reasons are as follows;
1. Robot user’s involve is not enough on Robot development phase.
2. There is no influential innovation creating programming for implementation of Service Robot.
3. Visualize and enlighten user benefit by social implementation of Service Robot is insufficient.
4. Conventional system thinking method come deadlock for developing useful Robot system for user.
5. Investigation into overseas example for innovation creation is insufficient.

OIT (Osaka Institute of Technology) paid in particular attention to design thinking method that is introduced to some North American universities to provide new education. Through participation to workshops by combination with Stanford University, OIT investigated effective technique to society implementation of Service Robot.

Japan has planned to export Service Robot System as package toward all over the world. To realize Service Robot System global exportation, not only the North America but also Europe and Asia user viewpoints are required.

For construction of global network in the robot service field, OIT has investigated the way of Europe Design Thinking Method and Singapore actual Robot use situation.

Personal mobility and Robotic Senior Cart ware chosen for investigation of user driven innovation, to establish influential innovation creating programming.

Personal mobility and Robotic Senior Cart are brought to Senbayashi Shopping Mall located near to OIT, and do clinical test to check usability and improvement points of Personal mobility and Robotic Senior Cart.

One of important process of Design Thinking Method is visualization by Rapid Prototyping. First step of implementation of Service Robot is People and Robots become close. Visualization by Rapid Prototyping cause sympathy for Robots and is very helpful for shorting distance between People and Robots. OIT made Rapid Prototyping reflected opinions and ideas of visitors in Senbayashi Shopping Mall using 3D Printer.

Nowadays, IoT (Internet of Things) is very important Robotics peripheral technology. OIT investigated the state-of-the-art information in the CES (Consumer Electronics Show) which was one of the world's largest household appliance electronics shows.

On the other hand, OIT is building new campus in one Umeda of the center of Osaka in Apr 2017. RDC (Robotics and Design Center) is one of important department of new campus.

One of education target of new department is upbringing of leader talented person who have quality of Technology and Design Thinking Method, and have capability of create innovation. Therefore, according to the result of this investigation, Curriculum of new department is arranged.

New education for Robot Service Innovation will be provided not only under graduated students but also graduated people at Open Social Class on OIT Umeda Campus.

Introduce the result of this project and enlighten implementation of Service Robot, For domestic, provide seminar under the participation in International Robot Exhibition and Hold Symposium at Umeda Knowledge Capital for domestic in Dec 2015. For overseas, provide seminar at Ars Electronica in Austria in Sep 2015.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る