成果報告書詳細
管理番号20160000000558
タイトル平成27年度成果報告書 国外の航空機開発及び航空機システム開発に関する動向調査
公開日2016/8/23
報告書年度2015 - 2015
委託先名一般社団法人日本航空宇宙工業会
プロジェクト番号P09018
部署名ロボット・AI部
和文要約件名:平成27年度 情報収集事業「国外の航空機開発及び航空機システム開発に関する動向調査」

我が国航空機産業の更なる競争力強化、市場活性化に向けて、調査検討を行い、その調査結果に基づいて、(1)から(7)の「航空機産業活性化シナリオ」を改訂した。業として発展させるためには、完成機事業を通じた成長戦略が重要である。まずリージョナルジェット機市場において、MRJ事業を通じて全機開発・製造分野のみでなく、販売、販売金融、アフターサービス(補用品ビジネスやMRO)や周辺ビジネス分野に取り組み、完成機事業が抱える課題を着実に克服する。次にMRJ事業で得た知見・経験を基に、将来的に、次世代完成機事業に向け着実に実績を積み上げることが重要である。【2】装備品;装備品は航空機産業の中でも重要な存在であるが、日本企業の実力は海外と比べて非常に低い。そのため、将来航空機の開発に向けて、我が国装備品企業がシステムサプライヤになるための能力向上を図る必要がある。「航空機・機体戦略」に基づいた装備品の技術力向上、実績の蓄積が重要であり、海外有力装備品企業との共同開発などからスタートし、着実に実績を積み上げることが重要となる。【3】エンジン:次世代エンジンに向けては、要素技術の高度化を、また次々世代エンジン開発に向けては、ハイブリッド推進、全電動化等 推進システムの大幅な技術革新を見据えた先行技術開発に着手することが重要である。(2)航空機に関する技術開発;国外の航空機開発に関する動向調査を実施した結果、国外では「電動化技術」「軽量化技術」「抵抗軽減技術」「エンジンの低燃費化技術」を重点的に取り組んでおり、それらの視点で技術開発ロードマップの見直しを実施した。(3)航空機システムに関する技術開発;将来航空機には、安全性向上、経済性向上及び環境負荷低減が求められており、欧米ではこれらに対応するための研究開発プロジェクトが進められている。特に、近年では「装備品システムの全電気化」、「操縦士の負荷軽減」及び「ソフトウエア開発効率等の向上」が重要なテーマとなっており、我が国においてもそれらへの対応が急務である。(4)認証体系の整備;認証プロセスにおいては多大な経費と時間がかかっており、短期的には国内企業が欧米の認証制度に習熟する為の支援が必要である。中長期的には欧米と同等な権限委譲制を充実、BASA による相互承認が望まれる。(5)サプライチェーン整備の課題;サプライチェーンの整備並びに航空機製品の市場を拡大するためには、技術開発以外にも、コスト競争力の強化、技術開発支援体制、Global能力の強化などについて検討する必要がある。(6)実証試験インフラの整備;今後、公的機関が整備する必要がある設備を抽出し、設備の必要時期を検討し、短期から長期に亘る設備導入のロードマップを一案策定した。特に、短期的に導入が必要な設備として、実証エンジン・テストセル、DO-160環境試験設備等を抽出した。(7)人材育成・人材確保; 完成機事業の成功の為に、今後更に重要性が高まるアフターマーケット人材を検討した。短期的にはEIS時の運航を支えるのに必要な能力レベル・人数確保における課題、中・長期的には就航機数に合わせた増員対応や日本の国情に合った人材育成プログラム等の課題を整理した。
英文要約Title: Information Collection Project// Survey concerning about the trend for foreign airplane development and airplane systems development(FY2015)

Research and examination was performed for further competitive power reinforcement and market activation of Japanese airplane industry.We revised "Industrial activation scenario " based on this time research and surveys.(1)The direction and strategy of aircraft industry aiming in the future;a)aircrcraft/structure; At first, in the market of a regional jet aircraft,through the MRJ business, we work on ,not only aircraft development and manufacturing field, but also,the field of sale, sale finance, after-sale service (spare parts business and MRO,etc.) and surrounding business field,and we overcome the problems of the MRJ business steadily. Next stage,It's important to pile results up based on the knowledge and the experience we got on MRJ business. b)Equipment; Japanese company of Equipment has to plan for the development of ability to become a system supplier for development of an airplane in the future. Technical power improvement of Equipment and accumulation of results based on "aircraft/structure" are important and start from joint development with an overseas strong enterprise of Equipment, and it becomes important to pile results up steadily. c)Engine; For next-generation Engine, It is important to start on the advancement of element technology of Propulsion system. For next-next-generation Engine,It is important to start on the precedence technical development that stared at substantial technological renovation of Propulsion system. (2) Research and surveys were conducted on the development of overseas civil airplanes and related technologies. More electric technology, Light weight technology, Low drag technology and Low fuel consumption technology are carrying out as focused technologies. We revised our technology development roadmap based on this time research and surveys. (3) Equipment technology development-related strategy; Improved safety, cost performance improvement and environmental load reduction will be asked from an airplane in the future, and correspondence to "Full electrical Equipment ","Pilot workload reduction aids" and "Efficient software development" is urgent business to achieve this. (4) Current situation and challenges regarding certification system; Japanese companies spend significant cost and time during certification process. In short term, Public support for companies to familiarize with the certification process of the United States and Europe is desirable. In medium and long term, enhancing delegation of authority system as in Europe and the United States and Bilateral Aviation Safety Agreement is desirable. (5) Supply chain development; It's also necessary to consider reinforcement of cost competitiveness and reinforcement of a technical development support system and the Global ability besides the technical development to develop supply chains and expand a market of airplane products. (6) Development of technology development and demonstration test infrastructure: We extracted the R&D and verification test facilities which a public agency should hold. We extracted environmental test facilities which can respond to DO-160 tests,Engine Test Cell ,as the facilities that at an early stage needed introduction. (7) Development of human resources and recruitment: To be successful aircraft industry, after market business will be more important. Short term issues (preparation of enough skillful staff to support operation at EIS) and medium and long term issues (aftermarket staff to match the number of aircrafts by training program that meets national circumstances of Japan) were clarified.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る