成果報告書詳細
管理番号20160000000776
タイトル平成27年度成果報告書 戦略的省エネルギー技術革新プログラム 省エネルギー技術開発事業の重要技術に係る周辺技術・関連課題の検討 衝撃力印加による粉末成形プレスの省エネ効果と市場調査
公開日2016/8/25
報告書年度2015 - 2015
委託先名三和システムエンジニアリング株式会社
プロジェクト番号P12004
部署名省エネルギー部
和文要約本調査は粉末成形業界の中の超硬工具業界やセラミックス業界における粉末成形プロセスの省エネルギー化を検討し、その市場調査を行う事で省エネルギー効果量を算出する事を目的とする。本調査では、粉末成形業界の中の超硬工具業界やセラミックス業界における粉末成形プロセスの消費電力を開発した40KN衝撃力プレス(平成25年度 イノベーション実用化ベンチャー支援事業)を用いて、従来の成形方法と圧縮成形中の粉末に衝撃波を印加する成形方法の摩擦抵抗を減少させた時の消費電力量を計測、比較して省エネルギー効果を算出する。この結果より得られた数値から、実用化するにあたって最適な駆動モーターを選定し省エネ型衝撃力プレスを構想する。構想した「衝撃波による」省エネ型衝撃力プレスの市場調査を行い、省エネルギー効果量を算出する。超硬工具業界とセラミックス業界に省エネ型衝撃力プレスの市場調査を行って推定した目標シェアを決定し、2030年までの省エネルギー効果量を10962.468GJ(原油換算286.975kl)と算出した。
英文要約The purpose of this study is to assess energy saving effect through the market research of improved powder impact velocity compacting process for ceramic industry and super-hard tool tip industry.By using developed 40kN impact capacity NC control press (the accomplishment of 2013 venture business supporting program), the assessment of energy saving is provided through the comparison of power consumption in improved impact applied powder compacting process with conventional powder molding process.The most suitable driving motor was selected based on the numerical value obtained by this assessment, and the design of energy saving type impact applied powder compacting press was performed.The market research of this new machine was performed, and then the effect of energy saving was calculated.The predicted energy saving effect by the year of 2030 is 10,962.468GJ (crude oil conversion 286.975kl).
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る