成果報告書詳細
管理番号20160000000512
タイトル平成27年度成果報告書 環境・医療分野の国際研究開発・実証プロジェクト ロボット分野の国際研究開発・実証事業 産業用ロボットシステムに係る研究開発(フランス)
公開日2016/9/2
報告書年度2015 - 2015
委託先名カワダロボティクス株式会社
プロジェクト番号P12001
部署名ロボット・AI部
和文要約件名:平成27年度成果報告書「環境・医療分野の国際研究開発・実証プロジェクト/ロボット分野の国際研究開発・実証事業/産業用ロボットシステムに係る研究開発(フランス)」

本事業は、国際研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構における「環境・医療分野の国際研究開発・実証プロジェクト/ロボット分野の国際研究開発・実証事業/産業用ロボットシステムに係る研究開発(フランス)」として、平成27年度に実施された。
ここでは「ヒト協働型ロボットのフランス市場への展開」をテーマとし、日本国内でここ数年工場内の組立工程などで採用が増加している「ヒト協働型ロボット」を用いて、フランス国内での実用化と事業化を目指したユーザ開拓とユーザ候補の工場での評価試験による市場調査を行った。
本事業の実施企業はカワダロボティクス株式会社であり、第1フェーズとして市場調査および技術調査、第2フェーズとしてフィージビリティスタディとしてユーザ企業をパートナーとする評価試験を実施した。本事業の中で、ヒト協働型ロボットの市場導入促進のための教示簡易化ソフトウェアの開発は、共同実施先である国立研究開発法人産業技術総合研究所知能システム部門と共に行った。
第1フェーズでは、市場調査として、三品業界における協働型ロボットの自動化ニーズのヒアリング調査を実施するとともに、評価試験を実施するときのパートナーとなるユーザ企業とインテグレータを探索した。市場調査およびユーザ開拓の効果的な実施のために、産業向けの双腕ロボットNEXTAGEおよび研究開発向けのNEXTAGE Openによるデモを見せながらヒアリングができる常設展示場を開設し、また、2015年7月にリヨンで開催されたフランス最大のロボット展示会Innorobo2015を活用した。
第2フェーズでは、第1フェーズで探索したユーザ候補の2社をパートナーとして評価試験工程を構築し、フランス国内の工場導入のための具体的な仕様策定を目的とする評価試験を実施した。評価工程としては、現在は人手で実施している化粧品を箱に入れる工程を選定し、NEXTAGEを用いた工程を構築した。評価試験の結果、タクトタイム、歩留まり率(不良品率)などの改善目標が明らかになった一方で、他のより当該ロボットに適した工程への導入検討を継続していくこととなった。評価試験工程の構築の中で現地インテグレータに双腕ロボットのティーチングや、協働型ロボットにおけるハンドや周辺装置の作り方の講習を実施し、技術評価も実施した。評価の結果、今回試用した4社は各社各様の長所・短所があるものの、今後も継続して交流を深めることにより、フランスで事業展開する上でのパートナー候補となりうると考えられる。
また、本事業では、ヒト協働型ロボットの導入促進のためのロボットへの動作教示コストを軽減するソフトウェア開発として、(1)先端研究の成果を産業用途に使えるようにするため、研究向けのNEXTAGE Openで作成した動作をNEXTAGEで利用可能とするソフトウェアシステム、および、(2)過去に教示に用いたデータを再利用できるソフトウェアシステムを開発した。これらのソフトウェアはオープンソースとして開示され、今後実用化に向けて開発を継続していく計画である。
 本事業の結果、フランス市場においてヒト協働型ロボットを事業化するための要件として所期の目標として掲げた、(1)三品業界でヒト協働型ロボットを事業化するのに必要な技術課題の定量化、(2)3社のSIerの育成、(3)2社の試験工程の設計製作(4)10社程度の顧客候補の獲得、を達成した。また、市場調査の中で現地自治体であるサンカンタン市との交流を深め、今後の公的機関の協力体制構築に向けて寄与することができた。
英文要約Title: The International R&D, Demonstration Project in Environment and Medical Device Sector / The International R&D and Demonstration Project on Daily Life Assistive Robotic Devices / The Research about the Industrial Robot System in France (2015) Final Report

“The International R&D, Demonstration Project in Environment and Medical Device Sector / The International R&D and Demonstration Project on Daily Life Assistive Robotic Devices / The Research about the Industrial Robot System in France” commissioned by NEDO ー This project was carried out in 2015 for the market development of “Cobot”, the cooperative robot based on the Japanese technology, in French manufacturing business.
Kawada Robotics Corporation conducted this project, that consists of Phase1: Marketing Research and Phese2:Feasibity Study. And in this project, the software development for easing the teaching process for “Cobot” was partly conducted by AIST.
 In Phase 1, checking the needs of automation by “Cobot” in the manufacturer of Food, Drug and Cosmetics (so called “Sanpin” industory) as the Marketing Research、and seeking the Partner for the Feasibility Study in Phase 2. For promoting the activities of the first phase effectively, the demonstrations by the dual-arm robot NEXTAGE for industrial use and the NEXTAGE Open for the R&D use were prepared in showroom in Paris and in the exhibition of Innorobo 2015.
In Phase 2, the Feasibility Study was conducted as “the Evaluation Test” with 2 partners in the cosmetics industry. The individual packaging process was selected for the each Evaluation Test and automated with NEXTAGE. As the results of the evaluation tests, while improving targets such as tact time or yield rate (defect rate) became concrete, the user decided to seek the other more adequate process for that robot system. In developing the demonstration process for the Evaluation test, 4 local SIer were educated and evaluated the technical aptitude by such as the lecture of the teaching of the robot and the lecture of the designing of the hand and peripheral apparatus. As the results, though these four companies have different advantages and disadvantages individually, with continue deepen technical information exchanges, these companies are considered as the potential partners in order to business development in France in the future.
 And in this project, two software system were developed to reduce the teaching cost of the cobot, (1) motion generation software commonly used for both NEXTAGE Open and NEXTAGE, and (2) automatic assembly motion generation based on reuse of previous teaching motion. These software will be disclosed as OSS (open source software), and will be developed for the practical use.
The results of this project, listed as the intended goal of the requirement for the commercialization of cobot in the French market, (1) the quantification of the technical issues necessary to commercialize human collaborative robot in “Sanpin”industry, (2) development of 3 SIers, (3) design and manufacture of the test lines with two partner companies in cosmetic industry, (4) acquisition of at least 10 companies of the potential customers, was achieved. Also, this project partly contributed to deepen relationship of the future cooperation building with Saint-Quentin City, one of the public organizations in France.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る