成果報告書詳細
管理番号20160000000598
タイトル平成26年度ー平成27年度成果報告書 インフラ維持管理・更新等の社会課題対応システム開発プロジェクト インフラ維持管理用ロボット技術・非破壊検査装置開発 災害調査用地上/空中複合型ロボットシステムの研究開発 
公開日2016/9/10
報告書年度2014 - 2015
委託先名株式会社日立製作所 株式会社エンルート 八千代エンジニヤリング株式会社 国立研究開発法人産業技術総合研究所
プロジェクト番号P14011
部署名ロボット・AI部
和文要約件名:平成26年度ー平成27年度成果報告書 インフラ維持管理・更新等の社会課題対応システム開発プロジェクト/インフラ維持管理用ロボット技術・非破壊検査装置開発/災害調査用地上/空中複合型ロボットシステムの研究開発  土砂崩落、火山災害及びトンネル災害現場では、現場の条件が過酷であり二次災害の危険性が高いことから人の立ち入りが制限され、現場状況の的確な把握、更には今後の状況変化を予測することは極めて困難である。災害現場においては、一刻も早く現場の詳細な状況を把握し、的確な状況把握や被害予測を行い、災害対応策の検討、迅速な実施が求められる。このような危険性が想定される災害現場においては、技術者等の派遣が困難であるため、情報収集や各種作業におけるロボット技術の活用が今後益々重要になると考える。機動性の高い無人飛行ロボットを活用した災害現場上空からの状況把握(地形解析、詳細映像等)や、トンネル内など空中からでは把握が困難な現場に対して無人車両ロボットを活用した状況把握などである。さらに、上記で取得した災害情報に加え、対象地域の避難経路や避難場所情報、気象情報、他機関が取得した情報等も併せて可視化することで、現場管理者が的確な判断を実施することが可能となる災害情報を提供するシステムも含めた提供が必要であると考える。このため、災害時の初動調査および情報収集を実現するシステムとして「災害調査用地上/空中複合型ロボットシステム」の開発を進め、その実現とその後の実用化/事業化のために、大きく分けて以下の3つの研究開発を行った。
・無人調査プラットフォーム車両システム ・無人調査プラットフォームヘリシステム ・災害調査情報の可視化及び災害情報データベース
英文要約Title:Research and development of the unmanned ground and aerial compound type robot system for the disaster investigation In case of landslides, volcano disasters and tunnel disasters, on-site conditions quickly change and are very severe to investigate, and also possibility of secondary disaster is considerably high. In such ares, admittance of entry to the sites are limited and it is extremely difficult to predict the change of disaster situation from outside of the areas. In the disaster sites, detailed on-site information, precise situation recognition and damage prediction must be required as soon as possible for rapid disaster response.So far, it has been considered necessary of utilization of disaster response robots for gathering information and/or perfoming various tasks in the disaster sites where access of human is difficult. Unmanned arial vehicles called drone has been already utilized in the disaster sites for its high maneuverability to investigate disaster situations from the air. On the other hand, unmanned ground vehicles must be effective for gathering information in the areas that difficult to be seen from the air. We propose the integrated system of UAVs and UGVs for gathering multidirectional information. Also, in addition to the disaster sites’ information, such as site photographs and topography maps, we think the total visualization system based on GIS is important that can provide various information, e.g. evacuation routes, evacuation areas, and weather information by integrating information acquired by other teams or organizations.We carried out the following research and development to realize the proposed system for initial disaster response and further practical use and commercialization. ・Unmanned investigation platform vehicle system ・Unmanned investigation platform copter system ・Disaster information database and visualization system of the disaster investigation information
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る