成果報告書詳細
管理番号20160000000800
タイトル*平成27年度中間年報 戦略策定調査事業 ナノテクノロジー・材料技術分野の技術ロードマップ2016の策定に関する調査
公開日2016/9/15
報告書年度2015 - 2015
委託先名みずほ情報総研株式会社
プロジェクト番号P99029
部署名材料・ナノテクノロジー部
和文要約 国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」という。)は、経済産業省との協力の下、ナノテクノロジー・材料技術分野の激しい国際競争を我が国が勝ち抜くための技術開発を推進している。また、同分野の技術開発事業の企画立案、マネジメント等に資するための情報基盤として、技術ロードマップを策定している。
 本事業では、ナノテクノロジー・材料技術分野の国内外の政策や技術開発の進展等最新の情報を把握すると共に、10年ー15年後の将来に予測される社会や、日本のナノテクノロジー・材料産業の状況を想定したうえで、今後日本として取り組むべき技術について検討を行った。
 以下に、平成27年度の具体的な実施内容を記す。

1)今後推進すべき領域の整理、市場・技術のベンチマーク
 文献調査等により、ナノテクノロジー・材料技術分野の国内外の政策や技術開発の進展等、最新の情報を把握すると共に、10年から15年後の将来に予測される社会や日本のナノテクノロジー・材料産業の状況を想定し、今後のナノテクノロジー・材料技術分野における取り組みの方向性を検討した。

2)ナノテクノロジー分野のロードマップの更新・策定
 調査項目1における分析・整理結果、及び各種文献調査やヒアリング調査結果等に基づき、ナノテクノロジー分野の技術ロードマップの更新、新規技術の追加(2項目)及び技術戦略マップ2009の当該分野における予測と現状の比較を行った。また、産学官の有識者で構成されるワーキンググループを設置し、今後ナノテクノロジーがターゲットとすべき応用分野・産業分野に関して検討を行なった。

3)材料分野のロードマップの策定
 ナノテクノロジーでは扱えない新規機能性材料(バルクもしくはミクロン以上の単位で機能を発現する新規材料)を取り上げ、文献情報等により収集した機能性材料分野の応用分野や技術開発動向等にもとづき機能性材料分野全体を俯瞰する技術マップの作成を行った。また、産学官の有識者で構成されるワーキンググループを設置し、今後取り組むべき具体的技術項目についての検討を行なった。
英文要約 New Energy and Industrial Technology Development Organization(NEDO) and Ministry of Economy, Trade and Industry(METI) have been promoting research and development(R&D) programs, so as to bolster the competitiveness of our country in the manufacturing industries. Strategic Technologies Roadmaps (STRs) over the wide spectrum of technology fields have been also provided as fundamental infrastructures to assist the planning and the management of the government-led R&D programs.
In this survey, we have investigated the latest trend in the R&D of nanotechnology and material technology and forecasted future society which will be realized in 10 or 15 years future. Based on the survey results, the target technologies which should be tackled have bed discussed.
Following surveys have been carried out.

1) Policies, R&D and market trends in domestic and foreign countries
We have carried out the survey for the administrative policies, the R&D progress and the market trends in domestic and foreign countries. By analyzing information assembled through the survey, we have prospected the 10 to 15 years future of the society, and the industries and then extracted the problem to be solved by using the nanotechnologies and the material technologies.

2) Roadmap in nanotechnology
Based on the results from the survey of item 1), we have updated the roadmaps of nanotechnology and carried out the comparison between the scenario in the STRs in 2009 and the current status. The strategy for nanotechnology implementation has been also discussed by the expert board named “nanotechnology working group”.

3) Roadmap in material technology
Based on the result from the survey of item 1), we have made technology to overlook the technology of functional material. The challenging technologies on a long-term basis which have also been discussed by the expert board named “functional material working group”
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る