成果報告書詳細
管理番号20160000000819
タイトル平成27年度ー平成28年度成果報告書 地球温暖化対策技術普及等推進事業 JCMプロジェクト実現可能性調査 カンボジア王国における超軽量太陽電池モジュールによるバベット経済特区群メガソーラー開発プロジェクトの実現可能性調査
公開日2016/9/22
報告書年度2015 - 2016
委託先名株式会社日本開発政策研究所 旭硝子株式会社 アジアゲートウェイ株式会社
プロジェクト番号P11013
部署名国際部
和文要約プロジェクト概要: 本調査は、カンボジア王国(以下、「カ国」)のスヴァイリエン州、バベット市に位置する経済特区(SEZ)を対象に、超軽量太陽電池モジュールの設置・普及によるCO2排出削減を目指し、その実現可能性を検討することを目的とした調査である。バベット地域は、ベトナムからの輸入電力に依存しており、現在、電力不足と系統電力の不安定化が深刻な問題となっている。そのため、同地域のSEZ入居企業の生産活動に支障をきたしている。バベット地域に立地しているASEZでは、電力需給が極めて逼迫していることから、SEZ内の電力増強、電力安定化に対する意欲が高く、かつ高品質の太陽電池システムの導入に対する関心が寄せられた。本調査では、JCM実証事業の実施に向けた合意形成ができたASEZにおいて、2.8MWのルーフトップ太陽光システムを導入する事業実施可能性があることを確認した。

技術(製品・サービス)概要: 本事業における導入技術は、旭硝子株式会社が屋上設置向けに開発した超軽量太陽電池ライトジュールを適用する。このライトジュールは、薄くて強い化学強化特殊ガラス“Leoflex”をカバーガラス として使用することで大幅な軽量化を実現している。旭硝子株式会社は、化学強化ガラスにARコーティングを施して、発電効率と耐久性を高めたパネルの開発を進めており、本事業では、このLeoflex ARを導入する計画である。また、本調査において、系統電力、ディーゼル電力、太陽光電力の3つの域内電力の効率的な運用と全体的な需給調整を行う重要性が確認できた。そのため、本事業では、蓄電池、エネルギー管理システム(EMS)、アモルファス変圧器等の導入を検討した結果、Advanced EMS(AEMS)の導入を想定することとした。

MRV手法概略: 方法論案は、既存のJCM太陽光発電に関する方法論(PW_AM001)を参考に作成する方針とし、本事業の基本的な排出シナリオとしては、レファレンスシナリオではプロジェクトが存在しなければ系統電力を消費する、また、プロジェクトシナリオでは本事業の太陽光発電が系統電力に置き換わるものとする。即ち、温室効果ガスの排出削減量は、太陽光発電量に置き換わった系統電力量をベースとし、これに伴う温室効果ガス排出量を排出削減量とする。

想定排出削減量: プロジェクト単体(出力2.8MW)による温室効果ガス削減効果は、年間約2,343トンである。波及効果としては、カ国には20以上のSEZがあり、同規模で波及した場合、年間46,860トンの削減量が見込まれる。

事業化の見通し・課題: SEZにおける電力需要の確保および安定的な電力供給は、東南アジアおよび南アジアのSEZに共通する課題である。従って、工場屋根を利用した屋上設置型太陽光発電システムの事業化価値は極めて高いことが確認できた。本提案システムが、NEDO JCM実証事業に採択されれば、Leoflex ARの技術的優位性と、系統電力、ディーゼル発電機、太陽光発電の電力利用を最大化するエネルギー管理技術との統合システムの有効性を実証することを検討している。このJCM実証事業を通じて事業化を推進すれば、統合された日本の技術が、今後、カ国はもとより東南・南アジアに広く受け入れられ、包括的環境改善に寄与すると考えられる。
英文要約Outline of the Project: This survey aims to reduce CO2 emission by and disseminating Ultra-Lightweight rooftop PV module under the Joint Crediting Mechanism (JCM) within Special Economic Zones (SEZ) in the Bavet city of Svay Rieng Province in Kingdom of Cambodia. At present, lack of electricity capacity and unstable grid electricity are impeding the operation of factories in SEZs in Bavet. The area is solely relying on imported electricity from Vietnam. With the current shortage of electricity in Vietnam, the area is at a risk of continuous electricity supply. Hence, strengthening of electricity capacity is an urgent need for those SEZs. Among the SEZs in Bavet, ASEZ showed strong interests to install additional power and high quality rooftop solar system for the stable power supply within the SEZ. Therefore, this survey targeted to set up rooftop solar system at factories in ASEZ, who agreed to cooperate in a JCM Demonstration Project. The system capacity is set as 2.8MW.

Summary of Technology: In the proposed project, Ultra-Lightweight PV module called Light Joule developed by Asahi Glass Co., Ltd. will be introduced. This module developed especially for rooftop application by using “Leoflex” as a cover glass which has its strength improved with a chemically tempering process. In specific, AR coated Leoflex with increased power generation efficiency and strength will be used as a PV panel. During this survey, it became apparent that the efficient energy is crucial in the SEZ where the multiple sources of energy including grid electricity, diesel generation and solar power will be utilized within SEZ. In this survey, application of battery, EMS, Amorphas transformer were investigated and as a result, the Project chose Advanced EMS (AEMS) to be included in the system.

Summary of MRV Methodology: MRV methodology was considered based on the existing JCM solar power generation project (PW_AM001). As a basic emission scenario, reduction of CO2 emission will be based on the replaced national grid electricity by solar PV system.

Assumed CO2 Reduction: CO2 reduction from the Project (2.8MW) is estimated as an approximately 2,343 tCO2e/year. As a spillover effect, assuming over 20 SEZs in Cambodia are to install the same system with the same scenario, the CO2 reduction can be estimated as 46,860 tCO2e/year.

Prospects of the Project: Meeting energy demand and supplying stable electricity is the common challenges of SEZs in Southeast and South Asia. Therefore there are great demand for the integrated approach of new energy development and energy saving mechanism. If the proposed system is applied to and selected as a NEDO JCM Demonstration Project, the technical advantage of Leoflex AR and system advantage with energy management technology shall be demonstrated during the Project. After the successful implementation of the Project, packaged Japanese technology can be disseminated not only in Cambodia but also in Southeast Asia and South Asia.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る