成果報告書詳細
管理番号20160000000820
タイトル平成27年度ー平成28年度成果報告書 地球温暖化対策技術普及等推進事業 JCMプロジェクト実現可能性調査 インドネシア共和国における省エネ型複合廃棄物処理熱回収システム実証事業プロジェクトの案件調査
公開日2016/9/28
報告書年度2015 - 2016
委託先名DOWAエコシステム株式会社 八千代エンジニヤリング株式会社
プロジェクト番号P11013
部署名国際部
和文要約インドネシア共和国は経済発展に伴い有害廃棄物(以下、B3廃棄物)が増加している。そのため、廃棄物発電等の有効利用需要も増大している。本調査の目的は熱源としての廃棄物の有効活用を通じ、化石燃料を削減することにより、JCMに適合した「省エネ型複合廃棄物処理熱回収システム」の実現可能性を検証することである。
インドネシア共和国でのカウンターパートはB3廃棄物最終処分場の許可を持つインドネシア唯一の会社であるPPLi(PT. Prasadha Pamunah Limbah Industri)社である。
本システムの処理能力を設定するため、PPLi社へ既に入荷している廃棄物の中から、熱源として利用可能な廃棄物を調査した。
結果として、年間300日稼働とした場合、1日に50t程度であった。
そのため本システムの処理能力は50t/日に設定した。
助燃剤削減の観点から、可燃性廃棄物やPPLi社最終処分場から発生するメタンガスも調査した。
そして、これらを取り扱うための施設、発電時の売電、MRV方法論を調査することとした。
調査内容は5つに分かれ、その結果は以下の通りである。
1.助燃剤代替品調査
助燃剤代替となる廃棄物として、紙、プラスチック類、廃タイヤ、廃油、HFCs等のマスフローを調査した。
ジャカルタ近郊に、年間数十万tの廃棄物が存在する可能性が示唆された。
2.PPLi社最終処分場からの発生ガス調査
PPLi社最終処分場から発生するメタンガスを調査した。
結果として、平均メタンガス濃度は46.8%、発生量として45.5m3/h程度であった。
3.エネルギー利用環境調査
発電及び売電をするための情報を調査した。
廃棄物発電に関して、10MW未満の発電に対する買取単価を確認した。
4.燃焼施設含む設備建設調査
B3廃棄物燃焼処理の許認可を調査した。
土地の許可及び環境影響評価(AMDAL)が施設建設に必要である。
試運転にも許可が必要である。
試運転後にB3廃棄物燃焼処理業の許可を申請する。
PPLi社では現在、AMDALの申請を進めており、KLHKの判断を待っている。
廃棄物燃焼施設に関して、燃焼施設仕様を調査した。
調査1ー3の結果と併せ、PPLi社最終処分場から発生するメタンガスや助燃剤代替品を活用することによって、通常操業時には助燃剤を必要としない施設を建設可能であることがわかった。
また、蒸気回収による発電も可能であることがわかった。
5.MRV方法論の開発
本調査で提案するシステム導入による助燃剤及び電力使用削減により、GHGを削減する方法論を開発した。
リファレンスシナリオは「廃棄物の単純焼却」とした。
リファレンスのGHG排出量はプロジェクトと同規模の焼却施設の原単位データから算出することとした。
結果として、我が国の産業廃棄物燃焼炉と比較し、およそ2,000t-CO2/年程度のGHG削減効果が見込める推計となった。
英文要約B3 waste has increased along with Indonesia’s economic growth, resulting in a growing demand for effective use of waste-to-energy. The purpose of this study was to verify the feasibility of the JCM-compatible energy saving and heat recovering waste treatment system by reducing fossil fuel use through effective use of waste as a heat source.
The counterpart in Indonesia is PPLi, the only company in Indonesia with a permit for B3 waste landfill.
To determine the processing capacity of the system, heat-recoverable waste found among the waste already delivered to PPLi was studied as a heat source.
So the processing capacity of the system was set at 50 tons per day.
Flammable waste and methane gas emissions from PPLi’s landfill were also studied from the perspective of combustion aid reduction.
The facilities for handling the waste and gas, the selling of the generated electricity and the MRV methodology were then studied.
The study was divided into five sections and the results are as set out below.
1. Study on Substitute Fuel
The mass flow of paper, plastics, tires, waste oil and HFCs was studied as waste that would serve as combustion aid substitutes.
The possible existence of hundreds of thousands of tons of waste a year in the suburbs of Jakarta was suggested.
2. Study on Gas Emissions from the Landfill of PPLi
A study was conducted on methane gas emissions from PPLi’s landfill.
The results showed gas emissions of around 45.5 m3/h with an average methane concentration of 46.8%.
3. Study on the Environment for Energy Utilization
Information for generation and selling of electricity was studied.
The purchase unit price of waste-to-energy-generated electricity under 10MW was confirmed.
4. Study on the Construction of Facilities including Incinerator
The licensing procedure for B3 waste incineration was studied.
A land permit and environmental impact assessment (AMDAL) are required for construction of the facilities.
A permit for commissioning is also required.
At the present time, PPLi has submitted the AMDAL and is waiting for the decision of KLHK.
The specifications of the waste incinerator were studied.
In conjunction with the results of the studies in 1 to 3, it was found that facilities that require no combustion aid for normal operation can be constructed by using methane gas from PPLi’s landfill and combustion aid substitutes.
5. Development of MRV Methodology
A methodology was developed for greenhouse gas (GHG) reduction by reducing the use of combustion aids and electricity through introduction of the system proposed in this study.
Simple incineration of waste was adopted as the reference scenario.
A comparison was made with industrial waste incinerators and a potential GHG reduction effect of around 2,000 tons of CO2 per year was estimated.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る