成果報告書詳細
管理番号20160000000824
タイトル平成27年度成果報告書 低炭素社会を実現する超低電圧デバイスプロジェクト 国内半導体製造ラインの実態調査、及びその有効活用法の検討
公開日2016/9/28
報告書年度2015 - 2015
委託先名みずほ情報総研株式会社
プロジェクト番号P10023
部署名IoT推進部
和文要約件名:平成27年度成果報告書 低炭素社会を実現する超低電圧デバイスプロジェクト/国内半導体製造ラインの実態調査、及びその有効活用法の検討

本調査においては、国内半導体製造ライン(ウエハ・プロセス工程)の状況、海外半導体ファンドリー・サービスにおける国内企業の利用に関わる実態、半導体ファンドリー・サービスに対する要望について調査分析を実施した。調査の結果から、実現性や問題点等の課題を明確化し、既存の国内製造ラインをIoT関連機器向けの半導体デバイスや多品種少量生産等へ再活用するための条件、ルールなど国内半導体製造ラインの有効活用法を検討した。有効活用法の検討に際しては、当該分野に関する有識者によって構成される委員会を設置し、国内半導体メーカの製造ラインの実態調査、日本企業の海外半導体ファブ・ファンドリー・サービスの利用実態調査、国内半導体製造ラインの有効活用法に対する半導体ユーザの意識調査の結果を踏まえ、IoT時代に対応した国内半導体製造ラインの有効活用法についてまとめた。
英文要約Titel: Ultra Low-voltage Device Project for Low-carbon Society/Survey of domestic semiconductor manufacturing line, and review of the effective utilization method (FY2017) Final Rport

In this investigation, it was conducted a survey and analysis on the status of the domestic semiconductor fabrication line (wafer process step), the realities involved in the use of domestic companies in overseas semiconductor foundry service, and the demand for semiconductor foundry services. From the results of the investigation, it was to clarify the issues, such as feasibility and problems, and we examined the effective utilization method of domestic semiconductor fabrication line, such as conditions and rules for re-utilization to production of Many Models in Small Quantities and semiconductor device corresponding to the IoT related equipment. Upon investigation of the effective utilization was up a committee composed of experts on the technologies. Based on the results of a survey of the domestic semiconductor manufacturers of production line, a investigation of the actual use of overseas semiconductor fab foundry services of Japanese companies, and a awareness survey of Semiconductor fabrication line user, and the effective utilization of the method of the domestic semiconductor fabrication line corresponding to the IoT era was summarized.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る