成果報告書詳細
管理番号20160000000828
タイトル平成27年度成果報告書 スマートグリッドに係る米国における標準化活動(SGIP・IEEE等)の動向に関する検討
公開日2016/9/10
報告書年度2015 - 2015
委託先名株式会社三菱総合研究所
プロジェクト番号P93050
部署名スマートコミュニティ部
和文要約本事業では、北米でのスマートコミュニティ関連の標準化動向を把握するため、Smart Grid Interoperability Panel( SGIP)に関する調査・分析と、IEEEのスマートグリッドの相互運用性、並びに分散型電源の系統連系の分野における標準シリーズを対象として調査した。
まず、北米でのスマートコミュニティ関連の標準化動向を把握するため、「SGIPに関する調査」にて、SGIPの現状について最新情報を収集するとともに、これまでのSGIPとの違いや最新の動向に関する情報を収集・分析した。特に新しく開始されたPAP(Priority Action Plan)であるIEC61850のBAP(Basic Application Profile)に関する議論や、マイクログリッドコントローラに関する議論、さらにこの他、米国の電力会社が主導して検討を進める、分散知能を実現するため既存の情報モデル、通信プロトコルを活用し標準化を促進するフレームワークOpen FMB(フィールドメッセージバス)に関して情報を収集し分析した。
次に、「IEEE 等におけるスマートグリッドの相互運用性及び系統連系に関する標準策定動向調査」にて、IEEEのスマートグリッドの相互運用性、並びに分散型電源の系統連系の分野における標準シリーズといったフォーラム標準等について、特にIEEE1547の全面改訂作業の進捗と、新たに検討を開始したIEEE1547.1の動向に関する最新状況の調査を行った。
さらに、国際標準化関連団体との連携を図り、国際標準化に関する最新情報を日本企業へ展開し、産業界の意見を広く収集して、スマートコミュニティ技術の国際標準化へ資するための活動を行った。
英文要約In this project, we have conducted research and analysis regarding Smart Grid Interoperability Panel (SGIP) with the objective of identifying the standardization trends for smart communities in the U.S. The research was intended for series of standards for IEEE smart grid interoperability and grid connection of distributed generators.
First, the latest information on the current SGIP status was collected and analyzed, making comparison with the past SGIP activities, in the “Research on SGIP.” In particular, the standardization status was identified on newly launched IEC61850/BAP (Basic Application Profile) which has been a theme of PAP (Priority Action Plan), microgrid controller. Furthemore, the standardization status was identified on Open FMB(Filed Message Bus), which is a framework for distributed intelligent nodes interacting with each other through loosely coupled, peer-to-peer messaging for fielded devices and systems at the grid edge strongle supported by some US utilities.
Next, in the “Study on the Standardization Development Trend for Smart Grid Interoperability and Grid Connection in IEEE, etc.,” the overall trends were organized for and a research was made into the latest situations of the series of standards (‘forum standards’) for IEEE smart grid interoperability and grid connection of distributed generators, especially for full revision of IEEE1547 and the newly stated revision of IEEE1547.1
Furthermore, various activities that would contribute to the international standardization of smart community technologies were implemented by promoting cooperation with international standardization related organizations, disseminating latest information on the international standardization to Japanese companies and extensively collecting opinions from industry.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る