成果報告書詳細
管理番号20160000000519
タイトル平成26年度成果報告書 地球温暖化対策技術普及等推進事業 エチオピアにおける送配電線不要の地産地消型未電化地域電化プロジェクトの案件調査
公開日2016/10/12
報告書年度2014 - 2014
委託先名マイクライメイトジャパン株式会社
プロジェクト番号P11013
部署名京都メカニズム事業推進部
和文要約本調査は、マイクライメイトジャパン株式会社がプロジェクト実施主体となり、ソーラーパネルと蓄電池を組合せた製品、「AKARiシリーズ」を開発した株式会社GSユアサ、MRV方法論適用可能性審査機関としてJQAにそれぞれ業務を外注する体制にて行った。
GSユアサが開発したAKARiシリーズは、ソーラーパネル、チャージコントローラー、蓄電池を主要コンポーネントとして発電‐蓄電を行う。蓄電池は、日本が技術優位性を有している鉛蓄電池を採用し、独立電源で求められる繰り返しの充放電に対応している。更に、蓄電池の容量に応じてあらゆる電化ニーズに対応できる製品ラインナップを有している。
事業環境を調査した結果、エチオピアの電力アクセス率は平均23.3%であるが、地方における電力アクセス率は11%とさらに低い。地形的制約がある同国では、送電線整備は費用が莫大にかかることから、農村の隅々まで電気が行渡るのは困難を極める。未電化地域の電化は政府の重要な政策目標と位置付けられ、同国では様々な地方電化プロジェクトが実施されている。しかし、未だに有効な地方電化手段として確立されたプロジェクトは存在せず、加えて、製品の耐久性が著しく低い粗悪品も同国で流通しており、太陽光製品の広範な普及を妨げる要因となっている。これに対して、本プロジェクトではAKARiシリーズを用いた送電線を用いない地方電化モデルを構築すると共に、それら粗悪品を排除する為の新たな規格・認証基準作成の検討も行い、同国認証機関からも期待が示された。
本プロジェクトの事業性評価も行った所、事業単体として投資に値する事業性が確保出来るとの結論も得られた。採算性以上に、本事業モデルでは、電力を活用した新たな産業の振興を実現し、同地域での雇用の増加、それに伴う現金収入の増加、生活水準の改善にも寄与する為、本プロジェクトを実施する意義は大きい。
事業実施に際しては、AKARiシリーズを製造・販売するGSユアサは製品の供給とアフターサービス技術、規格・認証基準の策定に関する技術移転を担当する。ホスト国で事業主体となるのは、同社の現地総代理店である。更に、コミュニティレベルでは、住民が自主的な運営管理体制を構築出来る体制を取るが、その他にも職業訓練学校を卒業した生徒を管理・運営者として雇用する事も可能であった。
一方で、事業を安定的に管理運営する為の現地体制の構築、導入製品に対するアフターサービスを提供する人材の育成、太陽光発電製品の安定的な普及を促進する規格・認証基準の作成等、今後取り組むべき課題も明確となった。その為、これら事業実施に必要な周辺環境の構築をパイロット事業を通じて行うべきとの結論に至っている。同パイロット事業の資金には、JCMの実証予算が活用できる他、国際的な支援機関(国際連合、世界銀行)が拠出する未電化地域の電化プロジェクト予算の活用を目指す。今後の事業化とパイロット事業の実施については、現地政府からも前向きな意向を頂いている。
MRV方法論の開発に際しては、CDM方法論 AMS-I.A. 「Electricity generation by the user」、AMS-I.F. 「Renewable electricity generation for captive use and mini-grid」を参考としつつ、エチオピアの未電化地域でも実施可能なモニタリング手法の設計とリファレンス排出量の保守的な設定に留意した。作成した方法論を用いて、パイロット事業におけるGHG排出削減量を試算すると、年間70.69 tCO2であった。
英文要約This project survey is organized by myclimate Japan Ltd. and GS Yuasa International Ltd., which is a manufacture of AKARi series, and Japan Quality Assurance Organization, which is in charge of JCM Assessment Report on MRV Methodology Applicability, is sub-contractor of this survey.
AKARi is mainly composed of solar photovoltaic panel, charging controller and battery. The battery is a lead acid battery, on which Japan has a technological advantage in the market. It can meet the performance quality of charging and discharging cycle. In addition, AKARi has a various line-up of products in accordance with the needs from the cunstomers.
As a result of the survey on market environment, average electrical access in Ethiopia is 23.3% (2010); however, the electrical access rate is an even lower 11% for regions in which 83.2% of the population live. Since the geographical restrictions of Ethiopia make the construction of power lines for electrification an expensive undertaking, running power lines to every village would be extremely difficult.
This Project model not only meets the electrical lifestyle demands of the community, but also promotes new industries that use electricity, increases employment in the region, and also contributes to the accompanying rise in cash income and improves the standards of living.
Surveying the Project environment revealed that the government of Ethiopia places the electrification of non-electrified regions as a crucial policy objective, and is currently engaged in various regional electrification projects. However, since there are no projects that have yet established an effective means of electrifying a region, the realization of this Project has garnered major expectations from local government officials. Additionally, upon evaluating the operability of this Project, we have come to the conclusion that the start-up investment costs can be largely curbed in comparison to running power lines, therefore attaining an operability as an individual project worthy of investment.
We have reached the conclusion that we should build the peripheral environment required to carry out these projects by running a pilot project. To secure funding for this pilot project, we aim to make use of not only the verified JCM budget, but also the project budgets for the electrification of non-electrified regions provided by international aid institutions (the UN and World Bank). We are also receiving a positive response from the local government regarding the carrying out of the pilot project and the future expansion of more projects.
Referencing CDM methodology of AMS-I.A. “Electricity generation by the user” AMS-I.F. “Renewable electricity generation for captive use and mini-grid”, new JCM MRV methodology was proposed where the conservative reference emissions and feasible monitoring method within the normal operation of the products are deployed. In this methodology, GHG emission reduction is calculated to be 70.69 t-CO2/year through the pilot project.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る