成果報告書詳細
管理番号20160000000676
タイトル平成27年度成果報告書 国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業 普及促進事業/実証要件適合性等調査 空港設備等へのLED照明システム導入による国際実証の基礎調査
公開日2016/10/22
報告書年度2015 - 2015
委託先名NECライティング株式会社
プロジェクト番号P93050
部署名IoT推進部
和文要約件名:平成27年度成果報告書 国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業 普及促進事業/実証要件適合性等調査 「空港設備等へのLED照明システム導入による国際実証の基礎調査」

我々は、「空港設備等へのLED照明システム導入による国際実証の基礎調査」として、空港の滑走路端部に設置してある航空機着陸誘導閃光灯について、日本の先端LED技術を用いた超大光量のLED閃光灯及びシステムをインドネシアの空港へ実証実施するために以下の7項目について基礎調査を実施した。

調査事項
1.基礎情報に関する調査
2.航空機着陸誘導LED閃光装置の実証性能に関する調査
3.航空機着陸誘導閃光装置への給電及び制御システムに関する調査
4.技術の適正性及び普及可能性に関する調査
5.カウンターパート及びコンタクトルートに関する調査
6.資産譲渡に関する調査
7.アフターサービス体制に関する調査
   
対象製品が、航空機を安全に運航させるための機器であるため、相手国の担当官庁であるインドネシア運輸省航空総局(DGCA)の調査協力を得る必要があることから、国土交通省航空局及びDGCA駐在のJICAに支援を頂き、DGCAへのルートを開いた。
インドネシア空港の実地調査では、空港職員へのインタビューと設置機器の詳細な調査を行い、貴重な情報とともに十分な成果が得られた。

インドネシアの経済発展とともに増加している航空需要に対応するため、空港建設の増加、滑走路の伸延、運航時間の拡大が行われており、航空機着陸誘導閃光装置も設置空港の拡大や老朽化機器の更新が計画実行されている一方で、保守体制の遅れやアフターサービスの不足などにより、故障機器復旧の遅れの課題も見られた。
また、実地調査では、製品に対するアジア・オセアニア地域特有の課題も明確となった。

この基礎調査で得られた課題を製品やサービス体制に活かし、長期信頼性の高い日本のLED閃光装置の付加価値として提供することが、インドネシアを含めたアジア・オセアニア地域への製品の普及に繋がるとともに、航空機運航の安全性向上に貢献できると考えている。
英文要約Title: Basic research of international demonstration by introduce LED light system for airport equipment (FY2015) Final Report
We conducted to basic research for airport equipment which have been installed airplane landing approach flash light located at edge of runway, due to performed demonstration at airport in Indonesia for super high intensity LED flashing light and system with Japanese high technology, executed seven contents as blow,
 
Survey contents are,
1) Survey regarding to basic information
2) Survey of feasibility performance by introduce airplane landing approach flashing LED light device
3) Survey of power supply and control system for airplane landing approach flashing light device
4) Research for technology suitability and spread possibilities
5) Research for counterpart and contact route
6) Research for assignment of asserts
7) Survey about after service system
 
Object products are operated for flight safety, need to survey cooperation with host country Indonesia of Directorate General of Civil Aviation (DGCA). We manage to find a new route for DGCA support with Civil Aviation Bureau of ministry of land, infrastructure, transport and tourism (MILT), DGCA member and JICA. Field survey in Indonesia, interview with airport staff, make a close research for installed device at some airports, as a result, obtained valuable information and plenty of results.

Cope with growing airport demand with economic development in Indonesia, despite of fact that being conducted to increasing airport construction, extend of runway, extend operating time, implemented about expansion of installation airport with airplane landing approach flash light system device and update for old device, aware of some problem which are delay to repair for the device failure by delay of maintenance service system and lack of after service and so on. Moreover, subject is clarified products for peculiar to Asia and Oceania area through the field survey.
Make the best use of these subject are obtained through the basic survey for products and service system, we can make contribution for improve safety of airplane operation to provide long-term reliability of Japanese flashing light device with additional value for Asia and Oceania area including Indonesia as well as spread these products.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る