成果報告書詳細
管理番号20160000000823
タイトル平成27年度成果報告書 地球温暖化対策技術普及等推進事業 JCMプロジェクト実現可能性調査 ベトナム国における輸配送管理システムの導入による静脈物流効率化支援プロジェクトの案件調査
公開日2016/10/29
報告書年度2015 - 2015
委託先名株式会社日立物流 株式会社サティスファクトリーインターナショナル
プロジェクト番号P11013
部署名国際部
和文要約本調査報告書は、株式会社日立物流および株式会社サティスファクトリーインターナショナルがおこなった「地球温暖化対策技術普及等推進事業」(JCMプロジェクト実現可能性調査)「ベトナム国における輸配送管理システムの導入による静脈物流効率化支援プロジェクトの案件調査」について、その成果を取り纏めたものである。
 
 ホーチミン市では、他の開発途上国の都市と同様に経済成長及び人口の増加に伴い都市ごみの発生量が急増している。2003年のホーチミン市における都市ごみ発生量は約6,000トン/日であったが、その量は現在、約8,000トン/日であり、今後もその量は増加すると見込まれている。この都市ごみ発生量の増加に伴い、市内から処分場への輸送車両の増加による交通渋滞、騒音及び排ガス・PM等による環境悪化への対応が課題となっている。
 
 本事業は、物流量が急増しているベトナム国ホーチミン市の静脈物流に輸配送管理システム(以下「TMS」)を提案し、その普及促進を図り、優れた日本の物流管理技術の移転とGHG排出削減を目的とするものである。また、将来的なベトナム国内他都市および開発途上国他都市における静脈産業分野への適用可能性も踏まえた調査を実施するものである。また、TMSの導入による都市ごみ物流効率化によるGHG削減効果を定量的に把握する方法を開発すると共に、ベトナム国内の他都市及び他の開発途上国に展開可能な事業モデルを構築し、もって日本技術の普及・導入による気候変動対策への貢献を目的とするものである。
 
 本事業で提案する株式会社日立物流のTMSは、ごみ集積所に集まったごみの重量情報をGPS経由で取得し、受信した重量情報、登録された都市ごみ収集運搬車両マスタ情報および集積所マスタ情報等に基づき、最適な収集運搬ルートを計画し、都市ごみ収集運搬事業者に提供するものである。
 
 ベトナムですでに承認されているJCM方法論案(VN_AM001)等を参考に本事業に適用可能なMRV方法論案を作成した。作成したMRV方法論案に基づきTMSをホーチミン市の都市ごみ物流全体に適用した場合のGHG排出削減見込量を試算した結果は2,512tCO2/年であった。
 
 調査の結果、事業の実施にあたっては、想定していた各集積所へのスケール設置による重量情報の取得に課題があると判明したが、代替する新たな技術を活用する方向性で解決が可能であると判明した。
 
 本調査においてホーチミン市、ハノイ市、ハイフォン市及びダナン市の都市ごみ物流事業者に対してTMSの紹介を行ったところいずれの事業者からも高い関心が寄せられた。また、事業実施に対する協力の意向を確認した。さらに、事業採算性を検討したところ、事業の実施に十分な採算性を確保できる見込みが確認された。そこで株式会社日立物流および株式会社サティスファクトリーインターナショナルは引き続きベトナムでの事業の実施に向けて更なる調査及び現地カウンターパート候補と協議を進める。
英文要約This report provides a summary of the findings of a study conducted by Hitachi Transport System and K.K. Satisfactory International for the purpose of its Global warming mitigation technology promotion project, entitled “Feasibility survey for energy efficiency of waste transportation by introducing Transport Management System in Vietnam”.

Due to the fast economic growth and increase of population, Ho Chi Minh City is experiencing a rapid increase of municipal solid waste generation. In 2003, for example, if municipal solid waste generation rate in the city was about 6,000 tons/day, at present, the value has reached about 8,000 tons/day. The increase of waste generation has consequently led to increased number of waste transport vehicles, causing frequent traffic jam and associated environmental pollutions including noise and gas emission.

The present project aims to reduce GHG emission and introduce advanced Transportation Management System (TMS) of Japan in improving waste transportation efficiency in Ho Chi Minh City, Vietnam where transportation amount is increasing rapidly. This project also intends to investigate the feasibility of spreading the proposed technology to waste transport field in those cities in Vietnam and other developing countries. In addition, together with developing the measure to acquire GHG reduction result by application of TMS in improving the efficiency of municipal solid waste transportation, we will build a business model applicable to other developing countries, with the view of contributing to climate changing mitigation strategies by promotion and introduction of Japanese technology.

Based on weight information of garbage gathered at collection points acquired via GPS, registered master information of garbage truck, master information of collection points, etc., TMS of Hitachi Transport System Co., Ltd. that we proposed in this project will plan the most suitable route and provide to waste transport companies.

After referring to JCM methodology(VN_AM001)approved for Vietnam, we have made MRV methodology applicable for this project. Based on this MRV methodology, calculated result of expected GHG emission reduction if we apply for all municipal waste in HCMC will be 2,512t CO2/year.
As our research result, we find out that at the time we conduct this project, we will have difficulty with collecting weight information by placing scales at each collection points as we assumed. We reckon application of new alternative can solve the difficulty.

During this research, we have introduced about TMS to some municipal waste transport companies in Ho Chi Minh city, Hanoi city, Hai Phong city and Danang city, and all of them have great interest. And we also confirmed their willingness to cooperate if the project is conducted. Furthermore, regarding consideration of the project’s feasibility, we can ensure that we have enough feasibility for conducting this project. Therefore, Hitachi Transport System and Satisfactory International will continue conducting this project in Vietnam and proceed more research as well as discussion with potential local partners.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る