成果報告書詳細
管理番号20160000000845
タイトル平成27年度‐平成28年度成果報告書 次世代自動車の分野におけるスマートコミュニティインフラと標準化のあり方に係る検討
公開日2016/10/12
報告書年度2015 - 2016
委託先名株式会社三菱総合研究所
プロジェクト番号P93050
部署名スマートコミュニティ部
和文要約本事業では、電動車両に係る標準化について、我が国の自動車業界と電力業界など、異なる業界間での連携を進めることを目的として、電気エネルギーの充放電に伴う車両とインフラ間のインターフェースに関する標準とその試験方法・認証の現状を調査するとともに、新たに標準化すべき領域の有無を検討し、今後の国際標準化戦略の立案に資することを目的としている。

そこで、まず、「電動車の普及シーンの想定」において、政府が定める政策目標と歩調を合わせ、これら日本における政策目標等に示された電動車の今後の定量的な普及台数や電動車を取り巻く外部環境の今後の変化等を踏まえて、電動車の将来の普及シーンを関係者と議論した。

次に「電動車の利便性を向上させるための電動車のあり方の検討」において、充電インフラ関連の課題について取りまとめた。

さらに、「電動車の経済的な価値を高める電動車のあり方の検討」において、電動車の付加価値を向上させるような方策について検討した。

最後に、「今後の進め方についての整理」では、有識者の討議を踏まえ、今後の進め方として、自動車業界による検討を踏まえた検討の協調領域を議論し、今後、電力業界等を交えた新たな検討の場の設置に向けた進め方を整理した。
なお、これら活動は、自動車業界と、電力業界等の他業界が有機的に連携し、標準化のあり方等を議論できる場を設けることを目指したものである。
英文要約With the purpose of promoting collaboration between different industries (e.g. automobile and electric power industries in Japan) concerning the standardization of electric vehicles, this project was designed to conduct research on the current standard, testing and certification state for the interface between vehicle and infrastructure associated with charge/discharge of electric energy, and examine if there is a field that needs to be standardized, thereby contributing to the planning of future international standardization strategy.

Therefore, we first made consensus on the future Next-Generation Vehicles diffusion view among the experts about the timeframe of vehicles sales and the changes in the external environment related to the Next-Generation Vehicles.
* Next Generation Vehicles: Electric Vehicles, Plugin Hybrid Vehicles and Fuel Cell Vehicles.

We next discussed on how we can improve the convenience of Next-Generation Vehicles related to charging infrastructures

Furthermore, we discussed the way how we can improve the economy of Next-Generation Vehicles and how we can improve the benefits of Next-Generation Vehicles.

Accordingly, we discussed about possible fields of collaboration in light of the consideration by automobile industry with experts in the “Study Meeting on the International Standardization of Next-Generation Vehicle,” and organized the procedures toward an establishment of new place for discussion involving electricity industry, etc. These activities are aimed at creating a forum where automobile, electricity and other industries can be organically coordinated and discussions about the modality of standardization, etc. can be held.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る